« 町屋の可能性について。 | トップページ | AAFの選考結果が、アートスイッチの今年の動きを決めるでしょう。 »

2013年2月 6日 (水)

1998年。

 1998年、熊本でアートの活動を始めたときには、熊本のアートシーンの絶望的な何もなさに「一生うだつが上がらなくても、熊本でやり続ける」と勝手に気負いこんでいました。
 どこで作品を発表しようかと、周りを見渡したときに、熊本での発表の場の基本的な主戦場は画廊喫茶でした。
 
 よく考えもせず、何度か画廊喫茶で作品を展示したことがありますが、作風なのか気質なのか、収まりが悪くてここでの発表はやめてしまいました。
 今でもそうだと思いますが、ヒエラルキーがあるし。
 ~絵画会の~長とか、エライ人が一杯いました。
 こういう世界が、熊本でのアートの最大派閥かと理解したときに、自然に距離を置きました。
 誰かに師事を仰ぐことも、無理。個人的な気質なのでどうしようもありません。
 九州産業大学の芸術学部にいたときも、一人だけ浮いてたそうです。最近当時の友達と話していて、そういう風に言われてビックリしました。「やる気がなさそうだった」と。
 才能はなくても、やる気と覚悟だけはあったのにと思っていたら、「技術の習得に無関心だった」と。
 それは今も結構同じだと思い、苦笑いでした。
 当時いた学科は、総合造形でした。現代アートに対応した学科で、表現の領域を横断するという考え方に、初めて出会いました。絵画、彫刻、建築、音楽、その他諸々を横断していくのだと。
 1994年当時、世界が突然全く違うものに書き換わりました。
 90年代前半、熊本県立熊本西高等学校の美術部にいました。学校の図書館には現代アートの「げ」の字もない程、古典的な本しかありませんでした。アートの情報環境の貧困さは、今となっては笑い話です。
 18歳にして、初めて知った、印象に残っていること。
 現代アートという、アート史。デュシャンからミニマルに至る流れ。
 インスタレーション
 ドクメンタ、ヤン・フート(この影響は大きい)
 クリスト(スケールの大きさに)
 インターネット(出回り始め)
 など。
 この時期、大学4年間を通じて、ほとんど何の「技術」も身につけませんでした。
 技術より、1994年当時の世界や日本で起こっているアートの事象とは何なのかを正確に掴みたかった。本当に、福岡でもまとまった情報がなくて、困りました。
 大学4年間を費やして、何をしていたかといえば、70年代までのアートの流れをひたすら追っていました。だいたいルネサンスから始めて、建築や音楽、様々に、興味のおもむくまま何でもかんでも詰め込んでいた気がします。
 本来課題とかをやる時間も、適当に片付けてとにかく図書館通い、みたいな生活では周りの学生から「やる気ない」生徒に見えてもしょうがなかったでしょう。現代アートを知れば知るほど、これから世に出てアーティストと名乗った時に武器になるのは、現代に至るまでのアートのテキストと、それを踏まえたうえで自分の頭で考えるという訓練だと考えるようになりました。
 特にクリストに興味が至ったとき、アートというものが自分が想像していたものと明らかに違うことを、はっきりと悟りました。思考闘争なのだと。
 この一連の、膨大な無駄な時間(当時自分ではそう思っていました)が、15年経った今では無駄ではなかった。
 4年間で頭が現代アートでパンパンになった頃、本屋の雑誌コーナーでフェルメールの「真珠の耳飾の少女」と「再会」します。この絵は昔から知っていました。
 何度も書いてきましたが、衝撃が胸を貫きました。
 絵だろ。
 これからアーティストとして心中するなら、絵とだ。
 それしかない。
 大学4年の卒業制作の作品は、光を使ったインスタレーションを半年かけて予定していましたが100号のパステル画に変更しました。
 当然、周りはびっくりしました。3年以上絵を描いてない状況でしたから。
 技術もなにもなく、闇雲に描いただけの絵でしたが、熊本で初個展したときに売れました。3万円程度でしたが、驚きました。初めて会った人でした。
 もうあの絵はどこにいったのかは分かりません。
 1998年から、自分である程度納得いく絵が描けるようになるまで4年掛かりました。技術の習得を、大学卒業して自力でやりました。パステル画の描き方なんて学校ではまともに教えてくれません。アカデミックな世界では、洋画は今でも油至上主義ですから。画材差別があるのです。
 どうでもいい事ですが。
 1998年から10年位は、全く何もない中を手探りでやってきました。
 最近やっと、熊本にもアートの表現場所というか、極小のアートシーンが見え隠れし始めています。
 これを生かすも殺すも自分次第、自分たちでやるしかない。
 待っていても何も起こらないのだから。
 サリュ
Was crowded eager freely to the name "Udatsu life even if not increase, keep doing in Kumamoto" nothing desperate art scene in Kumamoto when in 1998, began working in the art in Kumamoto said.
When and where I will publish the work, looked around, it was the main battlefield Tea Gallery announcement basic field in Kumamoto.
It may heedlessly, exhibited work in several gallery cafe, or a disposition or a style, I've quit the announcement of fit here is bad.
I think so still, then there is a hierarchy.
Of the Board or to long-painting, were full of great people.
When the world is like this, or was understood largest faction of the art in Kumamoto, I was naturally at a distance.
And the people who call each other a teacher - and I thought I would not hit it off maybe a lifetime. Also seek studied with someone, impossible. What I'm trying to, so there is no personal temperament.
When we are in the Faculty of Arts of Kyushu Sangyo University, I am the only one who seems to have floated Te. I was talking recently with a friend at the time, I was surprised to be told that way. "It was unlikely to be motivated."
