« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の企画説明会を致します!! 企画内容を初公開しました!! | トップページ | 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 »

2012年5月 2日 (水)

5月11日(金)熊本「城下町アート企画(仮)」説明会in熊本市現代美術館。今日は企画の主旨説明です。今日から説明会当日までは、企画の説明をして行きます。

 5月11日(金)18:00~20:00

 熊本市現代美術館、会議室にて熊本「城下町アート企画(仮)」の企画説明&意見交流会を開催致します。

 今日のブログでは、今回の企画主旨を説明したいと思います。

 本日から企画説明会当日までは、熊本「城下町アート企画(仮)」の説明を行っていく予定ですので、興味がある方は御笑覧下さい。

 それでは、企画書の最初のページをアップ致します。

20121

 1~7までの各種企画詳細は今後、詳しく説明していきます。

 先ずは、何故今熊本城下町でアートイベントの企画を開催するのでしょうか?という所から始めたいと思います。

 熊本市は政令指定都市になりました。

 たくさんの、熊本市が目指す方向性がある中のひとつに「新町、古町の活性化」があります。政策として町屋の外観規定や、改築に対する助成金も予算に組み込まれ、建物に対する保護等を基礎にして活性化の第一歩が動き始めました。

 人の活性化はどうかと見渡した時に、新町、古町の各地区ブロック単位ではとても軽快に様々な活動がおこなわれています。

 当NPOはアートを主に扱う組織ですので、アートや文化活動に着眼します。

 城下町のアート活動として目覚ましいのは河原町があります。その他にも夏の城華まつりは着物を主題にしたおまつりですし、閻魔様の生き人形の御開帳も、歴史と文化を伝える催しです。新町では嗚呼斗芝居と銘打ち、熊本の劇団有志と地域住人による演劇活動が始まりました。

 秋には城下町の各地区でお月見会があり、五節句の会では日本の節句という季節の節目を伝える活動があります。

 このように、他にも園遊会や地蔵祭り等、実に様々な動きがあります。

 長年たくさんの地域活性化活動で育まれた、文化の土壌がすでにある中、次に何をすればいいのかの一つの道筋が今回のアートイベントになります。

 アートスイッチが標榜する「熊本発、世界へ」を実現しようとする時、城下町の活動の様々を知りながらも全体を横断するムーブメントがどうしても必要になります。

 その時に一番重要なのは、各種活動組織が大枠で何を対外的にアピールしたいのかという事です。

 明らかです。

 「歴史と文化、そして現在の町」です。

 多様多層な魅力を持つ城下町の魅力を、アートという手段で新しい価値として創造すること。

 人の力で新しい城下町の価値を生み出すことが、今本当に熊本市にとって必要な事です。

 7つのそれぞれの企画は、その「新しい価値」を形にしたものです。

 まだ未確定な要素も多いですが、少なくとも今、アートスイッチが考えうる限りの企画です。

 明日以降は、各種企画の詳細について触れて行きます。

 サリュ

 【補足】

 熊本市の城下町は、西南戦争で古い町は燃えてしまいました。今立ち並ぶ町屋は明治以降の建造物で、古くても築130年ほどです。戦火に燃えなかった日本各地の、歴史的建造物程には歴史的価値は今のところ見出されていません。

 現在では毎年無くなっていき、駐車場やマンションに建て替わっています。

 歴史的建造物というハードで人を誘致できない中、熊本城下町を魅力的にしていくのは人の力でしか成し得ません。

 (Fri.) 18:00 ~ 20:00 on November 5

Opinion exchange meetings will be held & description of planning "(tentative title) Art castle town planning" Kumamoto Kumamoto City Museum of Contemporary Art, at the conference room.

I think in today's blog, and want to explain the gist of this plan.

Planning until the day of briefings from today, so we plan to discuss the (tentative) "Art castle town planning" Kumamoto, If you are interested, please Shoran us.

So, we will up the first page of the proposal.
Various planning details of from 1 to 7 in the future, we will explain in detail.

First of all, what planning to hold events in the castle town of Kumamoto art now? I would like to start from a place called.

Kumamoto City is now ordinance-designated cities.

One of the while there are a lot of direction, Kumamoto city aim is the "activation Shinmachi, of Furumachi". Built into the budget provisions and the appearance of the Machiya, also subsidies for renovation as a policy, the first step of activation began to move on the basis of such protection for buildings.

When I looked, and whether activation of the human, in units of blocks each district Shinmachi, of Furumachi are various activities have been made very lightly.

Our NPO is an organization dealing mainly because the art, Focusing on the art and cultural activities.

Remarkable as it has a castle town art activities of Kawaramachi. Hana Castle Festival is a festival of the summer I was on the theme of the kimono, also your exposition of the Yama living doll, is the history and culture events also convey other. The play was conceived in Shinmachi Doo ah, theatrical activities by volunteers and local residents began troupe of Kumamoto.

In autumn, there is a meeting in each district of the castle moon viewing, in the meeting of the five festivals There are activities that convey the turning point of the festival season in Japan.

In this way, and so forth Jizo festival and garden party, and indeed also other various movements.

One that is already in the path of activity that was nurtured in a lot of local revitalization for many years, the soil of culture, of what to do next will be the art of this event.

When the switch is trying to achieve art, which advocates "from Kumamoto, to the world", will be absolutely necessary to traverse the entire movement is also a variety of activities while knowing of a castle town.

The most important thing at that time, is that what you want to appeal to foreign organizations doing various activities in the overall framework.

Is obvious.

Is "the current town, and the history and culture."

Can be created as a new value by means of art, the charm of the castle town with a diverse multi-layered appeal.

That produce the value of the new castle town in the power of the people, is that really necessary now for Kumamoto.

Each of the seven planning is a form that the "new value".

Many elements is still undetermined, now, there is a plan to switch at least as long as they can the art of thinking.

After tomorrow, we will touch on various details of the plan.

Saryu

[Supplement]

Castle town of Kumamoto city, old town was burning away in the Satsuma Rebellion. Machiya now is lined with buildings since the Meiji era, is also built about 130 years old. Fires burning throughout Japan was not, as the historical buildings in the historical value is not found so far.

Today we lost every year, has changed and apartments built in the parking lot.

Can not attract people in a historic building in the hard, going to have an attractive Kumamoto castle town does not get without the power of the people only.

 

 

  

|

« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の企画説明会を致します!! 企画内容を初公開しました!! | トップページ | 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 »

アートスイッチ新企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月11日(金)熊本「城下町アート企画(仮)」説明会in熊本市現代美術館。今日は企画の主旨説明です。今日から説明会当日までは、企画の説明をして行きます。:

« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の企画説明会を致します!! 企画内容を初公開しました!! | トップページ | 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 »