« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。

 幾度も原点に立ち返る事。それがNPOアートスイッチが何をしたいか、見失わない為に重要な事です。

 アートが特別なものではなくて、実は日常と同じだという事に気づくきっかけになる。

 アートのスイッチをオンにする。

 その為には、様々な人と会って活動していく必要があります。

 アーティストに多い、人みしりするとか、人と接するのが苦手とか、自分もそうでした。最初。

 誰かに自分の企画を理解してもらって協力してもらうという事はとても難しい事です。同じ会社内でもグル-ププロジェクトを立ち上げるのが難しい経験をした事がある人は多いと思います。

 アートと商業施設や、個人事業者、企業人、医療関係者、宣伝広告、まちづくりの組織、実に様々な人との関わり合いの中からプロジェクトが立ちあがってきます。

 もしかしたら見ている目標はバラバラかもしれません。ですが、アートプロジェクトを通して職種や様々な見えない壁を越えた連携ができる事は実感しています。

 この実感はとても確かで、続けていけば熊本独自のアートシーンが花開くのは間違いありません。

 もっとプロジェクト的な動きが広がれば、あっという間に実現できそうな気がします。アートスイッチ的なNPOがあと10組織もあればいいのではないか。

 今、胸にプロジェクトを秘めている人。誰にでも最初の時はあるものです。恐らく最初の時は自分の無力さを呪うでしょう。最初どころか無力さなら今でも存分に味わっています。ですが、あなたが考えている事に価値があろうがなかろうが、やるべきです。それこそが、あなたがやらなければ誰もやらない「仕事」に他なりません。

 それがお金になろうが、ならなかろうが、やるしかありません。もし諦めてしまうのなら世界は1mmも動きません。やったところで1mmも動かないかもしれない。

 結果を気にして動かないというのなら、それはそれで仕方ありません。行動には危険がつきもので、「全然つまんない、感動もなにもない、失敗だ」と言われる事はアートイベントにとっては死刑宣告にも近い事ですから。

 しかし、アートを生業として生きて行くのには何の資格もいらない訳ですから、あなたがアーティストと名乗れば今日からそうです。実は資格は一つだけあって、上に書いた事をやり続ける人の事を周りが「アーティスト」と言いだすでしょう。オーガナイザーかも知れません。 

 ここで間違いそうになるのは、アートスイッチにとってプロジェクトはグループ展では駄目だという事。あくまで社会性を視野に入れたものでなければ、仲間内のニッチなプチイベントで終わる事でしょう。そういう世界もありますが、NPOアートスイッチはアートと社会の関係性を問うのが目的です。

 自分の小さい殻を破り続ける、色んな事に傷つく事のほうが多いのがアートを生業にする人の人生です。数多くの先人達が自ら絶望で命を絶った業種です。本当なら生業にせず、消費して楽しむ方がいい。断然楽しむのをお勧めします。

 傷つく事を恐れず、他者との関わりを持って、その中でアートには何ができるのか、そういう事を考えて実行できる人が数多くいれば熊本どころか、日本の閉塞感をも打破できる可能性があります。

 道はないし、困難そのものですが、だから可能性がある。

 アートスイッチが今やっている事はほんの小さい事かもしれませんが、熊本のアーティストには重要な事だと思っています。活動のシーンを自分で創造する事。

 来年のプロジェクトは熊本のアートの力を集結して熊本を飛び出す予定。

 サリュ

Can return to the starting point again and again. It is important for what you want to do is  NPO Art Switch, not to lose sight of.

Without art is special, an opportunity will notice that in fact the same as everyday.

To turn on the Art Switch.

You must continue to meet for its activities, and various people.

Often weak or artist, or you will recognize that person, it is in contact with the people, did so, too. First.

Get the cooperation that once you're familiar with the planning of their own to someone is very difficult. I think people that have the experience of launching the project group is difficult and often - even within the same company group.

The project has stood up from within and commercial facilities and Art, a private business, business people, medical personnel, advertising, organization of city planning, with the involvement of various people indeed.

The goal maybe have seen may be falling apart. However, that cooperation can not see beyond the wall and various occupations through art project has been realized.

