« 熊本未来創造フォーラムinくまもと森都心5Fプラザホール、29日(木)http://kuma-miraisozo.info/pg17.htmlにパネリストとして参加致します。 | トップページ | 四神「朱雀」五美人図、制作中。 »

2012年12月 3日 (月)

コクリコ坂から

 ~を見た、というのが園子温監督の作品ばかりだったり、トロールハンターだったりしますが、今回はコクリコ坂から。

 この映画の決め手は「古い物を大事にしないで、未来なんてあるか」というセリフに集約されています。

 ドラマツルギー自体は、昭和ですね、という感じなのですが、全体の感じからいって耳をすませばと対になっているのかな?と思いました。

 あれは、市営団地が原風景という世代の映画でした。

 コクリコ坂からは、高度経済成長まっただ中をファンタジーにしてみせたという感じでしょうか。劇中では明治の建物が「古いもの」として扱われ、取り壊しの予定になるという話からスタート。

 新町に住んでいると、みにつまされる思いがします。

 そして、劇中で最も重要なのは、古いものを取り壊そうとしている人を「感動」させて心を動かすというシーンではないでしょうか。

 やはり、心を動かさないと、人は理屈では動きません。

 まちづくりの活動の肝は実にここで、誰かの感動を創造する仕掛けを考えなければいけないと思います。

 今日は「くまフェス」にアートホーリーメンと出かけるという、何というかある意味ファンタジックな一日でした。

 様々な動きがあり、まちはどんどん変化していきます。

 熊本は今後どんなまちになっていくのでしょうか。

 サリュ

|

« 熊本未来創造フォーラムinくまもと森都心5Fプラザホール、29日(木)http://kuma-miraisozo.info/pg17.htmlにパネリストとして参加致します。 | トップページ | 四神「朱雀」五美人図、制作中。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コクリコ坂から:

« 熊本未来創造フォーラムinくまもと森都心5Fプラザホール、29日(木)http://kuma-miraisozo.info/pg17.htmlにパネリストとして参加致します。 | トップページ | 四神「朱雀」五美人図、制作中。 »