« 福岡天神滞在中に得た事。 | トップページ | 小石が坂を転がり始める。 »

2012年4月 9日 (月)

桜が咲くと思いだす。2009年の春は派遣切りに遭って、途方に暮れていた事を。

 先週少しだけ夜桜を見る時間があり、桜の下でワインを飲みました。ほんの30分程度でしたが、このまま死んでもいいんじゃないかと思えました。

 夜桜を見ながら、アルコールに酔う以上の悦びは数えるほどしかない気がします。

 2009年の春は、入学式でした。職業訓練校の。

 旋盤で金属削ったり、NC旋盤にプログラミングしたり、CADを覚えたり、リレー配線回路を繋いだり。春から半年通いました。

 その入学式直前の桜の季節。

 33歳。まだ何ものでもないみじめな自分。

 今でも何ものでもありませんが、当時は本当にみじめさだけがあった春。

 桜を見る度に、当時の不安と焦燥を思い出します。当然今でも不安と焦燥はありますが、企業からゴミのように捨てられた直後程ではありません。今でも思い出すと、憤りが噴き上がってきます。

 真面目に働いていても、何の価値もない時がある。突然路頭に迷う時がある。企業からゴミ扱いされる時がある。100社面接しても、1社も受からない時がある。

 そして重要なのは、自分はそれを身をもって知ったという事。

 一部では人が人をゴミのように扱う社会なのです。日本という国は。

 だから自分で、アートでどうにかしようと思いたちました。

 全人類が人生の成功者になれるわけではありません。ある日、真っ暗な闇に落ちる日が来るかもしれません。毎日我が国では、何万人もの人が闇で苦しんでいる。そこでアートでなにかできるとも思ってもいません。ただ、自分の中ではそれが希望の光であると、闇そのものであるというだけです。

 誰にとってもアートがそういう存在になりえるとは言いませんが、一度触れる機会があればそうなるかもしれない可能性はあるでしょう。

 だから、今のような活動を行っています。

 桜の季節は、悦びと共に身が引き締まる思いです。

 サリュ

There are only a little time to see the cherry blossoms at night last week, was a glass of wine under the cherry trees. It was only about 30 minutes, it seemed as if I should die like this also.

While viewing the cherry blossoms, I get drunk on alcohol is not more than the joy of only a handful will.

Spring of 2009, was the entrance ceremony. Of vocational training schools.

Cut on a lathe or metal, or programmed into the lathe NC, remember and CAD, scenes or relay wiring circuit. I attended six months from the spring.

Just before the entrance ceremony of cherry blossom season.

33-year-old. His miserable still nothing.

Do not have anything even still, at that time there was only misery really spring.

Every time you see the cherry blossoms, I remember the anxiety and impatience at the time. Anxiety and impatience There are still, of course, is not so immediately discarded as waste from the enterprise. As I recall even now, will come up resentment erupted.

Even though the work seriously, when there is no value. There are times when suddenly turned adrift. There are times when being treated like garbage from the enterprise. There are times when even if you interview 100 companies, not even one company Ukara.

And the important thing, that he would have learned it himself.

Some treat it as a society of people who trash. Japan is the country named.

I think we own, so try to somehow in Art.

All human beings does not become a successful person in life. One day, the Sun does not fall into the dark darkness may come. In our country every day, tens of thousands of people are suffering in the darkness. Not even think art also can be something in there. However, in their light of hope in it and some just say that darkness itself.

And there can be a kind art for everyone, but do not say, it might be possible if there will be opportunities at a time.

So, we have activities such as now.

The cherry blossom season is humbled think with joy.

Saryu

|

« 福岡天神滞在中に得た事。 | トップページ | 小石が坂を転がり始める。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜が咲くと思いだす。2009年の春は派遣切りに遭って、途方に暮れていた事を。:

« 福岡天神滞在中に得た事。 | トップページ | 小石が坂を転がり始める。 »