This feeling is very sure, but its own arts scene flourish Kumamoto If you go there is no doubt continue.

If the spread of more project movements, can be realized very quickly I feel like I will. Do not say it if NPO is also an art organization after the Art Switch 10.

Now people have hidden the project to the chest. Is the first time is for everyone. The first time will probably curse the powerlessness of their own. We tasted the first fully still be far from powerless. However, no matter what value is that you think, should do. That's what, nothing more nor less than a "work" do not do anyone you'll need.

Although it would be money, but would not have if there is only do. The world does not move If it is to be given up if 1mm. May not work well done at 1mm.

If you do not consider it work to care about the result, it can not be helped by it. Behavior is inherent in the risk, it is said to be "boring at all, has nothing, not even touching, but failed" What is art for the event because it is close to a death sentence.

However, going to live as a living art from what is the reason I do not need qualifications, so from today is if you Enemies and artists. Qualification will give is called "artists" is that of people around the only one there, keep going on the fact that I wrote. May be the organizer.

I definitely going to be here, the project is that in a group exhibition called Art for the switch useless. If there is only taking into consideration the social, Petit event will end with a niche in the company. There is also that world, NPO Art Switch it questions the relationship between art and social purposes.

What is life there are more people continue to break the shell that hurt small on their own, many things that make a living art. Industries where a large number of people are broke off his own life in despair. If true living without, and enjoy better consumption. We recommend enjoying by far.

Without fear of hurt, with the relationship with others, the art is in what we can do that, let alone be able to break down in Kumamoto, Japan is also a sense of obstruction if you can perform a number of people thought such a thing You may.

There is not the way, is very difficult, so there is a possibility.

Art that the switch is doing now that might be a small book, I think the artist of Kumamoto and important thing. Can create your own scene of activity.

Next year's project is scheduled to rush out of the Kumamoto in Kumamoto concentrated the power of art.

Saryu

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。

 大遊戯で、参加が決定している順にご紹介して行きます。

 最初は「キヨナガ邸」。

 今もずっと荒物屋を営業されている、築130年の町屋です。古町でも屈指の町屋で、今も現役の家である為、滅多に町屋内は公開されません。

 この「キヨナガ邸」、今回はizu♡milkさんの作品展示となります。

 新町三畳美術館にて「新町斬ルガール」という、一連の作品を展示して頂いたおり、「キヨナガ邸」で撮影された作品もあるという縁もありベストマッチとなりました。

 今回は「キヨナガ邸」さんとizu♡milkさんが相談しながら、新たに作品を制作する予定になっております。

 一体どのような展開をするのかは、詳細はまだですが、新たにこの場所と人でしか生まれない作品と展示が出来上がってきます。

 営々と築き上げられてきた新町・古町の町屋文化に、アートのクリエーションが加わった時どういう化学反応が起こるのか、それは当日になってみなければ分かりません。

 イベント開催日までに町屋住人の方とアーティストが、どういう交流をしてどんな作品が生まれてくるのか、楽しみでなりません。

 自分が一番楽しんでいるのかも知れませんね。

 サリュ

In large game, we will introduce participants to the order has been determined.

House "Kiyonaga" first.

Has been operating the Aramonoya much now, 130 years of dating is Machiya. In one of the best Machiya because it is the home of active duty, will not be published in the Machiya is still rare even Furumachi.

House "Kiyonaga" this, this exhibition's works will be izu ♡ milk.

There is also a best match now edge that has been exhibited at the museum who Triassic Shinmachi "Rugal Shinmachi Zan", a series of works, works that were taken in the House "Kiyonaga".

This time has been scheduled to consult with Mr. izu ♡ milk and Mr. House "Kiyonaga", to produce a new work.

Why on earth is what the deployment, details are still, and exhibition work not only in people born in this new location and will have finished.

What would happen when the chemical reaction of Furumachi-Shinmachi Machiya culture has been established with our management, creation of art is applied, it will not know unless I was on the day.

Residents and artists who Machiya, born or come to the exchange mean any work by day the event, must not be fun.

