« 五美人図について。 | トップページ | 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! »

2012年12月11日 (火)

アート話、様々な。

 12月9日(日)、偶然新町三畳美術館にアーティストのアートホーリーメンと、美術史家の小倉正史さんがおみえになり、半日程様々にアートの話をしました。

 偶然とはいえ、この三人だと普段は熊本ではあまりできないアートのハードコアな話が、それはもうたくさん出てきます。
 アートホーリーメンは以前に比べて、自分の作品世界に対する自己理解が進んでおり、現代日本のアートシーンのテクストで自分の作品世界の、構築における完成度がものすごく高まっています。
 日本のポップカルチャーとアートのテクストから、ホーリーマン世界はどう読み解かれるべきか、アーティスト自身から説明されると以前から知っている作品が新たな深度で迫ってきます。
 今回、アートホーリーメンの油画が新たに新町三畳美術館に収蔵されました。三畳美術館収蔵作品展をいつかできたらいいなと考えております。
 小倉正史さんに作品を見て頂いたのですが、日本のテクストでは描いていないねと言われて凄いなと感動しました。パステル画の作品は、数点しか手元になかったので、次は他の作品も是非約束通り見て頂きたいです。
 ところで、アートの話をしていると、アートプロジェクトのとあるリーダー達がかなりの割合で「左だから」という情報が入ってきますよね、皆さん。
 日本のアートシーンにおける政治的なテクストを、勉強不足で良く分かっていないのですが、こういう話しでは日米安保闘争後の政治的な人の流れを分かっていないとアートプロジェクトにおけるプロジェクトのビジョンを読み間違うのかもしれません。うすうすは分かっていたのですが、今後もうすうす分かっていればいいのかなと思います。
 ここ40年位は左傾化が進んできたのでしょうが、小泉政権が日本の社会の階級を変えて民主党政治はその路線で何も変更していないので、左的なイデオロギーが空洞化して弱者が弱者を叩く世界が顕在化してきています。
 こうなると、一気に右傾化するのがこの世の常で自民党の憲法改正草案の暗澹たる右傾化は(別に右が悪いと言っているのではなく、権力者による右への舵取りは結局権力の補強の方便になるだけでしょう)、民意の表れなのか別の真意があるのかこの足りない頭では理解できません。
 左右という考え方でアートのテキストを捉える事に、どんな意味があるのか、あまり真剣に考えた事がなかったのですが何か良い論文等なかろうか。
 この話は分からないまま書くと、ひどい事になりそうなのでここでやめます。
 来年は東京で個展をしようと思い、ホーリーメンに相談中。
 決まり次第ここでご報告を。
 サリュ
Come to see art and Holy Men of artists, art historian Mr. Masashi Ogura museum Shinmachi Triassic (Sun), December 9, by chance, was the story of art in various half schedule.
Said by chance, usually in Kumamoto story hardcore art that can not be much, but it came out a lot more and this three man.
Than in the past, art Holy Men self-understanding to the world their work is progressing, and has been growing tremendously mature world his work, in the construction of texts in contemporary Japanese art scene.
Work which is previously known from texts of Japanese pop culture and art, how the world should be decipher Holy Man, is described from the artists themselves looming new depths.
This time, Holy Men oil painting art is housed in a new museum Shinmachi Triassic. I believe that the hope that I could someday the museum collection exhibition Triassic.
I was impressed I who have seen your work to Mr. Masashi Ogura, and amazing, it is said in the text of Japan is not drawn. Pastel work, so there was no point in hand only a number, I want you to look at the next I miss the other works as promised.
By the way, you're talking about the art, certain leaders of the art project information "because it left" a significant percentage of incoming, everyone.
I do not know well at the lack of study, the text of governments in the Japanese art scene, in speaking such it is to read the vision of the project in an art project and do not know the flow of people's political post-conflict Japan-US security Maybe wrong. I think I had vaguely know is, and I wonder if you know a good inkling future.
Place 40 years here into left-leaning, but would've progressed, politics Democratic Party does not have to change anything in that route Koizumi administration to change the class of Japanese society, the weak weak ideological left by the hollowing hitting the world is becoming increasingly apparent.
When this happens, you drift to the right at once instead of saying that conservative swing gloomy draft constitutional amendment of the Liberal Democratic Party right is bad separately (in the way of the world, the steering to the right by those in power is expedient reinforcement of power eventually I can not understand this in the head missing whether there is another true meaning will only be in), or a manifestation of public opinion.
Is it any good papers or not that the idea of ​​capturing the text of the art in the left and right, whether there is any sense, I had never really seriously considered.
I stop here and write without knowing, this story is a going to be a terrible thing.
Next year I am going to an exhibition in Tokyo, in consultation to Holy Men.
Your report as soon as it is decided here.
Saryu

|

« 五美人図について。 | トップページ | 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アート話、様々な。:

« 五美人図について。 | トップページ | 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! »