« 【かね屋最新情報!】アニマルエイジ Animal Age 展の詳細です。 | トップページ | サブカルチャーという誤解。 »

2013年1月 6日 (日)

日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン

 このブロブでは珍しく、アーティスト紹介で今回紹介するのは、アートホーリーメンです。

 この正月、アートホーリーメンと会う機会に恵まれ、アートとは何ぞや、日本美術とはなんぞやなどを密度高く話しあいました。一度は美術史家の小倉正史さんを交えて3人で半日話したりしました。
 アートホーリーメンが描く「ホーリーマン」の世界を、アートとか日本美術というテクストで読み解くときに、彼の立ち位置はどこなのだという問いから今回の話が始まります。
 テクストで読み解くという行為自体が非常にアートの考え方なのですが、この「アート」というテクストとは無関係な「日本美術」というものが、現代に存在するのかという疑問から答えを導き出すと、どこに行くことになるのか、熊本では。
 そう、アニメイトとメロンブックスです。
 ここまで技術的に高度なレディメイドの、完全娯楽な創作物が氾濫し、しかも経済的にちゃんと回っている場所は「アート」のテクストの範疇における場所、例えば美術館やギャラリーではありえません。
 村上隆以降、この現象を避けては通れないのに、地方ではあまり語られる事がない。
 何故かというと、現在進行形の現代アートというテクストを熊本というローカルにいて正確に精度が高く理解しているアーティストが皆無だからです。どこを見回しても、美術館とアニメイトを本気でうろつくアーティストはいません、学芸員も多分いません。膨大なアニメや漫画を見ずして、pixivやカオスラウンジが一時的に何をしようとしたのか理解できるはずがありません。しかしその昔、村上隆や会田誠はそういう事に敏感な若きアーティストだったはずです。今や、コインの裏と表の役割ですが。
 熊本にいて、日本美術と西欧アートのテクストに本気で挑んでいるのはアートホーリーメン以外にはいません。
 日本のアニメがジャパニメーションとか戯けた名称(今はクールジャパン)で呼ばれる以前から、自然に漫画、アニメの恩恵に浴していたアートホーリーメンですが、アートというテクストを前にした時に科学反応が起こります。
 自分が今表現したいものは、一体何と呼べばいいのか。
 アートか、漫画か、何か。
 娯楽か?何か意味がある事なのか?
 そう。
 まさに、問いがない場所に問いを見出し、答え無き場所に答えを見出す。人生の時間の大半をその事に注ぎ込み、結果と責任を全て一人で抱え込む。
 正真正銘の端正なアーティストの姿がここにあります。
 ここら先、もっと重要なアートホーリーメンの宣言があるのですが、もっと詳しくテキストを書かないとおいそれと書けない内容ですのでまたの機会に。
 サリュ
In this blob is rare, this time to introduce artists in the introduction is an art Holy Men.
This New Year, a chance to meet with Art Holy Men, were talking with each other what each and high density, and shall find, and the Japanese art is art. Was once a half-day or three people talk sprinkled with Mr. Masashi Ogura art historian.
This story begins when the art in the text of Holy Men can decipher the Japanese art or art, the world of "Holy Man" drawing, his standing position is that It's a question of where.
Very act of deciphering in the text, but is a concept of art very much, and derive the answer from the question and the text of "art" is something called "Japanese Art" irrelevant, that what exists in the modern world, where it goes I would it, in Kumamoto.
Yes, animate and Meronbukkusu.
Place in the scope of the text of "art" is a ready-made place technologically advanced, creative entertainment stuff full flood so far, are turning to properly and economically, there can be no example in museums and galleries.
Takashi Murakami and later, but is not impassable to avoid this phenomenon, in rural areas have never been told much.
Why say, artists who understand exactly high accuracy of Kumamoto texts that are in the local contemporary art progressive because I am currently free. For everywhere we look around, we do not really hang around artists animate the museum and, maybe even not have a curator. Should not be without seeing a huge anime and manga, you can understand what chaos and lounge pixiv or tried to temporarily. Once upon a time, Takashi Murakami and Makoto Aida is was supposed to be sensitive to things like that but young artists. Now, it is the role of the ins and outs of the coin.
There is no other than the Holy Men art but in Kumamoto, does are really challenged to the text of Japanese art and Western art.
Previously referred to in (Cool Japan now) is Art Holy Men that have been benefited from manga, anime naturally name Japanese animation was jest or Japanimation, the chemical reaction when you before the text of art happen.
is what you want to express now, I Jove what on earth do we.
Or art, or comic, something.
Or entertainment? Is it such that there is something meaningful?
So.
Indeed, there is no question where to find the question, I found the answer to the location with no answer. Poured into that thing most of the time of life, saddled with all the responsibility alone and results.
Here is a neat appearance of genuine artists.
I have a declaration to which hereabouts, Holy Men of Art, more importantly, to chance so I can not write what you do not write a text Oisoreto more details.
Saryu
 

|

« 【かね屋最新情報!】アニマルエイジ Animal Age 展の詳細です。 | トップページ | サブカルチャーという誤解。 »

アーティスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン:

« 【かね屋最新情報!】アニマルエイジ Animal Age 展の詳細です。 | トップページ | サブカルチャーという誤解。 »