Maybe I have enjoyed his best.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城下町大遊戯2012は、しっかりしたものを企画したいです。

 アートイベントですが、奇をてらったような企画はありません。

 新町・古町の歴史と、アーティストがきちんと向き合うような、一見地味かもしれませんがしっかりしたイベントを行いたいです。

 この数年で分かってきた事は、価値のある企画には時間と手間がかかるという事。

 ホップステップという風にはいきません。

 アーティストが作品を制作するにしても、時間はかかります。

 インスタントに出来上がっていく大量の作品もありますが、個人的にはうんざりしています。

 アイデア、着想が斬新で、インスタントに制作が早い、というのはある時期からアーティストが早く世に出る為には必要とされてきた条件です。

 でも、感動した事があまりない。関心した事はありますが。

 大遊戯というイベントは、少しでも心が動くようなものにしていきたいと思います。

 まだ未熟で、様々に至らない点ばかりで自分に失望ばかりしているような日々ですが、毎日そういう風に思っています。

 我ながら地味な性格だなと思いますが、信じた道を行くしかないのは昔も今も同じこと。

 どこへ行く道なのかは分かりませんが、熊本が今より少しでも面白くなればいいな。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

城下町大遊戯2012の概要がほぼ決まってきました。いよいよ内容の詰めに入っていきます。

 ブログやSNSの情報が極端に少なくなっている時は、実際に動いている事が多い時です。

 発信すべき情報を、作っている時間です。

 何かをつくるというのは、とても手間がかかるものです。自分一人ではなく、プロジェクトとして動いていくのはいつもの事ながら難しい。

 今回の城下町大遊戯2012に関しましては、櫻井栄一という一アーティストとしては作品を発表しません。

 全体のバランスを見た場合、櫻井という個性はうまくはまりません。アートイベントを運営するというのは、そういう事だと思っています。

 初めから自分の為だけにやっている事ではありません。最初にアートスイッチを始めたのは、アートのスイッチをオン!にする機会をできるだけ作っていくというのが目標でした。

 なので、自分達でアートのイベントを運営していても、各個のアートイベントの特質を見極めていくと、参加していただくアーティストの特性が重要になってきます。

 今回の城下町大遊戯2012の場合、どうしても櫻井という絵描きの特性はマッチしません。

 そのかわり、参加して頂くアーティストは皆ベストマッチです!

 アートイベント運営をアーティストがすると、そういう事が多くなってくるのだと思います。

 自分で運営しながら、自分の特性を見極めていく。絵描きとして自分もこのイベントに何か貢献できないかと思いましたが、できません。

 面白いですね。

 絵描きとして、参加できるイベントを自分の手で作り出していく過程で、自分という個性は使えないという判断を迫られます。

 アーティストとしては初めての経験ですが、オーガナイザーとしては極自然な判断です。

 皆さまのアートスイッチをオンにする為の仕掛けを様々にご用意致しております。

 城下町大遊戯2012の全貌が、いよいよ明らかになっていきます。

 サリュ

If you are extremely limited information on blogs and SNS is often when actually running.

Which is the amount of time to make, the information to be sent.

I make something that is very time consuming process. Rather than by himself, working as a project going is difficult, but that is usual.

2012 Yu-Gi-Oh Nikanshimashite large castle town of this time, as an artist named Eiichi Sakurai is not announcing the work.

If you look at the overall balance, good personality that Sakurai is not true. I think that it operated an art event, and just that.

Is not only for what you are doing your own from the beginning. I started the art switch for the first time, switch on the art! That go to make it as much as possible the opportunity to goal was.

So, the characteristics of the artist even if you run the event of art on their own, when we assess the nature of the art event of parentheses, and asked to participate is important.

If the large castle town of this 2012 play, the characteristics of the artist that Sakurai does not really match.

Instead, artists, get everyone to participate is the best match!

I think that artists and art event management, and that is why they made such a lot.

While operating in their own, will assess the characteristics of their own. I was not able to contribute something to this event yourself as a painter, you can not.

Funny, is not it?

As a painter, will be faced with the decision in the course of creating the event can participate with their own hands, that his personality is not supported.

Is the first experience as an artist, as an organizer is a natural decision.

We will be available at various tricks to turn on the switch of our art.

