« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」④。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 »

2012年5月21日 (月)

熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑤。

 1980年代に義務教育を、熊本で受けていたというのはどういう事なのだろうと思います。

 熊本は基本的には、バブル経済はほぼ関係なかったのではないでしょうか。それでもバブル期の文化は全国を席巻しました。一番はやっぱりファミコンでしょう。ゲームとはいえ、家庭内にコンピュータが導入されたのは大きいと思います。

  産業界ではテクノポリスが構成され始めます。熊本にも若干の企業が誘致されたと思いますが、高度な工業技術を生み出せる研究機関が発展するほどにはないように見えます。工場も研究機関というよりは、ライン生産がほとんどではないでしょうか。

 バブルというのはつい先年のエコポイントと同じで、需要の先食いだったのでしょうか。そうでしょう。不良債権は今でも日本の足を引っ張っています。世間の大人が浮足立った文化を享受(ディスコ、イタ飯、アッシー・メッシー君、ソース・しょうゆ顔等)。大人というより、子供心に女子大生ブームを覚えています。

 日本のアートシーンは、強烈なメインストリームみたいなものは、ありません。もちろん個々に重要なシーンはあります。いわゆるアートプロジェクトが企業メセナで行われたりしています。しかし、当時アートというものにほとんど興味がなかったので、リアルな体験としてのアートは90年代に入らないとありません。

 80年代はあらゆる意味で特殊な気がします。特に85年のプラザ合意以降の銀行と不動産は異常です。いつかやってくる終焉に向けて、壮大なババ抜きをしたとしか思えません。

 90年代を失われた十年と形容するのは、何か嫌な気がします。その年代が青春時代だった訳ですから。失われた二十年とかになると、人生の前半ほとんど失われてるよとなります。派遣で働いていた時も、やたら同じ年代が多かった。上も下もあんまりいませんでした。ひしひしと、何かおかしいと思っていました。

 産業界が大規模経営からどんどんクラスター化していくのは、プラザ合意以後、工場の海外移転が進んで行き、将来的には高度な技術開発の分野でしか産業が成り立たないという先見の明があったというよりは、自然とそうなったと考えるほうがしっくりします。円高が進めば、先ず簡単な作業の工場が海外へ流失して、国内では特許事業が優先されるでしょう。

 今の職業訓練校にも、当時海外工場で技術支援をした技術工(旋盤とかが主)が技術を教えています。

 そして、いよいよバブル崩壊。

 サリュ

I think it that it was received in Kumamoto compulsory education, in the 1980s and probably you mean.

Kumamoto is basically, or will the bubble economy that was not nearly did not matter. Culture of the bubble period was still sweeping the nation. Most will Yappari NES. However the game, I think it was the introduction of computers in the home is greater.

 
Technopolis in industry will begin to be configured. Although I think that some companies are also attracting Kumamoto, it looks like that is not enough advanced industrial technology research institute Umidaseru to develop. Rather than factories and research institutes, or would not be nearly production line.

It is the same as that bubble of yesteryear with eco-points, what was eating the tip of the demand. Will be. Nonperforming loans are still pulling the foot of Japan. Enjoy (disco, rice plates, you assy-Messy, such as soy source face) the culture of the world adult has Ukiashida~tsu. Rather than adult, college student you remember the boom children in mind.

The Japanese art scene, like a main stream is strong, it does not. Important scene is located in the individual course. So-called art project has been or is done in corporate philanthropy. However, it is not because there was no little interest in what at that time called art, art as experience realistic and do not fall in the 1990s.

80s will feel special in every sense of the word. Bank and real estate after the Plaza Accord of 1985 is particularly unusual. I do not think sometime toward the end coming, and only had a grand old maid.

It described as the lost decade 90s, I feel something bad will. Since age is a reason that was a youth. When the will was lost or twenty years, and I have lost almost half of life. Even when I worked in dispatch, there were many the same age profusely. Also was not much on the bottom also. And acutely, I thought something wrong.

Going to have clustered rapidly from large-scale management is industry, there is foresight after the Plaza Accord, overseas transfer of the factory went willingly, and in the future that does not hold industry only in the field of advanced technology development think more, rather than the other, became so harmoniously with nature will. Proceed if the yen, the erosion of a simple task to overseas factory First, in the domestic business will be priority patent.

Also vocational training schools for now, the technology has been teaching engineering technology that technical assistance overseas factory at that time (mainly or lathe).

And finally the collapse of the bubble.

Saryu

 

|

« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」④。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑤。:

« 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」④。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」⑥。 »