« 日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン | トップページ | サブカルチャーという誤解②。 »

2013年1月 6日 (日)

サブカルチャーという誤解。

 今、サブカルチャー、もしくはステレオタイプにオタク文化として捉えられている、漫画やアニメの世界があります。

 アートファンには既知ですが、村上隆というアーティストが、この日本独自のカルチャーを欧米の「アート」という文脈から読み解き、成果を上げました。
 一部のサブカルファンからこの事で、誤解なのだか真実なのだか分りませんが、「オタクカルチャー」を利用してお金を儲けているという風に捉えられて嫌われている現状があります。
 単純に考えると、世界のアートシーンにオタクカルチャーが、アートというテクストで一定の位置を得た事は喜ばしい事のはずです。
 しかし、現状ではサブカルファンの人たちから、村上隆のムーブメントは理解を得られていませんし、今後もないような気がします。村上隆が提唱した「スーパーフラット」も、アニメイトやメロンブックスに自活する人々には届きません。
 都市圏ではこういう議論は、アーティストが寄れば話題になるかも知れませんが、熊本にいてアートに携わっていても全く耳にしません。
 サブカルが持つ、地方でも影響力を失わないでいられる原動力は何なのか。その辺も、アート関連の方は既に分析済みでしょう。
 究極の消費システムへの順応です。つまり、作品のオリジナル性は内容によってのみ価値があり、媒体自体は既製品、コピー、ダウンロードなど何でもいいしそういう既製品へ代価を払う事が当たり前の世界が出来上がっているという事です。既製品(大量のコピー)に価値がきちんと認められるならば、これ以上の波及効果があるシステムは考えられません。表現の世界で。
 これは、物凄い事で、実は。自閉だ何だと言われようが、そういうカルチャーが機能している事を大人へなりたくない幼児性の現れだとか言う事はできますが、表現に対してここまで経済が回っている世界って何なんのだろうと思います。
 そこへ来ると、現代アートの世界では困ってしまいはしないか。同じ思想はアメリカでポップアートがやり尽くしているし、新しいアートの概念何かは今の日本のサブカルから出てきません。
 そこでのスーパーフラットなのでしょう。全てを巻き込んでテキストを構築した村上隆の分析と行
動力と腕力は端倪すべきものがあります。
 また今の日本美術とは何ぞやを書きそびれた。
 サリュ
Now, there are seen as cultural stereotypes or geek subculture, the world of manga and anime.
It is known to the art fans, the artist Takashi Murakami, decipher from the context of the "art" of Western culture of this unique to Japan, was successful.
There is a situation that at this thing from a subculture some fans, I do not know if the truth or It's a misunderstanding, hated caught wind that they make money by using the "otaku culture".
In the simplest analysis, that the geek culture, to give a certain position in the text of art in the world art scene that is supposed to be joyous.
However, people in fan subculture, it does not have to gain the understanding of the movement Takashi Murakami, at present I feel like I will not in the future. Takashi Murakami is also "super flat" as proposed, does not reach the people who make a livelihood to animate and Meronbukkusu.
In urban areas this kind of discussion, might become the subject of the artist says, I do not hear at all even if they are involved in art in Kumamoto.
What is the driving force that is has not lost its influence subculture has, even in rural areas. That side as well, who would be related art already been analyzed.
It is the adaptation of the system to the ultimate consumer. That is, the original of the work is worth only by the content, it will pay to such a ready-made world for granted is that the medium itself has Dekiaga~tsu do anything good off-the-shelf, copy, and downloads. If the value is recognized properly in off-the-shelf (a copy of the mass), a system that has more ripple effect is not considered. In the world of representation.
By terrible, this is, in fact. What would it autism would be said, although you can say or it appeared of infants would not want to adult that culture like that is working, I Tsu world economy is turning up here for an expression I wonder what Te and what I think.
When there come to you or not is embarrassed in the world of contemporary art. Pop Art is the same thought I have exhausted doing in the United States, the concept of something does not come out of the new art subculture in Japan today.
It is probably the super flat there. Takashi Murakami and line analysis of the text was constructed involving all
Power and physical strength has something to Tangei.
Ya missed what was written each and now also of Japanese art.
Saryu
 

|

« 日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン | トップページ | サブカルチャーという誤解②。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サブカルチャーという誤解。:

« 日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン | トップページ | サブカルチャーという誤解②。 »