« 熊本ローカルのアーティストが自分なりに考える「創造都市」①。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」③ »

2012年5月16日 (水)

熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」②。

 先日に引き続いて書いて行きます。

 熊本のアーティストも、知っとくと無駄ではないかもという事を。

 都市論は、経済の発展の歴史とは切り離せません。なので、ちょっと自分なりに整理します。

 戦後1950年代。国策で四大工業地帯として、臨海に大規模な工場を立てます。資源、燃料がなかった時代です。鉄板なら板状でどんどん海から工場へ持ち込みました。他にも一次加工品を輸入して、臨海工場で製品に加工して輸出するという、資源のない国の知恵を絞った合理化で、臨海工業地帯が勃興します。

 輸入した原料を、海に立つ工場で加工すれば、二次的な輸送費もかかりません。製品化すればそのまま船で輸出できます。島国である特徴を生かし切っています。

 その工業地帯に人が集中し、都市圏が形成され始め、局所に集中しすぎる弊害もあらわれ始めます。

 世界のアートの潮流はどうだったかというと、20年代にはすでにデュシャンの「泉」からの影響でダダイズムが起こっていますね。アートの概念を根底から覆したこの作品以降、今の現代アートに至る潮流が生まれました。

 で50年代と言えば、ポロックのアクションペインティングから、ポップアートへと移行していく期間。まさに大量生産消費社会へと進んで行く社会と同じ(やや早い)歩調で世界のアートシーンは動いて行きます。ヨーロッパからアメリカにアートの主戦場が移って行きます。

 日本では50年代「具体美術協会」「読売アンデパンダン展」など、この後来るポップアート前夜の、ネオダダという混沌とした各種の活動が盛んになります(正確には具体も読売アンパンもネオダダとは自称していませんが)。自分では「反芸術」と言った方がしっくりきます。

 今眺めると、50~60年代の日本のアーティスト達は、急速な都市化と工業化で置き去りにされようとしていた日本の土俗的な何かと身体性を回復、とまではいかなくてもアンチテーゼとして表現しようとしていたように見えます。作品うんぬんよりも、肉体を使ったパフォーマンス要素が大きい活動が多いからです。

 アーティストは社会化しない、時代の深層を時として表現します。この時期、ほんの数年の内に試された表現行為は今のアートシーンにも色濃く反映しています。

 高度成長へ向かう日本。

 次回は60~70年代。

 サリュ

 We will subsequently wrote the other day.

Kumamoto is also an artist, and that might not be in vain to know.

City theory, and history of economic development can not be detached. So, in my own way to organize a little.

1950s after the war. As the four major industrial area in the national policy, and made a large-scale factory in Linhai. Era did not resources, and fuel. Rapidly brought to the factory from the sea in the form of plates if the iron plate. Targeted at streamlining imports processed goods following wisdom one other, that export processed products plant in Linhai, countries in which you do not have resources, coastal industrial zone will rise.

If the processing plant stand into the sea, the raw material was imported, and it took less than a secondary transport costs. Can be exported by ship as if commercialized. The island nation is taking advantage off.

People to focus on its industrial zone, urban areas began to be formed, and also start to appear too focused on local evils.

The trend of art in the world and say how it was, in the 1920s it has happened under the influence of Dadaism from the "fountain" of Duchamp already. This work was later overturned the concept of art from the ground up, leading to the contemporary art trend now was born.

Speaking of the 1950s is a period, from action painting of Pollock, continue to transition to Pop Art. Art scene in the world is going to move (somewhat early) at the same pace with society go on mass production and consumption to society exactly. The main battlefield of art will continue to move to America from Europe.

In Japan, a variety of chaotic activity, such as "the Yomiuri Independent Exhibition" Association "concrete art" age 50, on the eve of Pop Art comes after this, that Neodada will be popular. The better coming nicely, "said anti-art" in their own.

When you look now, the artists of Japan in the 1950s to 60, up to, and recovery is trying to express as an antithesis, if not the physicality something an folk of Japan was about to be left behind in industrialization and rapid urbanization seems to have been with.

Sometimes the artist to represent not socialization, the depth of the times. Expression act at this time, was tested within a few years has also strongly reflected in the art scene today.

Japan towards high growth.

The next of the 60's and 70's.

Saryu

|

« 熊本ローカルのアーティストが自分なりに考える「創造都市」①。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」③ »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」②。:

« 熊本ローカルのアーティストが自分なりに考える「創造都市」①。 | トップページ | 熊本ローカルアーティストが考える「創造都市」③ »