« 昨日の熊本古町さるくin城下町大遊戯2012路上会議にご参加頂き、誠にありがとうございました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! »

2012年6月14日 (木)

最終的には絵を描く。

 今、様々に熊本でのアートの表現場の数を増やそうとしています。同時に、アートファンだけではない、様々な方に作品を見て楽しんで頂く仕掛けもつくっていこうとしています。

 NPOの事業は、相も変わらず前途多難で、毎回試行錯誤を重ねながらすこしづづ手探りで前へ進んでいます。

 ここまで様々な人の協力を仰ぎ、プロジェクトも最初たった6人だったのが、40人とかの自分としては結構大きいものになりつつあります。

 もともと一絵描きですから、本来そういう(今回の城下町大遊戯2012は特に)有機的なアートプロジェクトの運営をできる力量があるか常に不安です。

 前回の第二回町屋アートホームin新町の時ですら、一時的に夢遊病になる位、無意識に負担がありました。まだ死にたいと思わないだけましという位のものです。思っても表明しませんが(笑)。

 不安と期待の間の振れ幅が大きい程、いい企画と言えそうです。

 毎回自分の能力の限界を見せられて嫌になりますが、その限界というのは、自分にはあまりコミュニケーションのスキルがないなぁという事です。

 プロジェクトにはそのスキルが必要不可欠なのですが、これは生来のものだからどうしようもない。ないならないなりにやっていくしかないので、どうこう言っても始まらない。

 不安、不安と言っている内に、企画はどんどん押し迫り当日を迎える事になります。

 楽しいの?と問われれば、簡単に「うん楽しい」とは言えない複雑な魅力が、アートイベントにはあります。楽しくなくても、面白いという事があるからです。絵を描く時と同じです。

 アートイベントは実に様々な側面を持ちます。アーティスト、地域協力者、地域とは関係ない協力者、アーティスト個別の協力者、NPO関係者、実に様々な観客、取材者、評価者、全体が有機的にゆるく結び付いて、見たことないような空間が出現します。

 それを体感したいが為に動いているのでしょう。

 アートイベントだけに、様々な局面で様々なクリエーションが持ち込まれてきます。コントロールするのかしないのか、どう舵を取るか。

 やった事がないから、常に暗中模索。

 自分が想像しきれていなのだから、協力者の方々が想像しきれていないのも当たり前と言えます。

 でも一言言わせてもらえば、隅々まで管理されたものなんてアートじゃない。

 アートイベントのクリエーションの部分に限りの事ですが、想像の上をいくクリエーションを参加アーティストにはいつも期待しています。そうじゃなかったら、一人でやればいい事。

 もともとグループ展というのも、そういう気持ちで始まったのではないか。~会とか。

 現代でいうと、ロックバンドを結成して世に出るぞ!というモチベーションに一番近い。

 だから、不安と恍惚があるのでしょう。

 たまには愚痴を書いてみようかと思いましたが、考えがまとまってすっきり致しました。

 タイトルは、アートイベントなんか投げ打って絵を描くぞ!とか無責任な事を言ってみようとしたのですが、それは本当の気持ちではどうもないらしい。

 やっぱ、どっちもヤルゾ!

 サリュ

Now, has been trying to increase the number of field representation of the art in Kumamoto in various ways. At the same time, You are going to make fan art is not the only, mechanism also enjoy watching the variety of people to work.

Business of the NPO, is invariably rocky, before you go to feel for a little while Dzudzu repeated trial and error every time.

Allegiance to the cooperation of various people so far, it was just the first six projects, as a person or his 40 is becoming a pretty big thing.

Is a painter originally from, such (large castle town of the 2012 Yu-Gi-Oh this time in particular) is always anxiety there is a competence that can be the operation of the original organic art projects.

Even at the time of the Second Shinmachi art home in the last Machiya Feb sleepwalking become temporarily, there was a burden to the unconscious. Position is that we do not want to die just yet. But also expressed thought (laughs).

The larger the swing between hope and anxiety, is a good plan and say so.

Although I hate being shown the limits of my ability every time, but that its limitations are, to their own is that I do not have much communication skills.

The project is it essential that skills, this is not hopeless because of innate thing. Since there is only going to do If you do not own no, that does not begin to say trend.

In saying that anxiety, and anxiety, planning will be more and more come to an Oshisemari day.

Fun? And if asked, appealing and complex "fun" Yeah can not say easily, in an art event is located. Because it can not have fun, that interesting. Is the same as when painting.

Art event has various aspects indeed. Tied loosely organically audience collaborator collaborators Artists, regional cooperation, with the local community does not matter, individual artist, an official NPO, various indeed, an interview, the evaluator, the whole, like I've never seen space will appear.

Why running for You want to experience it.

The only art event, Creation Various been introduced in various aspects. Whether or not to control or steer copper.

Not have done, always groping in the dark.

Can say that because I have to imagine yourself off, and naturally also not out of the imagination of people who collaborators.

Word if you do not mind my saying so, I was not art is managed in every corner of the demo.

But that's only part of the creation of art events, participating artists are always expected to go on the creation of the imagination. If you do not 's so, that I do it alone.

It originally also called a group exhibition, or that was not started in that spirit. Or meeting ~.

In modern times and say, I go out into the world have formed a rock band! Closest to that motivation.

So, why would that anxiety and ecstasy.

I was once in a while and try to write or complain, we have collectively neat idea.

The title is something I draw a picture throw hit art event! I tried to say it or that the irresponsible, it is not very much seems true feelings.

As expected, Yaruzo either choice!

Saryu

 

 

 

 

|

« 昨日の熊本古町さるくin城下町大遊戯2012路上会議にご参加頂き、誠にありがとうございました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終的には絵を描く。:

« 昨日の熊本古町さるくin城下町大遊戯2012路上会議にご参加頂き、誠にありがとうございました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012の、メインとなる台本が出来上がりました!制作は劇団「市民舞台」です! »