« 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 | トップページ | 何かを感じる瞬間を作る為に、アートイベントを企画しています。参加した方の心がどう動くか、それが重要です。 »

2012年7月29日 (日)

自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。

 幾度も原点に立ち返る事。それがNPOアートスイッチが何をしたいか、見失わない為に重要な事です。

 アートが特別なものではなくて、実は日常と同じだという事に気づくきっかけになる。

 アートのスイッチをオンにする。

 その為には、様々な人と会って活動していく必要があります。

 アーティストに多い、人みしりするとか、人と接するのが苦手とか、自分もそうでした。最初。

 誰かに自分の企画を理解してもらって協力してもらうという事はとても難しい事です。同じ会社内でもグル-ププロジェクトを立ち上げるのが難しい経験をした事がある人は多いと思います。

 アートと商業施設や、個人事業者、企業人、医療関係者、宣伝広告、まちづくりの組織、実に様々な人との関わり合いの中からプロジェクトが立ちあがってきます。

 もしかしたら見ている目標はバラバラかもしれません。ですが、アートプロジェクトを通して職種や様々な見えない壁を越えた連携ができる事は実感しています。

 この実感はとても確かで、続けていけば熊本独自のアートシーンが花開くのは間違いありません。

 もっとプロジェクト的な動きが広がれば、あっという間に実現できそうな気がします。アートスイッチ的なNPOがあと10組織もあればいいのではないか。

 今、胸にプロジェクトを秘めている人。誰にでも最初の時はあるものです。恐らく最初の時は自分の無力さを呪うでしょう。最初どころか無力さなら今でも存分に味わっています。ですが、あなたが考えている事に価値があろうがなかろうが、やるべきです。それこそが、あなたがやらなければ誰もやらない「仕事」に他なりません。

 それがお金になろうが、ならなかろうが、やるしかありません。もし諦めてしまうのなら世界は1mmも動きません。やったところで1mmも動かないかもしれない。

 結果を気にして動かないというのなら、それはそれで仕方ありません。行動には危険がつきもので、「全然つまんない、感動もなにもない、失敗だ」と言われる事はアートイベントにとっては死刑宣告にも近い事ですから。

 しかし、アートを生業として生きて行くのには何の資格もいらない訳ですから、あなたがアーティストと名乗れば今日からそうです。実は資格は一つだけあって、上に書いた事をやり続ける人の事を周りが「アーティスト」と言いだすでしょう。オーガナイザーかも知れません。 

 ここで間違いそうになるのは、アートスイッチにとってプロジェクトはグループ展では駄目だという事。あくまで社会性を視野に入れたものでなければ、仲間内のニッチなプチイベントで終わる事でしょう。そういう世界もありますが、NPOアートスイッチはアートと社会の関係性を問うのが目的です。

 自分の小さい殻を破り続ける、色んな事に傷つく事のほうが多いのがアートを生業にする人の人生です。数多くの先人達が自ら絶望で命を絶った業種です。本当なら生業にせず、消費して楽しむ方がいい。断然楽しむのをお勧めします。

 傷つく事を恐れず、他者との関わりを持って、その中でアートには何ができるのか、そういう事を考えて実行できる人が数多くいれば熊本どころか、日本の閉塞感をも打破できる可能性があります。

 道はないし、困難そのものですが、だから可能性がある。

 アートスイッチが今やっている事はほんの小さい事かもしれませんが、熊本のアーティストには重要な事だと思っています。活動のシーンを自分で創造する事。

 来年のプロジェクトは熊本のアートの力を集結して熊本を飛び出す予定。

 サリュ

Can return to the starting point again and again. It is important for what you want to do is  NPO Art Switch, not to lose sight of.

Without art is special, an opportunity will notice that in fact the same as everyday.

To turn on the Art Switch.

You must continue to meet for its activities, and various people.

Often weak or artist, or you will recognize that person, it is in contact with the people, did so, too. First.

Get the cooperation that once you're familiar with the planning of their own to someone is very difficult. I think people that have the experience of launching the project group is difficult and often - even within the same company group.

The project has stood up from within and commercial facilities and Art, a private business, business people, medical personnel, advertising, organization of city planning, with the involvement of various people indeed.

The goal maybe have seen may be falling apart. However, that cooperation can not see beyond the wall and various occupations through art project has been realized.

This feeling is very sure, but its own arts scene flourish Kumamoto If you go there is no doubt continue.

If the spread of more project movements, can be realized very quickly I feel like I will. Do not say it if NPO is also an art organization after the Art Switch 10.

Now people have hidden the project to the chest. Is the first time is for everyone. The first time will probably curse the powerlessness of their own. We tasted the first fully still be far from powerless. However, no matter what value is that you think, should do. That's what, nothing more nor less than a "work" do not do anyone you'll need.

Although it would be money, but would not have if there is only do. The world does not move If it is to be given up if 1mm. May not work well done at 1mm.

If you do not consider it work to care about the result, it can not be helped by it. Behavior is inherent in the risk, it is said to be "boring at all, has nothing, not even touching, but failed" What is art for the event because it is close to a death sentence.

However, going to live as a living art from what is the reason I do not need qualifications, so from today is if you Enemies and artists. Qualification will give is called "artists" is that of people around the only one there, keep going on the fact that I wrote. May be the organizer.

I definitely going to be here, the project is that in a group exhibition called Art for the switch useless. If there is only taking into consideration the social, Petit event will end with a niche in the company. There is also that world, NPO Art Switch it questions the relationship between art and social purposes.

What is life there are more people continue to break the shell that hurt small on their own, many things that make a living art. Industries where a large number of people are broke off his own life in despair. If true living without, and enjoy better consumption. We recommend enjoying by far.

Without fear of hurt, with the relationship with others, the art is in what we can do that, let alone be able to break down in Kumamoto, Japan is also a sense of obstruction if you can perform a number of people thought such a thing You may.

There is not the way, is very difficult, so there is a possibility.

Art that the switch is doing now that might be a small book, I think the artist of Kumamoto and important thing. Can create your own scene of activity.

Next year's project is scheduled to rush out of the Kumamoto in Kumamoto concentrated the power of art.

Saryu

 

 

 

 

|

« 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 | トップページ | 何かを感じる瞬間を作る為に、アートイベントを企画しています。参加した方の心がどう動くか、それが重要です。 »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。:

« 城下町大遊戯2012、最初に紹介する町屋とアーティスト。 | トップページ | 何かを感じる瞬間を作る為に、アートイベントを企画しています。参加した方の心がどう動くか、それが重要です。 »