« 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! | トップページ | 準備期間という、一番地味できついが面白い時間を過ごしています。 »

2012年6月21日 (木)

本来の形から離れて行くが、絵としては本来の形に近づいて行く。それが描くという行為と思う。

 私が描く作品は、割とというか、ほとんど写実的に見えますが、何も写実しておりません。

 100%想像というか、妄想です。もちろん、今回描いている「朱雀」は、受け継がれてきた姿を踏襲していますし人の姿も、人と判別できます。

 そうやって描いて行く中で、ほんらいの人間の形であればこうはならないよなという形を描きます。絵がその形を求めていると言った方がしっくりきます。

 この方向のラインを強くした方が見ていて気持ちいいとかいうものです。

 最初は、それが全然なくて、どう描けばいいのかさっぱりわからない。人を描きたいからずっと描いていますし、10年前はモデルを使ってまさに写実な描き方をしていました。

 しかし、それだと段々構図の面から制約が多くなってくる。構図を自由にしだすと、人の本来の形は絵としてはこうじゃないと、なってきました。かと言ってコンテキストをやりだすと自分が描きたいものから遠ざかるばかり。最初はやったのです、色々。マチエール作る為に、砂がきれいな海岸に行って砂を持ってきて、画面に塗りつけたり。紙を糸で縫って、これまた貼りつけたり。絵具をガンガンかさねて、絵具の層で何かできないかとか。

 でも、全部先にやられてるよねと。

 つまんないし。

 ミニマリズムでもう全部出たろうと。

 感動を引き出す方向はこっちじゃないな、自分にとって。

 そう思いました。

 コンテキストに関しては、後は作家個別による、組み合わせの違いしかなくて、それを追うよりは自分にとって気持ちいい絵を描いていく方がいいです。

 もう、ひどいですから、構図。作品集に入っていますが「ビール!ビール!ビール!」の人間のぶち切り方は、まさに個人的な快感原則に則ったものです。

 絵ってそういうものでしょ?としか言えない。技術を見せるものでも、コンテキストを見せるのでもなく、誰かを救うものでもなく、楽しませない、癒さない、満足させない、気持ちよくさせない、そもそも「いらない」、そういうもの。

 でも感動するんだよな。

 やっぱ、絵は人そのものなんだな。

 自分にとって、赤の他人はいらない人かもしれないけど、世界に自分一人では生きている意味はないから。全然知らない人の作品にも、感動するから。

 絵を描き続けるって事は、自分と向き合い続ける事なのでしょう。それは楽しいばかりじゃないけど、自分で居られるという事。

 だから結局、段々技術的な事は二の次になってきました。必要ですけど、一番じゃない。

 絵として本来の形に近づけば近づく程、自分に近づくという事なのか。

 サリュ

Work that I draw is, or rather with the assignment, it looks almost realistically, does not have anything to realism.

I imagine that 100%, is a delusion. Of course, "Suzaku" have drawn, even the human figure, and you can determine who has followed the appearance it has been handed down this time.

Drawn in the course of doing so, draw a shape that I do this if I do not if the original human form. This is coming nicely. Who said that asking for a picture of its shape.

Tokayuu is pleasant to see those who have a strong line in this direction.

At first, it is not at all, What should I draw no idea how. I have drawn much from the people you want to draw, ten years ago had been a graphic exactly how to draw using the model.

However, it becomes more restrictive in terms of composition and that it gradually. When you issue to free composition, the shape of the original picture and not as a human way, it has become. Away from what I just want to draw and give a context to say or do. The first is did it, many things. Matière to make, bring the sand to go to a beautiful sand beach, or smeared on the screen. Paper sewn with thread, and paste this also. Repeatedly pounding the paint, or do something with a layer of paint.

But, and I'm all been done before.

It boring.

Taro was another attempt at minimalism all.

Direction do not pull out the impression here, for me.

I think so.

For context, the latter due to individual writers, not only the difference of the combination, it is better than go chase it feels good to draw pictures for me.

The other, is terrible because, composition. How to chop the human "beer! Beer! Beer!" But already on, in accordance with the pleasure principle is very personal to the collection.

What would such a picture? Only and can not say. Also show the technology is, they show no context, no dipper is someone, not to entertain, not healed, not satisfied, not to feel good, "To begin with I do not need", as such.

I'm impressed by the demo.

As expected, painting itself seems to have a human.

It might be one for me, I do not want strangers in their own meaning a person is not alive in the world. In the works of those who do not know at all, because excitement.

That we continue to draw a picture, then perhaps that continue to face with myself. But it is not just fun, that is your own residence.

After all, it was technical gradually becoming secondary. I need, not the best.

Why should that approach close enough to the original form as a picture, that approach to you.

Saryu

 

 

 

|

« 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! | トップページ | 準備期間という、一番地味できついが面白い時間を過ごしています。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本来の形から離れて行くが、絵としては本来の形に近づいて行く。それが描くという行為と思う。:

« 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! | トップページ | 準備期間という、一番地味できついが面白い時間を過ごしています。 »