Full picture of the 2012 play castle is large, we will finally become clear.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

現代のグロッタ様式なのか。

 今ルーブルではデルボイのエクスポジションが開催されているそうです。日本語版のルーブル公式ホームページには、記載がありませんが。

 Wim Delvoye です。

 有名なのは、人間の消化のメカニズムを視覚化した作品と、豚への刺青。あと、人間への刺青を販売した事。死後、コレクターに渡されるそうです。

 ダミアン・ハーストといい、生体への介入が試みられ始めています。生物を作品というコンテキストに収める。

 コンテンポラリーアートですから、それがいい事なのか新しい事なのか、判断は30年位持ち越されるのでしょう。

 デルボイやハーストが受け入れられているのは、グロイものを嗜む伝統がヨーロッパにはあるからでしょうか。

 もちろんグロイだけでなく、最先端のコンテキストもあります。

 死への積極的な介入。

 翻って生への問いかけ。

 日本的だな、最近。

 一時期のコンテンポラリーアートより、俄然面白くなってきた感があります。

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

この一週間で、様々に。

 今回の洪水は、再び自然災害の恐ろしさを思い知らされる事でした。

 子供の時、住んでいた家が床上浸水に遭い、家の周辺をゴムボートで移動している人達を見たことがあります。

 一夜明けて水が引くと嘘だったように川は穏やかでした。濡れた畳や、下水の氾濫した匂いがたちこめて、水害のひどさを子供心に知った経験でした。

 今回も水害に遭われた方々は、大変つらい思いをされている事と思います。

 そういった雨の中、城下町大遊戯の企画で動いておりました。

 デザインの仕事を始めたので合間を縫っての事となり、なかなか思うように話が進みませんがどうやら全体像が見え始めました。

 それはいいとして。

 現在モヒカンポシェットは、パリへ布地の買い付け中ですが、本日帰国予定でしたが電話が入り無理との事。

 理由はシャルルドゴール空港のストライキ!やってくれましたパリジャン!

 メトロでも何でも、ストライキに入ると本当に動きません。

 でも、国際空港では本当にやめて欲しい。それって国際的じゃない。

 ですのでモヒカンポシェット初のストライキ経験で、パリに足止めをされております。ホテルは取れている模様ですのでその点は安心ですが、まさかストライキに遭遇するとは…

 デモ、テロ、暴動ではないのでその点は若干いいのですが…

 海外渡航はまさかがあるので、安心できません。

 サリュ

 This flood was to be reminded of the horrors of natural disasters again.

Have you ever seen the people at the time of children, the house was lived in the eye to inundation above floor level, you are moving around the house in a rubber dinghy.

The river was calm as the water was a lie and draw day out overnight. Experience was a wet mat and hung over, the smell of sewage was flooding, children learned to mind the severity of flood damage.

Meet people was to flood this time, I think that has been a very tough time.

Such in the rain, we are moving in the planning of large play castle town.

Apparently began to see the whole picture and that of the interval it began to sew the design work, but the story does not go quite as you wish.

It is as good.

Mohikanpochette, but it is currently buying fabric to Paris, and that was impossible to enter your scheduled return phone today.

The reason is Charles de Gaulle airport strike! Parisians did really!

Does not work and really go on strike, or anything in the metro.

But, at the international airport really want to quit. What it not international.

Experience in the first strike mohikanpochette, you are stuck in Paris because it is. Rest assured, but that point is a design hotel is balanced, and the encounter is ... No way to strike

That point I'd like a demo slightly, terror, because it is not a riot ...

Because there is No way of overseas travel, can not ease.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

モヒカンポシェットは来週月曜から、パリへ布地の仕入れに行きます。

 月曜から一週間、モヒポシェはパリへ布地の仕入れに行きます。

 帰国後は、恒例になって来ましたセミオーダー会を開催致します。詳しくはモヒカンポシェットのHPからご確認下さい。

 秋口には再び福岡天神イムズにて、展示販売を開催できるよう、話を進めています。

 今回の仕入れは「ツイード」をメインに探してくる予定です。日本ではあまり上質のツイードは小売では手に入りません。

 日本では、ツイードだけでなく良質の布地は小売にはほとんど出ていません。かりに業販で手に入れるなら、キロメーター(!)単位でないと無理です。さすがに一種類の布地を1キロメーター買うというのは、個人のメゾンではリスクがあり過ぎます。

