« 次の展開は。 | トップページ | またもやゼロからのスタート。 »

2012年10月 5日 (金)

プロかアマチュアかという議論は、アートには持ち込めない。

 生業で経済的に自立している人が、おそらくプロの定義でしょう。

 趣味でやっているのがアマチュアと言われる人達でしょうか。

 そんな事は、どっちでもいいでしょう。

 優れたクリエーションを提案するのに、経済活動の基盤で語るなんていつ時代だよと言いたい。

 お金を稼ぐという実体経済を、アーティストを見る時の基準にする事は、馬鹿げた事だという事位、もう分かってもいいのではないかそろそろ。

 アーティストの作品だったり提案を、自分で判断して優れているか、どうでもいいか観客が「自分」で判断すればいい事です。そこにアーティストの稼ぎが何かの基準になるなんて、その時点で観客としての質が、ブーメランのように問われる訳です。

 アーティストにプロも何もないもんです。作品で稼げる?良かったね、位のものです。今稼げていても、必ず歴史に淘汰されたものしか後世には残りません。

 自分にとって本質的な問題を、ただひたすら掘り下げる事ができる人を、アーティストと呼ぶのではないか。もしかしたら、自分のエクスキューズが一生世間のニーズと合わないアーティストもいるでしょう。歴史上から見たら、そちらの方が圧倒的に多い。

 なら、その人達のエクスキューズが無駄だったのかと言えばわざわざゴッホの例なんて持ち出さなくても分かるものです。

 そういう人々を許容して、生きやすい場所こそがこれからの都市に求められます。なぜなら、そういう「人」が、可能性そのものだからです。未来への可能性を担保する事ができるか。

 まぁ、難しいですね。アートと口に出した瞬間から、話ができなくなる事もしばしばです。

 越えていくしかありません。

 莫大な時間と経済活動の浪費の中からしか、良いクリエーションは生み出せません。

 サリュ

People who are economically self-sustaining livelihood is probably probably the definition of professional.

I would say that people have been doing as a hobby is amateur.

Such a thing, I would do whichever.

It's the age when I want to say to propose the creation excellent, I said at the base of the economic activity.

That on the basis of time to look at the artist, the real economy that make money, it's about time that place that was ridiculous, I do not even know anymore good.

It is should I judge "their" audience that you have to judge for yourself better, was the work of an artist or suggestions, do not matter. Is a translation of the artist I buy something there it is a measure of the quality of a crowd is like a boomerang question at that point.

Could I have nothing to be professional artists. Earn in the works? It was good, it is not ranked. I will not remain to posterity only thing even if they earn now, history always has been culled.

Do you not call an artist, a person who can be just plain dig into, the essential problem for me. Maybe, I will excuse some artists that do not fit with the needs of the public life of their own. History viewed from above, the vast majority of people there.

If that is what you can see an example of Van Gogh I bring up all the way without speaking excuses for people that do and it was in vain.

Allowing people like that, you will be prompted to the city of the future is what places to live. Because, "people" is such because it is the very possibility. Are you able to guarantee the possibility of the future.

Well, it is difficult. It is often also from the moment you say art and will not be able to talk.

Not only go beyond.

Only from within the enormous waste of time and economic activity, not Umidaseru good creation.

Saryu

 

|

« 次の展開は。 | トップページ | またもやゼロからのスタート。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロかアマチュアかという議論は、アートには持ち込めない。:

« 次の展開は。 | トップページ | またもやゼロからのスタート。 »