« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 | トップページ | パステル画新作制作進行中。久々の制作途中画像アップ! »

2012年5月24日 (木)

熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」完結。

 0年代の有名アーティストはご存じ村上隆、会田誠、奈良美智などなど。現在もトップランナーですね。

 今ふと思いましたが、このアーティストの並びって、キッチュの体現者ですね~。70年代に一部の表現者が主張していた「キッチュ」の正当な後継者という気がしてきました。

 0年代は、個人的には社会に出て、日本って思っていたより結構滅茶苦茶な国だなと実感しました。この年代の最後の顕著な政策は、政権交代があって事業仕分けで90年代から培ってきた産業、文化クラスター事業(産学官の連携事業)を潰した事でしょう。

 もうね、先端技術開発に投資しないなんて、20年後の日本は死んでもいいと言っているようなものですから。今はA-STEPとかいう、めっちゃ縮小化した事業になってしまっています。

 個人的な0年代の思い出は、何十社も入社試験受けても全く合格しないし(自己責任と言われる)、お金は必要だからとりあえず派遣で働いていたらいきなり首切られるし。

 職業訓練校に半年行って、また何十社も受けて全く合格せず。

 必要とされていない人間なんだな、結局。入社試験に落ちまくると、本当に気持ちが荒んできます。あれはヤバイ。

 派遣切りされた人だったり、派遣社員が0年代に起こした事件を思い返すに、ひどいと思う反面、人間をこうまで蔑ろに扱ったらそうなるだろという気持ちがあるのも嘘ではありません。ネットの充実で、人間関係がタコ壺化し始めたのも大きい要因だろうと思います。

 通り魔殺人と、学校への乱入殺傷事件が世間を騒がせました。

 2009年派遣切り。

 あの時自分が絵を描いていなかったら。アートに興味も全くなく、酒とかギャンブルが楽しみだったら…怖いですね。他人に鬱憤の矛先を向けそうです。

 そういう人は、大勢いるでしょう。どこに怒りの向けようもなく、一人ため込んでいる人が。誰のせいでもないのか。本当に自分だけのせいなのか。何の才能もない。特技も実務経験もない、年は取る。人づきあいが苦手だ。夢とか目標も特にない。毎日穏やかに過ごせればそれでいい。

 そういえば草食男子という言葉もあったな。

 こういう風に、自分の内部に目を向けるようになるのは当たり前の事なのです。

 今まで書いてきたように、戦後の先達達は、焼け野原だった日本を死ぬ気で今日の経済大国にまで押し上げました。

 何のために?

 自分の子らの世代には、自分達のようなきつい経験をさせない為ではないですか。

 若い時に何の楽しみも知らなかった。学校に行きたかった。経済的にも苦しくて、必死に働いた。

 そして、目標にした日本はほぼ実現しました。24時間働かなくても、まぁ生きていける。高学歴社会になった。世間に娯楽は溢れている。昔程仕事のみに集中せず、プライベートを重要視するようになった。初期のフリーターとか、最もたるものでした。

 目標を一時は実現したはずなのに、今の日本は閉塞しているように見える。

 何故か。

 自分の内面に目を向け始めたからです。

 内面。

 アーティストなら当然、その端くれたる自分でも知っていますが、自分の内面は想像を絶する暗闇が広がっています。それはお前だけだよって?違います。人間の内面の本質が、闇でなかったならば人間の世界に「宗教」も「哲学」も生まれる必要性はありません。

 80年代に大量消費社会を実現させて、娯楽文化隆盛でどこかにおいやったかに見えた本質も、本質であるからこそ0年代では表面に浮上してきました。

 人である以上、この事から逃げる事はできない。

 0年代から10年代に入り、日本は経済的にも地盤が崩れかけ、さらには震災で精神的にも新しい困難な局面に立たされました。

 心の闇からも、実際的な現実の困難からも逃げる事はできない。

 人の闇を照らす光が宗教、哲学であるなら、それを人種や文化を越えて作品として表出する手段のひとつとして「アート」が期待されていると、解釈しています。

 その具体的な取り組みシステムこそが、熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」です。

 「宗教や哲学を形に表出するシステム」がアートが持つ、創造力の根源である事は疑いようもありません。

 日本人は無宗教だと言われますが、そんな事はありません。宗教が辿ってきた歴史に無知なだけで、意識にはくっきりと「信仰心」があります。

 宗教の役目は、どんな宗派であれ「信仰心」を持たせる事ですから、特別学ばなくてもそれを身に付けている日本の宗教システムは特に優れていると思います。

 自分には信仰心がないと思っている人も、愛する人が死んだ時遺体をゴミ捨て場に捨てはしないでしょう?

