« 昨日の城下町大遊戯路上企画会議、新町さるく編はものすごくおもしろかったです!次の古町編は11日(月)15:00~! | トップページ | 6月11日(月)15:00~、城下町大遊戯路上会議は五福コミュニティーセンターに集合です! »

2012年6月 9日 (土)

アーティスト イン レジデンスを熊本で効率よくするためにはどうすればいいか。

 熊本には九州で唯一の現代美術館があります。

 最近では、様々なアートにおける活動が群がり起こり始めています。

 過去にない、アート地殻変動が起きつつあります。正直、5年前では考えられない事です。

 地元主導のアート活動は動きつつありますが、外からの優れたアーティストを受け入れる体制がまだまだできていないという問題があります。

 自発的に素晴らしいアーティストが熊本に移住してきている、一部稀有な例を除けば、アーティストが滞在して地域と関わったり、関連して作品を作ったりする施設やシステムがまだありません。

 これは、気軽だけどしっかりしているという、受け入れ側のオープンなマインドももちろん、ハードの面も用意しなければいけません。

 これは、本来なら当NPOアートスイッチのような組織が作らなければいけないと思います。が、残念ながら資金的な余裕がない。アートで資金集めるなんて、ローカルでは半端なく難しい。

 という訳で、毎回の事ながら、座右の銘「徒手空拳」で事を成す為にはどうすればいいか、そうです。

 企画と企画書と、それを持ってアプローチする対象を明確にして事を起こすです。

 レジデンスしたい→お金かけずに施設確保したい→探す→家主→家主の利益を作る→利益を明文化、数字化して明確に→アプローチ→分からなかった問題の顕在化→修正案→交渉以下繰り返し。

 ここでヒントは家主を探す時に、どういう角度で探すかで、家主の利益もアプローチも全く違ってくるという事。

 ここまでいつもの企画立てる思考法で書いてきて、レジデンスの為の企画とアプローチ対象の骨格が明確に見えてきたな…

 ですが、チャレンジ協働事業の為に半年企画煮詰めて、今は新しい企画立てるという心境に至らない(笑)ので今日はここまで。

 気力とNPOの内部コンセンサスが取れたら、レジデンス環境の確保について動くかもしれませんが、今は強力にキックする原動力がないからですね。思いつくままに書いてみました。

 とりあえず、全く関係ないですが10年前の堺屋太一の本でも読んで、ネオコンの根幹を知ろうと思います(笑)。

 サリュ

There is the Museum of Contemporary Art in Kumamoto in Kyushu only.

In recent years, in various art activities have begun to flock to happen.

Not in the past, there happened while crustal movement art. Is to be honest, five years ago is not considered.

Art activities led by local motion, this is becoming, there is a problem that the system is still not able to accept the good artists from the outside.

Great artists that have voluntarily moved to Kumamoto, except for some rare cases, it still lacks facilities and systems or create a work area or to stay involved with the artists, are related.

This must of course also provided an open mind But that has a solid feel, of the acceptance, even of the hard surface.

This is, I think that should be made NPO organizations such as the switch if the original art. However, unfortunately there is no financial margin. I collect funds in the art, it is difficult at the local rather than odd.

So, while every thing, in order to do that in the "empty-handed" motto is so, what to do.

Cause is that the planning and proposal and to clarify, what you want to approach it with.

Documented the benefits → make a profit you want to ensure facility without incurring want to residences money → the landlord → landlord → Find →, repeat the following negotiation → Amendment → manifestation of the problem by mosquito numbers clearly did not know → approach →.

Tips when looking for a landlord that is, at an angle to Find What in here, that also comes a completely different approach from the landlord profits.

Have been written in the usual way of thinking make planning so far, I have been clearly visible skeleton of the target approach for planning and Residence ...

But today so far does not lead to feelings boiled down to half a year planning for the work  challenge together, so now I make a new plan (laughs).

If you take that energy and NPO's internal consensus, but might work environment for securing residences, now I, because there is no strong driving force to kick. I have written without a plan.

Anyway, nothing to do but I also read the book of Taichi Sakai-ya 10 years ago, attempts to deduce the basis of the neo-conservative (laughs).

Saryu

 

|

« 昨日の城下町大遊戯路上企画会議、新町さるく編はものすごくおもしろかったです!次の古町編は11日(月)15:00~! | トップページ | 6月11日(月)15:00~、城下町大遊戯路上会議は五福コミュニティーセンターに集合です! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーティスト イン レジデンスを熊本で効率よくするためにはどうすればいいか。:

« 昨日の城下町大遊戯路上企画会議、新町さるく編はものすごくおもしろかったです!次の古町編は11日(月)15:00~! | トップページ | 6月11日(月)15:00~、城下町大遊戯路上会議は五福コミュニティーセンターに集合です! »