« アートイベントご紹介。kmacさん主催イベントと、アートホーリーメンの展示です。 | トップページ | 今取り組んでいる企画、久々に画像をアップ。 »

2012年10月25日 (木)

自分が専門としている領域から、繋がりたい人の領域に半歩入ってみる。相手にも同じ事をしてもらう。あれ、新しいクリエーションて、恋の始まりみたいなもんか。

 人と人が専門領域で半歩ずつ繋がっていくこと。

 これが、簡単なようで難しいのです。

 頑張って、自分の専門分野で地歩を固めてきた方々は、なかなか門戸を開いてはくれません。

 経済的に好況時は、という条件が付きますが。

 今はどうなのでしょうか。

 熊本。

 県別平均収入、47都道府県中44位。

 これまでどうにか企業誘致で頑張ってきた、セミコン関係も、相次ぐ工場の統廃合で見る影もありません。農業が強いからと、一部の熊本大手宣伝広告会社は、大阪や首都圏に熊本の農産物を紹介する戦略を5年程前から行っています。

 しかし、経験がなく農業でいきなりやれるかというと、難しい。現に熊本は他県に出荷できる位農産物はあるのに県別の平均収入との%テージでどうなっているのかは分かりませんが、今後も劇的に農業を、今流行りのクラスター化しても収入が上がるとは考えにくい。

 以前、熊本市現代美術館で開催された「創造都市を考える」の中での、とある大学教授の提案の中に「熊本のファッション産業をクラスター化して…」みたいな発言がありましたが、メゾンの本拠地でもない、セレクトショップとアンテナショップしかない熊本で、ファッションをどうクラスター展開するのか具体的に教えて頂きたかったです。

 例えば、この間開催されたアートナビアガーデンでの野乃島学園の展開なら、クラスター化の可能性はあると思います。

 今の産業界の波が、ちょっと前のクラスターブームから、イノベーションへシフトしていく気持ちも分からないではないですが、企業トップが全員ジョブスになれるわけではないのですから、イノベーションの事を勉強してもなかなか難しいと思います。

 今、可能性があるとしたら、今持っている経験と技術を、異分野の人達との関わりの中で変化させていく事でしょう。

 そして、それに対応して業界をイノベーションしていくのはアメリカならベンチャー企業なのでしょうが、日本では根付かなかった。ベンチャーキャピタルというのは幻だった訳です。

 一見アートNPOとは何の関係もない話をしているように見えますが、おおありです。

 ジョブスを、ただインターネット産業を加速させた一起業家としてみるか、世界の構造を一変した(あきらかにパラダイムシフトした)アーティストとして見るかで見方が大きく変わります。

 アメリカにおけるベンチャーのありかたは、アートというもののとらえ方が日本とは根底から違うからなのではと思います。アートは産業の一分野ではなくて、宗教、主義、と同じ概念です。

 人間世界の主義や宗教が行き詰る可能性があり、それに変わる発想の転換としての概念として扱われるのではないか。美術館に収められている収蔵品は、芸術家達が考えた新たな概念としての表層を形にしたものだから、価値があるのです。もっと価値があるのは、作品に意図された概念はどういうものかと理解してみる事。今は必要なくても、100年後の誰かが必要かもしれない。

 メトロポリタン美術館は、Macの初号機みたいな奴を、早く収蔵品にしたほうがいい。もうしてたりして。

 ベンチャーの本質は、産業界にも上記のような新しい概念が出てくれば、イノベーションが起こるということを、キャピタル側が理解しているという事です。

 まさに現代のパトロンとアーティストの関係が、変化して見て取れます。

 今新しい公共として注目される日本のNPOをとりまく環境が、日本型のベンチャー企業に見えてなりません。

 社会構造が大きく変化して行く中、それに対応する為には様々な多様で流動的な動きが必要で、まさに今NPOに求められているのはそこなのです。

 特にアートNPOには、多様性というものが最初から備わっています。どこと何をするかで、アウトプットの可能性は多種多様なものになるでしょう。

 そういう企画や事業を起こす為には、わくわくしなくてはいけない。

 突然何をと思うかもしれませんが、これが一番重要なのです。

 最初に書いた、恋に似ているという部分が最初になければ、結局やり遂げられないと思います、最後まで。

 イノベーションのきっかけは、どんな事でも最初にわくわくしたか?とい事に尽きるかもしれませんね。

 だいぶ語り足りませんが、おいおい。

 サリュ

People and people that will lead by half step in specialized areas.

