« 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! | トップページ | 熊本市中央区新町の町屋「かね屋」の新予定。 »

2012年12月17日 (月)

来年に向けての活動の抱負。

 今年は熊本城下町大遊戯を筆頭に、様々なアートの展開をしてきました。

 
 特に5月以降は、大遊戯に掛かりきりになってしまい、自分の作品制作とのバランスを欠いた展開になってしまった事は否めません。
 
 大遊戯が終わってからは、kmacさん主催の松本充明さんのシタール演奏を「かね屋」という熊本市中央区新町の町屋で開催しました。その後、演劇「アルビレオ特急」の稽古場として、白木聖子さんのダンスクリエーション&ダンス公演開催場所として、活用してきました。来年から年明け早々、再び白木さんのクリエーションの場として稼働する予定となっています。
 かね屋という町屋を、クリエーションできる場にイメージ転換していきたいと思ったのは、別府のプラットフォーム事業を知ってからです。かね屋がある!そう思い、何とか事例を作っています。今後もどう展開するのか分からない事業です。お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 年末に入ってからは、「新しい公共」のシンポジウムにNPOの代表理事としてパネリストという立場から話す機会を頂きました。企業や行政では拾いきれない社会的な課題を解決していく為に、NPOには何ができるのか、どうしていけばいいのか。協働でできる事は何か。答えはどこにもなく、自分たちで解決していかねばならない問題が山積しています。
 アートという切り口からできる事は何か。
 企業や行政は、専門分野においては計り知れない力を持っています。その分野においては追随を許さないでしょう。しかし、現実では専門分野ばかりでは解決できない事や、利益に繋がらない事が多く見受けられるようになってきました。どうすればいいか。既存の力をデザインし直すしかない。「リデザイン」する。
 図らずも、今年の初頭に熊本市企画課のチャレンジ協働事業「創造都市を考える」の時に考えた「医療とアート」というのが、まさにこの「リデザイン」に該当していました。QOL(クオリティーオブライフ)生活の質の向上が世界保健機構から宣言されていますが、現状の医療現場ではそれどこではありません。毎年変更される診療報酬の中身や、その変化についていけない地方の医療行政の問題の前には曖昧なQOLの定義は見送られるのが現実です。そこにアートやアーティストが何ができるのかという問いを設定してみました。
 これは答えではなく、あくまで問いです。これから実践して現実と格闘しながら答えを求めていかなくてはなりません。
 そういった様々な事を考える中、ある程度の収入的な足場を固める為、デザイナーとしてとある場所で昼は働いています。イラレやフォトショを使うウェブ関係の仕事です。
 今後も限られた時間で、NPO、モヒカンポシェット営業、昼の仕事、作品制作などを行っていきます。
 来年はより多く作品制作に時間を費やしたいと思っていますが、これも頑張らんとどうなる事か分かりません。予定としては初めての東京での展示を考えています。
 と言いながら、来年頭から一人、絵画を教える事になりました。これもどうなるかはまだ分かりませんが年頭に初レッスンが始まります。最近は積極的な募集はしていませんが、条件があえばどなたでもどうぞ。
 次々に新しいフェーズが出現しますが、一度に全てを望むパステル画家ですから、どれもきちんとこなしていきたいです。
 あ、来年はアートスイッチ バスツアー 2ndがあるのだった!年明け早々騒々しくなりそうです。
 サリュ
 
Led by large play castle Kumamoto, I've been the development of a variety of art this year.
Since May, I will not deny that they spend all one's time to play large, has become unbalanced deployment of production and his work in particular.
Large play from the end, was held in Kumamoto Chuo Machiya Shinmachi called "ya money" playing sitar Akira Matsumoto sponsored by charging Mr. kmac. Later, as a rehearsal of "express Albireo" theater, as a venue for dance performances and dance's creation Seiko Shiraki, we have been utilized. We have become early next year, and plans to run again as a place of plain wood from next year's creation.
I thought I would like to convert the image to a place that can be creation, the Machiya that money ya, I know the business from the platform of Beppu. There are a lot of money! I think so, I have managed to make a case. It is a business that does not know how to expand in the future. Please feel free to contact us.
Since the beginning of the end of the year, I have been given the opportunity to speak from the standpoint of the symposium panelists as representative director of NPO of "new public". In order to solve the social issues that can not be picked up by companies and government, what can I do good should we do if the NPO. Something that can be done in cooperation. Where the answer is no, the problem must be found to resolve themselves are abound.
Something that can be done from a cut of art.
Companies and government, have the power in the area of ​​expertise is immeasurable. In the field will not unrivaled. However, and it can not be solved by just expertise, it does not lead to profits has become a reality, as often seen. How do I do I do. Only have to re-design the existing force. To "re-design".
Accidentally, I thought of that at the time of the "creative city thinking" industry cooperation 働事 challenge of Kumamoto City Planning Division in the early part of this year, "Art and medicine" has been applicable to "re-design" exactly this. Improvement of quality of life (quality of life) has been declared from the World Health Organization QOL, where it is not in the medical field of the status quo. Before the problem of local health administration and keep up the contents of the medical fees are subject to change every year, with the change of definition of QOL is ambiguous Miokura is reality. I tried to set the question of whether what is art and artists can be there.
Not the answer, this is the only question. Not seek the answers to practice while wrestling with reality now I will not.
While a variety of such thinking, in order to gain a foothold a certain level of income, during the day I work as a designer in some place. Is the work of web to use and Fotosho Irare.
For a limited time in the future, I will do NPO, Mohawk pochette business, work during the day, and work production.
But next year I want to spend time creating more work, I do not know what will happen if it does not work hard too. As planned I'm thinking of the first exhibition in Tokyo.
She said, and one person from the beginning of next year, I was going to teach drawing and painting. New Year begins on the first lesson, but I still do not know what happens too. Although not the aggressive recruitment recently, please anyone if I meet the conditions.
Although the new phase appear one after the other, because it is a pastel artist wishing them all at once, I'd like to keep on top of any properly.
Oh, next year there was a bus tour art switch 2nd! Is likely to be noisy early next year.
Saryu

|

« 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! | トップページ | 熊本市中央区新町の町屋「かね屋」の新予定。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年に向けての活動の抱負。:

« 熊本市現代美術館、熊本アートパレードに出展してきました! | トップページ | 熊本市中央区新町の町屋「かね屋」の新予定。 »