« 1998年。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、参加者が増えてきました。 »

2013年2月 7日 (木)

AAFの選考結果が、アートスイッチの今年の動きを決めるでしょう。

今年から来年にかけての動きを占うのは、もうすぐ選考が始まるアサヒアートフェスタの参加が決まるかどうかです。
 決まったら、もうけた!位の気持ちでいます。
 最近NPOの動きに関しては、平常心のようなものが出てきました。どういう状況であろうと、一歩ずつ進んでいくしかないですから。気負い込んでも、だらけても駄目で、淡々と進めていくのがいいようです。
 AAFが決まれば、熊本城下町大遊戯2013を企画します。
 決まらなかった場合は、開催規模は小さくなるでしょう。
 そのときは何をしようかと。
 今年はあまり先のことを、細かく考えないようにしました。
 NPOとしての企画は、もしかしたら来年凄く大きい企画を立てることになりそうな「流れ」を感じます。
 こういうときは、経験上ジタバタせず、「流れ」を見極めたほうがいいです。
 前と違って今は仕事の「流れ」が半年スパンだったりするので、すぐにアレコレ動くよりも待つ時間が出てきたりします。
 この待つは、先日ブログで書いた待つではありません。人と人、組織と組織間の意識のすり合わせ期間と書いた方がまぎらわしくないかも知れません。
 お互いの立場の人が、ある案件を話し合って組織に持ち帰り、検討しあって結論に至るというやりとりは、企画営業の仕事の方には極当たり前のことでしょうが、この一連の流れを体で覚えたのは最近のことです。
 アートの企画であっても、他の組織と協働で動いていくときは、何ら一般企業とかわるところはありません。
 なるべくお互いにストレスフリーで、行きたいですね。
 今年NPOの動きが少なくなった場合は自然、櫻井栄一としての活動にウェートが移ることになります。
 今段取りをしているNPOの企画が全部決まれば、それどころではない騒ぎになるのは確実ですが、多分来年になる企画があるはずです。
 これでAAFに選考されなかった場合は、今年のNPOの企画はあまりないという感じになります。自発的に動く企画は、といった意味です。
 何か企画が持ち込まれれば、その都度対応といういう形になります。この間のかね屋での「アニマルエイジ」のような場合です。
 
 
 今年は年末に東京で個展を開催したいので、その準備に取り掛かりたいと思います。それまでにS100号サイズのパステル画をあと3点制作したいと思っていて、1200時間くらいでどうにかならないかと考えているところです。もう2月なので、頑張らないといけませんね。
 サリュ
For predicting the movement of over the next year from this year, participation in the selection Asahi Art Festival begins soon determined is whether.
Determined, I fathered! I have a feeling of place.
With respect to the movement of the NPO is like a normal heart came out recently. No matter what the situation, because it is not only go one step at a time. Go into pursuing a useless even eager, even lazy, indifferent I seem good.
AAF is determined, organized a large play castle Kumamoto last year 2013.
If you have not decided, will be held in a small scale.
At that time, and what I try to do.
I tried not to think of fine things, too far ahead this year.
Planning as NPO, feel are likely to be making a very big project next year maybe the "flow".
When such, better to assess the "flow", struggling not let on you is a good experience.
Now the "flow" of job or even a span of six months because unlike before, the time to wait than Melia move immediately or I come out.
This wait, I'm not waiting wrote in a blog the other day. I do not know who wrote the approximation of the consciousness and the period between people, between the organization and the organization may not ambiguity.
Exchange people stand each other's, bring back to the organization to discuss the projects there, leading to the conclusion that mutual consideration, towards the work of the business plan, but would be a matter of course very, remembered in the body the flow of this series was is that recent.
Even in the planning of art, when we work in cooperation with other organizations, where there is no change with any general business.
In the stress-free as possible to each other, I want to go.
So that if you have less movement of the weight is transferred to the activity this year NPO nature, as Eiichi Sakurai.
NPO is planning certainty that all the arrangements now Once you have decided, is of much ado is not far from it, there should be a plan to be probably next year.
Will feel when it is not in this selection to AAF, the planning for this year is that not much of NPO. Means, such as, planning to move spontaneously.
If planning brought something to say that will shape corresponding case-by-case basis. It is a case of "Animal Age" of money in the shop the other day.
I think this year we want to hold a solo exhibition in Tokyo at the end of the year, I want to begin their preparation. I think that is where I would want to create three more pastel point of size No. S100 so far, and I will not somehow in about 1200 hours. Since February already, do not do not work hard.
Saryu

|

« 1998年。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、参加者が増えてきました。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AAFの選考結果が、アートスイッチの今年の動きを決めるでしょう。:

« 1998年。 | トップページ | アートスイッチバスツアー2nd、参加者が増えてきました。 »