« あらためまして、NPOアートスイッチは、アサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワークに参加します。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、今回は大津~久木野~高森を巡ります。 »

2013年2月15日 (金)

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ、これはいい本です。
 他の人の書評とか読んでみました、久しぶりに。
 荒唐無稽とか、色々書かれていましたが、どうしてこの本を読んで天皇制の話が出てこないのか少し不思議でした。
 普段日本人は天皇制という壮大なファンタジーの中で生活しているのに、それをダウンスケールしてコメディータッチで描いた作品を認める、認めないもないと思います。 
 天皇制自体が壮大な荒唐無稽で、それを保ってきた日本人の本質とは何だろうという答えをひとつ提示してきたという意外性に打たれました。
 こういう事を書くと、すぐ右だ左だとなる訳ですが、これはそういう区分けで書きたくなかったので豊臣家を引っ張り出してきたのかなと思います。
 「保守」なんですね、まさに。この本の本質は。
 「保守」というのは言うまでもなく、人の営みの中にある伝統、しきたり、儀式、という共通認識を民族の中で共有することです。
 この共有認識の規模の違いを法制度化したのが、都道府県制であり、国家だと、そういう当たり前のことをこういう風に書かないと「保守」が立ち現れない時代なのかと気付かされます。
 神道の本質がこの本の中にあります。
 これは普段生きていても、なかなか認識できない日本人の無意識に織り込まれたものです。
 大阪国の本質は、国、民族という「保守」の根幹のみでした。自分たちは豊臣家の末裔を守る、同じ国の人間であるという事のみ。
 ここに清清しさを感じました。とてもシンプルです。
 と同時に現人神という存在を選んできた、民族の総意(日本のエートスとでも言うのか)が同一共同体に属する事、それ自体喜びであるという一事に尽きることを浮かび上がらせてもいます。
 さらに言うなら、日本の中にさらに別のプチ天皇制を組み込むことで今書いてきた近代日本人の「保守」性に、大阪国というクラックを入れてみるという斬新な試みが行われています。
 この試みは、松平という人物が代表して引き受けていますが、父親が大阪国人だったという結末で深くは追求されず終わってしまいますが、大変面白い問いだったことは間違いありません。
 というか、多分、標準的な日本人であるならこの試みに答えを出せるはずがないと思います。
 出したところで、多分とってつけたような結論になってしまうでしょうね。
 一読をお勧め。
 ところで熊本にも熊本国が…
 サリュ
 Princess Toyotomi, this is a good book.
I tried to read book reviews or other people, for the first time in a long time.
Or absurd, variously has been written, I was wondering whether the little story of the Emperor system こ out why not read this book.
I think that the Japanese usually to acknowledge the work has been living in fantasy ambitious emperor system, drawn by comedic scale it down, or else not permitted.
It was struck by the unexpected nature of the Japanese people in a magnificent absurdity, it has maintained the emperor system itself is one that has been presented that would be what the answer.
I think there is reason to be writing such things, and I left it right now, I wonder if this is've pulled out the Toyotomi family did not want to write in such a division.
It is what "maintenance", exactly. The essence of this book.
The "Maintenance" is, of course, it is to share a common understanding among ethnic traditions found in the life of people, tradition, and ritual.
It is reminded of was institutionalized law the difference between the size of the recognition this share is the system state, and whether an era in which the "Maintenance" If you do not take do not appear up to the wind such that if a nation, natural way.
There is in this book is the essence of Shinto.
This is what has been woven into the unconscious of the Japanese even if they usually live, can not be recognized easily.
The essence of the country Osaka was only country basis, "Maintenance" of the nation. Can only protect themselves descendants of the Toyotomi family, it is said to be a man of the same country.
I feel Sugasugashi here. It is very simple.
I'm also highlights that all comes down to one thing that you have chosen the existence of a living god at the same time, (or say and even ethos of Japan) consensus of the nation belongs to the community the same, that is a joy in itself.
Say further, attempt novel in nature "maintenance" of Modern Japanese we have written now by incorporating the emperor system Petite yet another in Japan, and I put the crack of country Osaka has been carried out.
This attempt, although undertake on behalf of a person named Matsudaira, but ended up not being pursued in depth in the end that it was his father Osaka foreigners, there is no doubt that was a very interesting question.
I mean I think, perhaps, that there is no attempt should put out the answer to this if the Japanese standard.
Now that you put out, you might result in conclusions probably haphazard.
Recommended reading.
By the way the country is also in Kumamoto in Kumamoto ...
Saryu

|

« あらためまして、NPOアートスイッチは、アサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワークに参加します。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、今回は大津~久木野~高森を巡ります。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンセス トヨトミ:

« あらためまして、NPOアートスイッチは、アサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワークに参加します。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、今回は大津~久木野~高森を巡ります。 »