It's difficult this is, it seems simple.

People who work hard, we have get a foothold in your area of ​​expertise, open the door is not quite me.

But with the proviso that, when the economic boom.

What about it now.

Kumamoto.

# 44 in average income by prefecture, in 47 prefectures.

There is no luck in attracting business has been managed up to now, the relationship Semicon, a shadow seen in the consolidation of plant succession. Because agriculture is strong, Kumamoto major advertising company, some have gone from about five years ago to introduce the strategy of agricultural products in Osaka and Kumamoto metropolitan area.

However, you can do and say suddenly no experience in agriculture, it is difficult. I do not know what is or has become a percentage Farmhouse with average income of different Kumamoto Prefecture to some agricultural products place that can be shipped to other prefectures in fact, he is also a clustered fashion now, agriculture dramatically in the future income goes up, I think it is difficult.

There was a statement in the in the previous, was held at the Contemporary Art Museum Kumamoto "Thinking about the creative city", the proposal of professor phrase like "... and then cluster the fashion industry" Kumamoto, Maison no home to, there is only antenna shop in Kumamoto and select shop, I wanted to tell me specifically how to deploy a cluster fashion.

For example, if you think the expansion of the school in the art field 乃島 na beer garden, which was held during this time, the possibility of clustered there.

Wave of industry today, from the cluster boom before, but not beyond comprehension feelings will continue to shift to innovation Hey, top company because I have not yet accustomed to Jobs all, I have to study that of innovation I think also difficult.

You now, that there is a possibility, it would be going to change in relationship with people from different fields, the experience and technology have now.

What a business venture and there, go to the industry innovation in response to the United States if it is, I did not take root in Japan. The reason was that venture capital is an illusion.

Art and NPO may seem at first glance nothing to do with the story, some Oh.

Try as one entrepreneur was simply to accelerate the Internet industry, the Jobs, the view has changed a lot over the Do you want to see (the paradigm shift obviously) as an artist who changed the structure of the world.

Role of venture in the United States, I think that the perception of what art is in Japan is because of such fundamentally different. Rather than in the field of industry, religious art is the same concept, and principle.

There is a possibility that the world's human and religious principle impasse, does it not be treated as the concept of a paradigm shift that changes to it. Collections that are housed in the museum, because that was the shape of the surface is considered as a new concept artists,'s worth. I'll try to understand it's worth more, the concept for which it was intended to work with that somehow. Even if you do not need, but now may need someone 100 years.

Metropolitan Museum of Art, the better to the early collections, a guy like the first aircraft of the Mac is good. Or I have to anymore.

Nature of the venture, is that I understand is the capital, and that the new concept as described above even if the industry comes out, that innovation happen.

Relationship between artist and patron of modern, changing just seen.

Environment surrounding the Japanese NPO that is now attracting attention as a new public does not appear to be Japanese-style venture companies.

While we will greatly change the social structure, in order to respond to it requires a variety of diverse and fluid movement, being asked to NPO right now is that there is.

To Art NPO are those that are equipped with diversity, especially from the beginning. Where and on what you will be something of a wide variety of potential output.

In order to cause such a plan or project, I have to get excited.

And what might be thought suddenly, I am the most important this is.

I think I wrote the first if not the first, is the part that is similar to the love, and not carry out the end, until the end.

Opportunity for innovation, was excited at the beginning or even anything? May be exhausted in gutters thing.

I do not talk much enough, brother.

Saryu

 

 

|

« アートイベントご紹介。kmacさん主催イベントと、アートホーリーメンの展示です。 | トップページ | 今取り組んでいる企画、久々に画像をアップ。 »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分が専門としている領域から、繋がりたい人の領域に半歩入ってみる。相手にも同じ事をしてもらう。あれ、新しいクリエーションて、恋の始まりみたいなもんか。:

« アートイベントご紹介。kmacさん主催イベントと、アートホーリーメンの展示です。 | トップページ | 今取り組んでいる企画、久々に画像をアップ。 »