« 自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012,チラシ第一稿公開! »

2012年8月 4日 (土)

何かを感じる瞬間を作る為に、アートイベントを企画しています。参加した方の心がどう動くか、それが重要です。

 よくある展示で、壁に作品が並べてあるというのがあります。

 普通の展示ですね、常設で名画があるような美術館とか。作品が素晴らしいので、それでも構いませんがああ見えて細心の注意で作品が展示されています。

 カテゴリー別だったり、時系列を意識したり。作品鑑賞するときの全体のリズムを計算したり。

 名作と言われている作品ですら、展示の工夫が重要です。フェルメールの真珠の耳飾りの少女が東京に着ています。巡回で確か、福岡に来ます。

 でも、今イチ見に行く気がしない。この作品は、絵を描こうと思った自分にとってはエポックな作品で世界で一番好きです。万難排しても見に行きたいはずなのに、どうして今イチなのか。

 多分オランダのマウリッツハイスで作品を見たからでしょう。あの場所以上の展示場所は、彼女には望めないのです。

 あの印象を崩したくないから、日本の美術館に来た彼女を見る気にならない。

 もちろん、美術館は作品の展示に対してものすごい配慮をするでしょう。

 でも、そういう事ではないのだな。

 モネの睡蓮の本作が、オランジュリー以外にはありえないように。

 真珠の耳飾りの少女に関しては、この絵の為に建てられた建物ではないにせよ、あのさりげない場所に展示されていた彼女の印象は一生忘れません。向かいにはデルフト眺望がありました。

 作品には、あるべき場所で逢うのが一番心が動きます。海外の名画が日本に来るのは、手軽に観賞できて都合はいいのですがあるべき場所にない収まりの悪さを感じてしまいます。

 今回企画しているアートイベントに関しても、熊本の新町・古町で開催するから心が動くイベントになるはずです。

 そうでなかったら、城下町でやる事に大した意味はありません。この町の歴史と文化を意識するから新しい価値が生まれてくるのです。

 現代に生きている作家に作品を展示してもらうだけでは、何も生まれません。付加して新しく町の歴史を生み出していく意識が重要と考えます。

 アートが町とリンクする瞬間、心が動く瞬間を生み出せないか。

 それは実際に開催してみないと分からない、人だけが起こせる心の化学反応です。

 その瞬間を創造する為に、一瞬の為に、去年の11月から準備しています。

 それでも準備不足の感はあります。いつも何かが足りない気がして、焦燥がじりじりと込み上げてきます。

 自分一人ではできないから、様々な方々に支えられて城下町大遊戯2012は、開催日に向けて少しずつ動いて行きます。

 サリュ

It is a normal exhibition, or where there are paintings in the permanent museum. It works great, work has been exhibited in the visible attention Oh, but it does not matter.

Category or another was, or aware of the time series. Or calculate the rhythm of the whole work when viewing.

It is said that even work a masterpiece, it is important ideas of the exhibition. Vermeer's Girl with a Pearl Earring has been wearing in Tokyo. Sure, in the patrol came to Fukuoka.

But I is not going to see one more. This work for me try to draw a picture and I thought my favorite spots in the world is an epoch in the work. Supposed to eliminate many obstacles even want to go see, what now? Location name.

Would have seen the work in the Mauritshuis in the Netherlands probably. That place is where more than exhibition, she is not hope.

I do not want to destroy the impression that, not bring myself to see her come to the museum in Japan.

Of course, the museum will make tremendous consideration for the exhibition of the work.

However, is it such that he is not.

Is this work of Monet water lily, in addition to the Orangerie as impossible.

Girl with a Pearl Earring is about, if not in the building was built for this picture, her impression had been exhibited in a casual place that does not forget. Opposite there was a view of Delft.

To work, it should have the heart where I meet most will move. You would feel the evil of the fit is not in place should be coming to the masterpiece of Japanese overseas, I hope you can conveniently watch easily.

Should be about the art cardiac event also moves have been planning this event, to be held in Furumachi-Shinmachi from Kumamoto.

If not, meaning that there is no big deal to do in the castle town. New value is coming from born to be aware of the history and culture of this town.

Only get to exhibit the work a writer living in modern times, does not create anything. Consciousness is important to consider the history of the town will produce a new one added.

Art is the moment to link with the town, or do not mind moving Umidase the moment.

Is the chemical reaction of the heart do not know it would not actually try to hold, only those who turn away from the collapsed side possible.

In order to create that moment, for the moment, we have prepared from November of last year.

Feeling of lack of preparation there are things you can do. You always feel something is missing, fret that welled up and inch.

Alone can not be yourself, play a large castle town 2012, we will move little by little towards the Sun is supported by those who held various.

Saryu

|

« 自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012,チラシ第一稿公開! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かを感じる瞬間を作る為に、アートイベントを企画しています。参加した方の心がどう動くか、それが重要です。:

« 自分の殻を破る為に、様々な人に会って、アートの企画を協働でやる事で、見えてくるものがあります。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2012,チラシ第一稿公開! »