« 秋の城下町アート企画の説明会を開催予定です。 | トップページ | 4月28日(土)は、くまもと城下まつりで下通りにNPOアートスイッチのブースを出展します。 »

2012年4月23日 (月)

自分に何ができるのかな。

 自分に出来て、アートとして誰かに楽しんでもらえる事って何かなとずっと考えています。

 答えは簡単には出て来ません。

 絵を描いて、個展をしての繰り返しで10年以上やってみました。

 どうも自分にはスピードが遅く感じてしまいます。これは一生の仕事で、しかも極個人的なものだと思うようになりました。多分、死ぬまで完成せんなと思います。絵の世界に関しては。

 これからも絵が完成すれば、展示会をします。その事に関しては、一生かかるので、焦らずたゆまず描き続けます。

 それとは別に、喫緊の問題としての熊本ローカルアートにおいてすべき事があると考えて、行動を起こしてきました。

 この仕事に関しては、ここ10年が正念場だろうと見ています。

 誰かが熊本ローカルアートに関して、何かをしてくれると思ったら大間違いです。日本の政策の様々を見る限り、経済が立ちいかなくなれば真っ先に予算が削られるのが文化政策ですから、ましてや熊本のローカルアートに誰かが何かしてくれるなんて思っていたら、そいつはもう「終わった」人と見為さねばいけません。

 ここではアーティストとしてではなく、アートシーンを創造する人としての立場で考えています。同じようでいて全く違います。

 先ず、なぜアートに拘泥する自分がいるのか考えました。別ルートの方が、簡単そうです。大体、アートがお金になるのかと言えば、それこそそう簡単な話しではありません。ここでちょっと待てよといつも思うのです。すぐ金の話しになってしまう。貨幣経済の最先端はとっくにドン詰まっていて、欲望の対象すら見いだせずに金で金を買って遊んでいるような状態なのです。

 熊本ローカルアーティストが、そんなハイパー金持ちの欲望の目先を考えてどうなるとも思います。が、結局新しい価値に値段がつかない限りにおいては、日本中の庶民が金持ちになりたいと思い、なってしまったと仮定して考えれば、やはり金で金を買う位しか欲望の行き先がないという未来は地獄としか思えません。

 アートという分野においては、いつの時代も新しい価値の創造が求められ、アーティストは死に物狂いで新しい価値を追い求めます。そして、追い求めている状態の時には金がない。なぜなら、アーティストが追い求める新しい価値に経済的値段がつくのは、その価値を生み出した後だからです。

 だから、生きている間に経済的に報われたアーティストは、幸運です。心の底から良かったと思います。

 生前報われなかったアーティストの嘆きと、憤りのピラミッドの上に立っていると思うと寒気がするほどアートは恐ろしい。

 恐ろしいから、惹きつけられる。その先にはもっと何かあるんじゃないかと思ってしまう。

 安定収入というものを捨てて、熊本の一人のアーティストとして日本や熊本の現状と真摯に向き合い、自分には何ができるかとか考えている時点で、ちょっと狂っているんじゃなかろうかと思います。ある意味アートで人生が狂ったと言っていいでしょう。

 そこには金もツテもコネも、何もないむき出しの自分がいるだけです。

 だから面白いのだな。

 むきだして、行動して、失敗して、うまくいって、でも目的地は遠い。

 熊本のローカルアートという、未だ生まれたばかりで何ものでもないちっぽけなものがはらんでいる可能性の事を考えると面白くて夜も眠れません。

 ここにはドン詰まった現実なんて微塵もなくて、これから、ここから生まれる新しい価値の荒々しい息吹を感じています。

 だからアートという角度から考える事がやめられないのでしょう。

 同じ物を見ていても、個々人で違う事を考える事こそ素晴らしい。というのが、アートの角度というものです。

 正解は、自分で考える。

 サリュ

We believe that much and can not do what is in their own, get someone to enjoy as art.

The answer is not easy to come out.

I tried repeatedly to do more than 10 years in the painting, of the exhibition.

To his very slow speed will cause very much. This is the work of a lifetime, now I think something very personal addition. Maybe, I do not complete until we die. With respect to the world of painting.

When completed painting the future, then the exhibition. For that matter, because it takes a lifetime, but will continue to draw unrelenting without rushing.

Apart from that thought, that there is a local art that should be in Kumamoto as a matter of urgency, we have to take action.

Have observed for this work, a crucial moment would last 10 years.

If you think about the local art is a big mistake Kumamoto someone to go out and do something. Since is a cultural policy as far as a variety of Japanese policy, is being cut the budget first and foremost they are no longer squid start the economy, I thought I give you something someone in the local art of Kumamoto, let alone guy anymore "finished V must look was made "with people.

Here we are in a position of thinking as a person rather than as an artist, to create art scene. The difference is not entirely the same way.

First, I thought, do they have their own intended to be bound by Art why. Found a different route, is so easy. Roughly speaking, what will the money and art, but it is not so simple story what it. I think Wait a minute here and always. Become the talk of gold immediately. State-of-the-art money economy is already clogged Don, it is a state like you're playing with money to buy gold without even Miidase object of desire.

I think local artists Kumamoto, also happens to think of short-term desire of such hyper-rich. However, given the assumption I think as long as without the price to the new value after all, want to be rich people in Japan, and became the future that there is no destination of desire only Ranked # buy gold with money still I can only imagine the hell not.

In the field of art, the creation of new value is also required of all time, the new value in the desperate pursuit of the artist died. Then, when the state in which there is no pursuit of gold. Because, we arrived at the price the artist pursues new economic value, because it is after that create value.

So, artists were rewarded economically while alive, is lucky. I think that was good from the bottom of my heart.

Art is so cold that terrible grief and I think the artist was not rewarded during his lifetime, and standing on top of the pyramid of indignation.

Because terrible, are attracted. Beyond that they think do not think anything more.

I throw away something called revenue stabilization, face sincerely Present and Kumamoto in Japan and as an artist of one of the Kumamoto, in my point of thinking about or what you can do, and strangely curious that crazy little. I would say crazy life in a certain sense Art.

There is also the case of the gold connectors also, only have their bare nothing.

So he used so interesting.

The bare, to act, failed, successful, but the destination is far away.

I can not sleep at night more interesting if we think of the possibility that the local art of Kumamoto, a tiny thing nothing as soon as it is born is still fraught with.

Here is no speck reality I jammed Don, and I am now feeling the fierce breath of the new value born from here.

Think from the angle of art will not stop it so.

Even though it saw the same thing, what wonderful people that think that there is a difference in the individual. It is called, which simply means that the angle of the art.

The answer is, think for themselves.

|

« 秋の城下町アート企画の説明会を開催予定です。 | トップページ | 4月28日(土)は、くまもと城下まつりで下通りにNPOアートスイッチのブースを出展します。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分に何ができるのかな。:

« 秋の城下町アート企画の説明会を開催予定です。 | トップページ | 4月28日(土)は、くまもと城下まつりで下通りにNPOアートスイッチのブースを出展します。 »