« 熊本「城下町アート企画」(仮)の説明&交流会にお越し頂きました皆さま、貴重なご意見ありがとうございました! | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」②。 »

2012年5月15日 (火)

熊本ローカルのアーティストが自分なりに考える「創造都市」①。

 熊本市が政令都市になりました。

 様々な目標が掲げられる中のひとつに、「創造都市」としての熊本の姿があります。

 横浜、金沢、名古屋、浜松などが先駆的に取り組んでいます。

 横浜などは、アーティストに対する支援が厚くなっていたり、端から見ていても、単純にいいな~位の感想しか持っていませんでした。

 しかし今回、熊本市の事業「チャレンジ協働事業」のタイトルが、創造都市を考えるという事でNPOアートスイッチとして企画書を提出するにあたり、一回真剣に考えとく必要があるなと思いまして自分なりに研究致しました。すでに企画書は提出しております。

 で、熊本ローカルな自分以外のアーティストも、このブログ読めばザックリ分かるよという簡単なレベルで書いておきたいと思います。

 ※素人&アーティスト目線ですので、文部科学省及び経済産業省関係者の方、産業、知的クラスター事業の関係者様方、その他の産学官イノベーション関連の皆さま、細かい間違いはあるかと思いますが、御笑覧頂ければ幸いです。

 いきなり「創造都市」の話しをしても、多分中途半端になりますので、日本の戦後の産業スキームの移り変わりとそれに若干日本のアートシーンがどうだったか(これも細かくは覚えていませんが…)を交えながら、書いて行きます。

 先ず、産業の変遷で言えば、最初に言いますが1998年で大きく国の方向性が変ります。

 中央→地方自治体です。

 これは大きいです。この年から、日本において「創造都市」論が生まれる素地が出来上がったのではないでしょうか。

 戦後高度経済成長時の国の産業政策をザッと見ると、現在に至る道筋が分かります。

 では次回。

 サリュ

Kumamoto city is now a Cabinet Order.

To one of the various goals can be raised, there is a figure of Kumamoto as a "creative city".

Yokohama, Kanazawa, Nagoya, and Hamamatsu has committed to playing a pioneering role in.

Yokohama, etc., or has become thicker support for artists, even if viewed from the end, did not only have a simple impression of Place ~ I hope.

Will own I was wondering do you need Upon submitting a proposal as NPO art switch by this time, the title of "industry  cooperation challenge" business in Kumamoto, that think the creative city, you seriously considered once but We have to study. The proposal has been filed already.

I think is also a local artist other than yourself, Kumamoto, and I want to write in a simple level that I know roughly if you read this blog.

※ I think so, but eye and amateur artists, who officials Ministry of Economy, Trade and Industry and the Ministry of Education, who like their industrial relations, of intellectual cluster projects, related to our industry, academia and government innovation, and other small mistake and there, It would be greatly appreciated if it could Shoran us.

Even the talk of the "creative city" suddenly, it will be halfway maybe, little by little, but do not remember (This is also how they were the Japanese art scene slightly and its change of the scheme of industrial Japan's postwar ... while exchanging a), we will write.

First, speaking in the transition of the industry, the direction of the country varies greatly with the year 1998, but says for the first time.

→ is a local government center.

This is big. From this year, what is foundation that was not finished theory "creative city" is born in Japan.

A glance at the industrial policy of the country at the time of high economic growth after World War II, you can see the path to the present.

The next time.

Saryu

|

« 熊本「城下町アート企画」(仮)の説明&交流会にお越し頂きました皆さま、貴重なご意見ありがとうございました! | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」②。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ローカルのアーティストが自分なりに考える「創造都市」①。:

« 熊本「城下町アート企画」(仮)の説明&交流会にお越し頂きました皆さま、貴重なご意見ありがとうございました! | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」②。 »