« 【熊本城下町大遊戯2012情報!】町屋が演劇の稽古場!演劇を見ながらのコミュニティースペースです。 | トップページ | 【熊本城下町大遊戯2012情報】かね屋での演劇稽古スケジュール! »

2012年8月22日 (水)

熊本市の新町で、口コミとSNSでどれくらいの認知度が上がるかという実験でもあります。「密会」演劇稽古。

 演劇の稽古ですから、普段はあまりストリートみたいなところではやっていない訳です。

 しかし、熊本市新町の町屋「かね屋」の演劇稽古の特徴は、半分ストリートになっているという点です。

 町屋というありかたがそもそも、ストリートを屋内に半分取りこむという形になっています。軒先で商売するというスタイルです。

 そこで演劇の練習をする。半分公共の場所だけれども、私的空間でもある町屋の軒先というのは、とても魅力的です。

 今回、地域住人に理解してもらう為の宣伝活動をしているわけでもなく(実際にはそこまでする余力がないのもありますが、できるしこです)、夜な夜な町屋を開け放って演劇の稽古をしている姿は、なかなかの異空間です。

 地域振興アートの考え方に、地域プラットフォームというのがあります。町とアートが交わる実際の場所をつくるというものです。

 別府ではすでにいくつかのプラットフォームが機能し始めています(まだ未見。今年の混浴温泉世界には行きたいと思っています)が、熊本ではまだだと思います。

 新町三畳美術館は、なんせ三畳ですので総合芸術には向きませんね。

 簡単にいうと、アートがあるたまり場みたいなものでしょうか。日常空間にアートがあるという事です。茶でん飲んでいかんねという場所で作品を見る。そこにある作品の選定とかは、運営側の問題なので一先ず置いておきます。でも、町中にそういう場所があるといいなと単純に思います。熊本市現代美術館は、そういう空間になっています。時間があったら行きますが、最近ご無沙汰…たまには行かねば。

 かね屋はここ最近、ずっと閉まっていて、町とアーティストの為に有効な活用方法はないかとずっと思っていたところでした。

 いい機会です。

 皆さんも、楽しい町屋のあり方を考えてみられてはどうでしょうか。

 町や町屋の未来や価値は、自分達で作っていくものだと思うから。

 サリュ

Practice of theater because it is, I usually mean that in a place that looks like a street does not do much.

However, it is a point of training feature play ya "money" Machiya Shinmachi Kumamoto is that it is on the street half.

Is in the form of Machiya way is to begin with, that the capture half the street indoors. It is a style of doing business in the front of the house.

Practice of theater there. Although it is a public place, half of which is also called eaves Machiya in private space is very attractive.

(There are actually also do not have afford to go that far, you then this can be) without necessarily're an advertising campaign for this, understanding of the resident community, the practice of drama thrown open the Machiya night after night figure that is quite a different space.

Regional development in the concept of art, and a platform for the region. That's what made the actual location of the town and art intersect.

Is (I want to go to this year's Mixed Bathing World. Secluded yet) on some platforms already are beginning to function, in Beppu, I think still in Kumamoto.

Shinmachi Museum Triassic, the comprehensive art is not suitable because it is prepared to deal Triassic.

Simply put, it's like I think there is art hangout. Is that there is an art to the everyday space. I will not go see the work in a place called Den drink tea. I leave aside the selection of the work or there is a problem because of the operation. But I simply think and hope that there is such a place in town. Contemporary Art Museum Kumamoto has become such a space. If you have time go there once in a while ... I must go Gobusata recently.

Ya money he was on the point of the recent past, it is closed all the way, I thought how much more effective use of the town and do not for the artist.

It is a good opportunity.

What about everyone, is seen thinking of Machiya fun way.

Because I think the future and value of Machiya town and is something that we made by ourselves

 

|

« 【熊本城下町大遊戯2012情報!】町屋が演劇の稽古場!演劇を見ながらのコミュニティースペースです。 | トップページ | 【熊本城下町大遊戯2012情報】かね屋での演劇稽古スケジュール! »

熊本城下町大遊戯 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本市の新町で、口コミとSNSでどれくらいの認知度が上がるかという実験でもあります。「密会」演劇稽古。:

« 【熊本城下町大遊戯2012情報!】町屋が演劇の稽古場!演劇を見ながらのコミュニティースペースです。 | トップページ | 【熊本城下町大遊戯2012情報】かね屋での演劇稽古スケジュール! »