« ピナ・バウシュ 夢の教室 | トップページ | ゆっくりと。でも止まらずに。 »

2013年1月31日 (木)

使われなかった帰りの切符。

 熊本電鉄、通称きくち電車「きく電」と今でも呼ばれて地元民の普段の足として、運行しています。
 その昔、きく電始発駅の藤崎宮前駅に、女の子が往復切符を持って立っていました。
 何かの病気の診察の為に、病院に行くのだと聞きました。
 すぐに帰って来れるからねと。
 彼女は診察を受けた後、「家族に迷惑をかけるから、しばらくここにいた方がいい」と言われて留まりました。
 一生。
 使われることがなかった片道切符。
 それが「らい予防法」
 ハンセン病隔離政策。
 きく電の1車両を貸しきって、このレクチャーはスタートしました。
 菊池恵楓園へのハンセン病患者隔離は、すでにこの藤崎宮駅前から始まっています。
 帰り道がないきく電乗車の気持ちを少しでも感じて欲しいという、かなりの意気込みのレクチャーでした。冒頭のエピソードを聞いた時、初めて乗ったきく電という事も相まって、何とも言いがたい感情が湧きます。
 菊池恵楓園に着きます。
 無らい県運動。
 全国の都道府県のらい病患者を、官民一体で摘発…「摘発」…療養所へ送り込む運動です。
 明治大正から昭和初期にかけて、謎の病気だったらい病患者を隔離療養するという考え方は、理解できます。
 昭和22年にはプロミンという特効薬が日本にも入ってきて、ほとんど感染力もない事も分かってきます。
 菌は完全に治癒しても、体に後遺症が残ってしまう場合があります。
 驚くべき事にこの隔離政策が完全に廃止されるのは、小泉政権の時、平成に入ってからでした。
 60年以上隔離政策を続けた日本という国。
 どんな国にも過ちはあります。
 本当の過ちは、その過去を記憶の彼方へ葬り去ってしまうことです。
 恵楓園入所者の平均年齢は81歳。
 隔離政策の記憶は風化の一途をたどっています。
 色々読んで、記録では知っていましたが、実際に触れると実感が違います。
 この遺産をどう残し、後世に伝えていくことが出来るでしょうか。簡単には伝えきれない事です。
 時間もあまりないでしょう。
 真剣に考えなければいけませんが、熊本でこのようなことが行われていた事が、あまりにも知られていない事に愕然とします、自分を含めて。
 熊本市現代美術館ではずいぶん前から「ひかりの絵画展」として、恵楓園の絵画クラブの活動をフォローされています。
 文化事業と連携して企画して波及していくのが、理想的だと思います。
 菊池恵楓園には、歴史資料室が新しく設営されました。是非一度行かれてみて下さい。
 サリュ
 Usually the locals as legs, I have now run also called Kumamoto Electric Railway, "and hear electric train" aka Kikuchi.
Once upon a time, the starting station to station Hijisakigumae electric heard, the girl was standing with a round-trip ticket.
I asked for some kind of examination of the disease, and would go to the hospital.
Because I come back soon.
It is said that she was only after receiving a consultation, "because a nuisance to the family, who was here for a while is good".
Life.
One-way ticket was never used.
"Leprosy Prevention Law," it is
Leprosy isolation policy.
To cut one of the electric vehicle lend heard, this lecture was started.
Isolated leper to the Garden Maple Megumi Kikuchi, Fujisaki this temple from the front of the station has begun already.
Was the lecture of enthusiasm that I want you to feel even a little feeling of riding electric heard there is no way back, considerable. When I heard the beginning of the episode, coupled with the fact that for the first time I rode electric heard, feelings hard to say anything is springing.
I arrived at the park maple Megumi Kikuchi.
Free movement らい province.
Is fed to the sanatorium movement ... "caught" ... caught in public and private sectors together, the leprosy patients of the prefecture of the country.
Concept from the Meiji and Taisho and early Showa, that medical quarantine leprosy patients was sick of the mystery can be understood.
Has also been found that the silver bullet that promine The 1947 also comes in Japan, almost no infectivity.
bacteria might be completely healed, leaving the body sequelae.
This isolation policy is being abolished altogether surprisingly, when the Koizumi administration, I have since the beginning of 2010.
Japan as a country was continued isolation policy for more than 60 years.
Mistake is also in any country.
The real mistake is that they bury the memory of its past to the other side.
The average age of residents is 81 years old Megumi maple garden.
Storage isolation policy has steadily weathering.
Various different feeling reading recording, but you know, and actually touch.
Do you will be able to leave a legacy if this will convey to posterity. It is easy to tell that can not.
Probably not much time.
You must seriously think, be appalled to be that such a thing has been done in Kumamoto is not known too, I include myself.
As "painting exhibition of light" from a long time ago, in the Contemporary Art Museum Kumamoto is to follow the activities of the club maple garden paintings grace.
I think is going to spread the project in conjunction with cultural activities, and is ideal.
Megumi Kikuchi maple in the garden, historical data room has been newly set up. Try to be at once by all means go.
Saryu

|

« ピナ・バウシュ 夢の教室 | トップページ | ゆっくりと。でも止まらずに。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使われなかった帰りの切符。:

« ピナ・バウシュ 夢の教室 | トップページ | ゆっくりと。でも止まらずに。 »