 こういう業販の制度が、個人のメゾン設立という可能性をかなりの部分奪っています。

 熊本がファッション王国として再び浮上する為には、流行りのファッションブランド誘致の水面下で個人のメゾンにトライできる環境を用意するのが早道です。

 何故パリが今もファッションの聖地であるのか。この条件が揃っているからです。個人のメゾンが充実し、その中から一流のメゾンが生まれていきます。誰でも最初はいちチャレンジャーなのです。

 チャレンジしやすい土壌では、まだまだ熊本はないです。でも無理ではありません。

 先ずはやれる事から地道に一歩ずつ進んでいきたいと思います。

 いずれはモヒカンポシェットがパリへ出店できたらと思っています。

 夢で終わるか、実現するか。

 やるか、やらないか、だと思います。

 サリュ

A week from Monday, will go to the purchase of fabric Mohiposhe to Paris.

After returning home, will be held the meeting came to order semi-annual. For more information, please check from HP of Mohican pochette.

To early fall is for IMS at Fukuoka, can be held to exhibit and sell again, we are promoting the story.

Is scheduled to come looking for the main the "tweed" is now stocking. In Japan, high-quality tweed is too much retail will not enter the hand.

In Japan, the retail fabric of good quality is not nearly as well as out of tweed. If you get in the carinii sales industry, is unreasonable and is not a unit kilometers (!). I buy that one kilogram meter fabric of a truly kind, in the Maison there is a risk that is too personal.

Industries such system is commercially available, we took a significant portion of the possibility that the establishment of individual Maison.

Kumamoto to emerge again as the Kingdom of fashion, it can try to provide an environment to attract Maison individual under the hood of the trendy fashion brand is a good way.

Whether it is still Paris fashion why the Holy Land. This condition is already in place. Of individuals to enhance Maison, Maison prestigious born of that will continue. The first is the challenger Ichi Roh anyone.

Easy to challenge in the soil is still not in Kumamoto. But not impossible.

We hope to go one step at a time from that first steady is fuckable.

One has to think when you're opening Pochette Paris mohawk.

Or ending in a dream, or be realized.

What do you think, and it, or do not do.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

熊本城下町大遊戯2012、今少し進行遅れていますが、少しずつ形になってきています。

 城下町大遊戯2012の演劇脚本が出来ております。

 今、新しい環境の中で自分のペースを何とか掴みたいと思っているところで、なかなか前に進みませんがどうにか進めて行こうとしているところです。

 脚本は劇団「市民舞台」の松本眞奈美氏です!

 熊本城下町という条件を最大限に利用した、ここまで正面切った舞台設定もないだろうという大変凄い脚本になっております!

 この演劇を想像しただけでもわくわくするような、そんなお話です。

 去年の町屋アートホームの時もそうでしたが、なかなか頭の中のイメージを伝えるのが難しく、実現には難航しそうですがこれは本当に面白いですよ!

 熊本城下町だからできるアートがあるという、具体的なクリエーションの例の一つになりそうです。

 今、個人的に新しい職に就きまして、仕事を覚えるのに集中しておりますが、ここ1週間位でリズムを建て直したいと思っております。

 いよいよ7月!

 そろそろ動いて行きます。

 サリュ

We can play a large castle town screenplay of the 2012 theater.

Is where you're going at it working somehow think that now, and somehow want to hold your own pace in the new environment, but does not quite go to before.

Mr. Matsumoto Manami screenplay is the "stage" citizen troupe!

The screenplay has become very great that it will not be able to take full advantage of the condition that the Kumamoto castle town, and set off the front stage so far!

Exciting just to imagine this play, is such talk.

This really is an interesting thing was so even when the art home Machiya of last year, to convey the image in my head is quite difficult to achieve is likely to difficulties!

Is likely to be one of the cases that there is a castle town of Kumamoto Art Made Easy, creation of concrete.

We think now, but we have now centralized with a new job personally, to learn the job, and want to rebuild the rhythm at position a week here.

July finally!

We will move soon.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »