« 城下町大遊戯2012の概要がほぼ決まってきました。いよいよ内容の詰めに入っていきます。 | トップページ | 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 »

2012年7月26日 (木)

城下町大遊戯2012は、しっかりしたものを企画したいです。

 アートイベントですが、奇をてらったような企画はありません。

 新町・古町の歴史と、アーティストがきちんと向き合うような、一見地味かもしれませんがしっかりしたイベントを行いたいです。

 この数年で分かってきた事は、価値のある企画には時間と手間がかかるという事。

 ホップステップという風にはいきません。

 アーティストが作品を制作するにしても、時間はかかります。

 インスタントに出来上がっていく大量の作品もありますが、個人的にはうんざりしています。

 アイデア、着想が斬新で、インスタントに制作が早い、というのはある時期からアーティストが早く世に出る為には必要とされてきた条件です。

 でも、感動した事があまりない。関心した事はありますが。

 大遊戯というイベントは、少しでも心が動くようなものにしていきたいと思います。

 まだ未熟で、様々に至らない点ばかりで自分に失望ばかりしているような日々ですが、毎日そういう風に思っています。

 我ながら地味な性格だなと思いますが、信じた道を行くしかないのは昔も今も同じこと。

 どこへ行く道なのかは分かりませんが、熊本が今より少しでも面白くなればいいな。

 サリュ

|

« 城下町大遊戯2012の概要がほぼ決まってきました。いよいよ内容の詰めに入っていきます。 | トップページ | 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 »

熊本城下町大遊戯 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城下町大遊戯2012は、しっかりしたものを企画したいです。:

« 城下町大遊戯2012の概要がほぼ決まってきました。いよいよ内容の詰めに入っていきます。 | トップページ | 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 »