 捨てる事が怖くないですか?怖ろしくないですか?理由は深くは分からなくても、それが信仰心です。ちなみに、特定の宗教に入信する事とは全く違います。

 「創造都市」とは、人間の本質に迫る取り組みが、経済を生んで行く試みだと考えます。

 創造性と精神性が生みだす都市の新しい形。

 是非、わが街、熊本市でこの目で見て見たいです。

 サリュ

Famous artist Takashi Murakami's 0 you know, Makoto Aida, etc. Yoshitomo Nara. It is the top runner today.

But now suddenly I thought, What sequence of this artist, who - it is the embodiment of kitsch. Mind that the legitimate successor of "kitsch" who had claimed some representation has been in the 70s.

Age 0, and I realized I was pretty messed up country to personally appear in society, from Japan was even thinking. Significant policy at the end of this age, would have crushed the industry has cultivated since the 1990s there is regime change in the sorting business, business culture cluster (business cooperation among industry, academia and government).

Because like I already said that, I do not invest in developing cutting-edge technology, Japan is also good after 20 years dead. Now Tokayuu A-STEP, has turned into business was shrinking really hard.

Personal memories of ages 0, suddenly I cut the neck when working in the dispatch time being (referred to as self-responsibility), I need money because it does not pass at all entrance exam also received dozens.

Pass completely without also also received dozens, half a year go to vocational schools.

I'm human they are not needed after all. Failed the exam and joining spree, feel as if I really hamstrung in. It is SICK.

Is not a lie that there is an feeling that will become so in remembering the incident or was who had been off temp, temporary employees has filed to age 0, the other hand I think a terrible, if you treat neglected to ask for a human. I think that would factor in the large enhancement of the net, also began to over human relations octopus pot.

Homicide and assailant, intrudes into the stabbing incident to school has been shaking the world.

Sent off in 2009.

If you do not have their own painting at that time. Not at all interested in art, it is scary ... When alcohol or gambling was fun. Yes for the brunt of anger to others.

Such people will have many. As for the anger to no where, is a hoarder people. Why nobody's fault. What really made of your own. What no talent. No work experience also feats, will take years. I'm not very good with people Zukiai. No particular goal or dream. If it is good Sugosere gently every day.

I was also the word that you mention it herbivorous boys.

In this manner, it will look like inside of yourself is it a matter of course.

As we have written up to now, our senior leaders of the postwar period, was pushed up to today's economic power in Japan I was burned to death.

What for?

Generations of the sons of your own, is not it because the experience is not tight like themselves.

Did not even know what to look forward to when young. Wanted to go to school. Misuzu also economically, worked desperately.

Japan, and with a target has been achieved almost. Without work for 24 hours, can live Well. Became well-educated society. Is full of entertainment to the public. Without having to concentrate on work only so long time ago, began to attach great importance to private. Freeters or early, was a most barrel.

Temporary but was supposed to achieve the goal, Japan now seems to be blocked.

For some reason.

Since started to look into his inner.

Inner surface.

Naturally, it also knew that if their own barrel Hashikure artist, his inner darkness has spread beyond imagination. Does it have to be I'm just you? Different. The essence of the inner surface of the human, born also need "philosophy" even "religion" in the human world if there is no darkness was not.

Nature also looked like a mass consumption society is realized in the 80s, drove to somewhere in the prosperity or entertainment culture, in the age 0 has emerged to the surface because what is the essence.

There were more, it can not escape from this thing.

From age 0 to age 10 to enter, Japan is crumbling to the ground economically, has been facing a new and challenging aspect further in the earthquake also mentally.

That escape from the darkness of the heart, also from the difficulties of a practical reality that can not be.

Light illuminates the darkness of human religion, if it is philosophy, and are expected to have "art" as one of the means of expression as a work beyond race and culture it has been interpreted.

What is system specific efforts that, is "creative city" think local artists Kumamoto.

That "expression system to form a religion and philosophy" with art, is the root of creativity there is no doubt.

Although the Japanese are said to have no religion, there is no such a thing. Simply ignorant to history religion has been followed, the consciousness has "faith" and clearly.

I think the role of religion, since it is to have a "faith" be any sect, religious systems of Japan that even without wearing it is better to learn particularly special.

Also, some people may believe that there is no faith in yourself, you probably do not want to dump the bodies thrown away when a loved one died?

Is not afraid to abandon? What terrible wards? The reason is even though you do not know how deeply, it is faith. By the way, and to religion in a particular religion is completely different.

And "creative city" is, I think close to the essence of human effort attempt, go birth to the economy.

A new form of urban creativity and spirituality can give them.

Come, my town, I want to look at this eye in Kumamoto City.

Saryu

 

|

« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 | トップページ | パステル画新作制作進行中。久々の制作途中画像アップ! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

Iím not that much of a online reader to be honest but your blogs really nice, keep it up! I'll go ahead and bookmark your website to come back later on. Cheers

投稿: Hashtaccunc | 2012年5月24日 (木) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」完結。:

« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 | トップページ | パステル画新作制作進行中。久々の制作途中画像アップ! »