« 【熊本城下町大遊戯2012情報】本日終了!たった2日間のアートイベント、見逃したらヤバイ!今日はさらに新しいイベントを投入予定!雅楽!昨日は音楽が足りなかった! | トップページ | 次の展開は。 »

2012年10月 3日 (水)

熊本城下町大遊戯2012、という問いは。

 先週末は足元が悪い中、新町・古町にお越し頂き誠にありがとうございました。

 アートイベントというのはあまり感想等を頂けないので、皆さまにどう届いたのか分かりませんが2日目は盛況でほっとしております。

 昨年11月から準備を始め、約1年かけてアートイベントは終了致しました。

 今回は今でも現役の町屋の一部をお借りして、アーティストに作品を展示して頂きました。町屋のオーナーの方々との話合いや、アーティストとの対話、クリエーションをどうしていくのかなどの調整がありました。

 くまもと21ファンドの助成事業ですので、それ関係の手続きやプレゼンがありました。

 新町・古町の町屋をアピールする為には、どういう全体のスタイルがいいのかという企画立案がありました。今回は町屋を巡って、河上彦斎の密会に参加する演劇という形に落ち着きました。

 どれもこれも、初めてやる事ばかりでした。

 イベント当日以外の今回の最大の収穫は、かね屋という町屋を公開スタジオ化して、演劇の稽古場として開放した事と、蔵の部分でアーティスト イン レジデンスのひな形みたいな事が出来た事ではないでしょうか。熊本市現代美術館主催の、九州アート全員集合展の懇親会という、偶然にも素敵な会が開催された事も重要です。

 こんな足元に、凄い財産がある。やりようによっては、どこにもない、新しい価値が生まれる。まだうまく活用できたとは言い難いですが、種を植えた気がします。

 町の潜在能力を探し、使ってみる事で、新たな価値が生まれました。

 熊本城下町大遊戯というのは、答えではなくて問いなんです。

 一見答えに見えてしまうかもしれませんが、町の持つ魅力って何?という問いです。だから、この形が絶対でもありませんし、多分もっといい形の何かはあります。

 アートスイッチはこう思うという、問い。

 答えは様々にあるでしょう。一番今回、聞こえてきた答えは「町屋に住みたい」でした。住みたい人が、こんなにいるのに、毎月のように解体現場を目にします。壊すのは1日でできますが、人が住んだ歴史はそう簡単には作れません。

 今できるのは、新町・古町の町屋の魅力は何だろうという問いを、発していくことだけです。

 全力で城下町で遊んでしまいました。

 来年は?というご質問を多数うけました。去年も、うけました。

 どうなるのでしょうか。

 毎年限界までやりきるので、来年の事は正直分かりませんが、去年と違う点はすでにビジョンがみえ始めている事でしょうか。

 複合アートイベントの、全体のイメージを描くに至っても実行面という高いハードルがあります。微々たるものですが作品の制作費を捻出する仕掛けも要ります。

 熊本ローカルアートシーンへ挑戦は続きます。

 さらに次は、福岡天神が新しい挑戦の舞台になる予定です。

 サリュ

Feet in a bad weekend Thank you for visiting Furumachi-Shinmachi.

The art event that does not offer much feedback, etc., the second day has been hot in the success I do not know what everyone arrived.

Start preparing for since last November, art event was ended over approximately one year.

I borrow some of the Machiya still active, but this time I was asked to exhibit the work to the artist. There was adjustments, such as how do I go and talk with the people of the owner of Machiya, interact with the artists, the Creation.

21 because it is subsidized fund Kumamoto, there was a presentation of the relationship between it and the procedure.

There was planning in order to appeal to Machiya-Shinmachi Furumachi, what that whole style of what to do. I settled on a form of theater that over the Machiya, to participate in the assignation of Kawakami Gensai this time.

Again, this was only done for the first time that any.

The biggest benefit of this other than the day of the event, it is not that it allows you to into the studio expose the Machiya that ya money, was opened as a rehearsal of the play, is that like a model of artist-in-residence at the part of the internal I think. It is also important organized by the Contemporary Art Museum Kumamoto, and social gatherings of all Art Exhibition set Kyushu, nice meeting was held as it happens.

At the feet like this, there is a great property. By way of doing is not anywhere, the birth of a new value. Was able to make good use but still hard to say, I feel that I have planted the seeds.

Find the potential of the town, by try to use, the new value was born.

The large play castle town of Kumamoto is not a question, not the answer.

It might at first glance would seem to answer, What charm of town? It is a question of. So I do not have any absolute this form, I have something better perhaps in the form.

Art switch is that I think this way, question.

There will be many different answers. Best answer this time, he heard was "I want to live in Machiya". People want to live, to have so, I want to order the demolition sites every month. You can break in a day, history can not hold people lived so easily.

You can now appeal of Machiya-Shinmachi Furumachi only thing we originated, and what would be the question.

I was playing in the castle in full force.

Next year? I have received a number of questions. Last year, I have received.

How it what will.

The spear of cut to the limit every year, that next year I do not know honestly, except that unlike last year, I think that the vision I have already begun to appear.

There is a high hurdle even running surface leads to draw art composite event, the entire image. Even need mechanism to subsidize the cost of production of the work but is insignificant.

Kumamoto continues to challenge local art scene.

The following is expected to Fukuoka Tenjin is the stage of new challenges and further.

Saryu

 

 

|

« 【熊本城下町大遊戯2012情報】本日終了!たった2日間のアートイベント、見逃したらヤバイ!今日はさらに新しいイベントを投入予定!雅楽!昨日は音楽が足りなかった! | トップページ | 次の展開は。 »

熊本城下町大遊戯 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城下町大遊戯2012、という問いは。:

« 【熊本城下町大遊戯2012情報】本日終了!たった2日間のアートイベント、見逃したらヤバイ!今日はさらに新しいイベントを投入予定!雅楽!昨日は音楽が足りなかった! | トップページ | 次の展開は。 »