« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 | トップページ | 熊本「城下町アート企画(仮)」説明会&意見交流会in熊本市現代美術館、会議室。11日の18:00~、今日は企画③のご紹介! »

2012年5月 8日 (火)

5月11日(金)18:00~熊本市現代美術館にて「城下町アート企画(仮)」説明会&交流会開催。本日は企画②をご紹介致します。

 いよいよ今週に迫って来ました!「城下町アート企画(仮)」説明会!

 場所は熊本市現代美術館会議室です。18:00~予約不要、参加費はありません。

 お気軽にご参加下さい!

 本日は企画②のご紹介を致します。

2012_3

 昨日もリサーチしてきたのですが、城下町の町屋の、マンションへの建て替わり事情は真剣にヤバイです。入居者が見込めないゴーストマンションすら現れ始めているにも関わらず、新しいマンションの建設計画が目白押しです。

 人があまりいないマンションは、それ自体が治安の悪化を招きます。

 文化と歴史どころの問題ではなく、現在の生活が不安におびやかされ始めているそうです。

 企画②は、そんな町屋をクローズアップしたイベントになります。

 町屋をアーティストが演劇舞台として演出致します。もちろんアーティストは、その町屋で演者の一部として演劇に参加します。作品(舞台)説明をアーティストから直接聞く事ができます。

 様々な町屋で、演劇空間が現れます。時代も様々、町屋の職種も様々です。

 町という空間を、歴史と演劇とアートで、新しい魅力的な空間として楽しんで頂きます。

 「熊本には熊本の、町屋の姿があるはず」

 昨日頂いた、現役町屋で商売をされている方の、お言葉のひとつ。

 まさにその通りで、今生きている町屋の姿を、楽しく見て頂く事こそが必要です。

 熊本城下町の町屋は、築130年が最も古いものです。それは町屋で商売をされている方々は良くご存じです。

 歴史的建造物という訳でもありません。しかし、職住一体型の家というスタイルは、町屋毎に個性があり本当に魅力的です。商売柄と、住んでいる人の個性が直接響き合って他にはない空間があります。

 町屋に住んで、商売をしていますから、自信をもってそう断言できます。これは後世に残さないと、いけないと思います。

 その為には、町屋に注目を集めなくてはいけません。

 今回の企画はその為の企画と言えます。

 サリュ

Closing in on finally came this week! "Art castle town planning (tentative)" briefing!

The location is the conference room Kumamoto City Museum of Contemporary Art. 18:00 - reservationless, there is no entry fee.

Please feel free to join us!

Today will be the introduction of planning ②.
I have been also research yesterday, of Machiya of castle town, the situation instead of to the apartment building is seriously dangerous. Despite the fact that even the ghost started to appear apartment tenants can not be expected, is packed with new apartment construction plan.

People do not have much Mansion itself, it will lead to deteriorating security.

Not a question of culture and history far from the present life is threatened so are beginning to anxiety.

② planning will be the event that such close-up of the town shop.

Theater as a stage artist will produce a Machiya. Artists will participate in theater as part of the performers in ya town its course. You can hear directly from the artist a description (stage) work.

Machiya in a variety of theater space will appear. Various occupations is also various, and also Machiya era.

In theater and art history and, as you will enjoy new and exciting space, the space of the town.

"Should be in Kumamoto in Kumamoto, the figure of Machiya"

Who yesterday, of persons who are in the business Machiya active duty, one of your words.

Right on the money, what is required that you read fun, the appearance of Machiya alive now.

Machiya of Kumamoto castle, built 130 years is the oldest. It has been the business people in Machiya is familiar.

Nor is it historic buildings. However, the style of the house of an integrated workplaces is really fascinating personality there is every Machiya. And nature of business, there is a space like no other sound directly match the individuality of human lives.

Machiya live in, since we are a business, so you can assert with confidence. I think this is not left to posterity, and not go.

To do so, rather than draw attention to the Machiya should not be.

You say this plan is planning for it.

Saryu

 

 

|

« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 | トップページ | 熊本「城下町アート企画(仮)」説明会&意見交流会in熊本市現代美術館、会議室。11日の18:00~、今日は企画③のご紹介! »

アートスイッチ新企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月11日(金)18:00~熊本市現代美術館にて「城下町アート企画(仮)」説明会&交流会開催。本日は企画②をご紹介致します。:

« 5月11日(金)熊本市現代美術館、会議室にて「城下町アート企画(仮)」の説明&交流会開催。本日は企画①の説明です。 | トップページ | 熊本「城下町アート企画(仮)」説明会&意見交流会in熊本市現代美術館、会議室。11日の18:00~、今日は企画③のご紹介! »