« 本来の形から離れて行くが、絵としては本来の形に近づいて行く。それが描くという行為と思う。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012、今少し進行遅れていますが、少しずつ形になってきています。 »

2012年6月24日 (日)

準備期間という、一番地味できついが面白い時間を過ごしています。

 色んな事が準備期間。

 アートイベント企画、個展、モヒカンポシェット関連の動き。

 イベント開催当日は、実は半分抜け殻みたいな心境になっている事が多いです。

 プロジェクトをしていて思うのは、自分の表現に専念している時間は重要だという事。

 基本、それが出来なかったら精神バランスを崩します。様々な人とのかかわり合いの中で、自分のスタンスはどうかという自問自答モードに入った時に、自分を救ってくれるのはこの時間しかありません。

 熊本ローカルレベルですが、アートイベントのオーガナイズというのは難しい。オーガナイズの専門知識や、評価軸を持たずやり始めたものだから大変です。やりながら学んでいくという泥縄方式で動いています。

 こうやって身体で覚えた事は、一番の財産です。

 アーティストは、アウトプットしてなんぼですので、このアウトプットへの評価が次も動こうという原動力になります。

 原動力についてですが、誰かの話を聞いて、よしやろう!と思った事はありません。

 お~、何かやっているな!とにかく、やってやる!という、企画者のエモーションを感じた企画に遭遇した時など、よし自分も!となります。

 必ずしも完成されたものだったり、質が高いものである必要はないのです。受け手として言わせてもらえば、よくやるな~という条件でやっている人達のアウトプットが凄ければ凄いほど、感動が高まります。

 あ~、予算あったんだね…という表現は、それ自体観る方のハードルを最初から上げているので感動し難い。もちろん予算と手間暇かけている、もの凄い感動する作品もあります。システィーナ礼拝堂とか(笑)

 アウトプットというのは、本当に難しいです。知識と経験を総動員して、最適な表現をしていかないといけない。話を聞いたり、本をよんだり、プロジェクトのやり方を勉強したりしたその先の事柄です。

 そういう意味でも去年から注目の活動が「竹田アートカルチャー」。突然ですが。

 今年の10月に2012verを開催予定だそうですので、是非熊本のアートファンは出かけてみて下さい。一歩を踏み出していくというのは、こういう事なのだなというエモーションをひしひしと感じます。

 と、その前に熊本城下町大遊戯2012も宜しくお願い致します。

 サリュ

 Preparation period is many things.

Motion planning art events, exhibition, related Mohikanpochette.

Held the day of event is often mental state has become like a husk half actually.

I think that you have a project, have time to concentrate on my expression that is important.

The balance and the basic spirit, if you can not have it. Ask yourself, when it enters the mode of involvement with various people, my stance is that if it is not going to save yourself this time only.

Kumamoto is a local level, but it is difficult to organize art events. What began is hard to do because without expertise and organize, the evaluation axis. Are moving in the method of going Doronawa learn while doing.

What we have seen in this way doing body are the property of the best.

The artist, so the output Minami, Budge also will be the driving force that following evaluation of this output.

As for the driving force, to hear the story of someone trying to do right! I thought that is not available.

~ Us, not doing anything! Anyway, I'll do! Planning, such as when you encounter the emotion that I felt, of planning, even their own right! Will be.

Has been completed or was required necessarily, is a high quality is not. As a receiver if you do not mind my saying so, as great, if there is an increased excitement Sugokere output is for people who do not do well on the condition that ~.

Representation Ah, that ... I've had the budget, it is difficult to impression from the beginning so that the hurdle of how to raise itself to see it. There have painstakingly budget and, of course tremendous works that impressed. Or the Sistine Chapel (laughs)

Output that it is really difficult. To mobilize the knowledge and experience, do not go and not to the best representation. Or listening to the story, reading a book, its just a matter of destination or to study the way of the project.

The activities of the attention, "Arts Culture and Taketa" from last year in that sense. Is sudden.

Because it is seems to be held in October of this year the 2012ver, Kumamoto Art fans, please try all means go. I go that one step forward, you feel acutely the emotion and that ... and to do such.

And, thank you also play a large castle town in Kumamoto in 2012 before it.

Saryu

 

 

|

« 本来の形から離れて行くが、絵としては本来の形に近づいて行く。それが描くという行為と思う。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012、今少し進行遅れていますが、少しずつ形になってきています。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準備期間という、一番地味できついが面白い時間を過ごしています。:

« 本来の形から離れて行くが、絵としては本来の形に近づいて行く。それが描くという行為と思う。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012、今少し進行遅れていますが、少しずつ形になってきています。 »