I thought even without talent, but only prepared and motivated and there was, I was "indifferent to the acquisition of technology".
I think it is still quite the same, I was a bitter smile.
Department who was at that time, was a comprehensive modeling. The Department of the idea that correspond to contemporary art, and to cross the area of ​​expression, I met for the first time. And I would go to different countries across the painting, sculpture, architecture, music, and more.
I've rewritten to those at the time in 1994, the world suddenly completely different.
The first half of the 1990s, I was part of the school, such as art Nishitaka Kumamoto Kumamoto Prefecture. In the school library is not about the character of "bending" of contemporary art, there was only the classic book. The poverty of the information environment of art, but now is a joke.
That remains at the age of 18, I learned for the first time, the impression.
Of contemporary art, art history. Leading to minimal flow from Duchamp.
Installation
(This effect is large) Documenta, Yang Foot
(The magnitude of the scale) Christo
Internet (started around)
Such.
During this period, through four years of university, was not wearing any "technology" almost nothing.
I wanted to more accurately grasp technology and art events going on in the world at the time, and Japan in 1994 to what. Indeed, if there is no information that was organized in Fukuoka, I was at a loss.
Speaking spent four years of university, what I had been, I was earnestly follow the flow of the art until the 1970s. I feel that starting from the Renaissance For the most part, architecture and music, in various ways, had packed everything I would be interested dictates.
Was not ginger would have time to do the task or the original, even when they appear in the library returnable life, just like the "no motivation" from students around the students put away properly. So that I think becomes a weapon when the more we know about contemporary art, identified himself with artists out into the world now, and it training text and art down to the present, and think for yourself on that based on it made.
When you came to Christ especially interested in, I realized clearly that clearly different to that thing called art he had imagined. It's a struggle and thinking.
I was not in vain by now that this series of (in those days I thought so myself) a huge waste of time, 15 years later.
When I became head overflowing with contemporary art over the past four years, the "reunion" and "Girl with pearl earrings" Vermeer's magazine in the corner of the bookstore. This picture has been known for a long time.
Has been written many times, I was shock through the chest.
Probably picture.
They commit suicide together now as an artist, it's a picture.
No choice.
I was changed to No. 100 pastel works of a four-year college graduation, had been scheduled to spend six months with a light installation.
Of course, was surprised around. Because I was a situation that does not draw more than three years.
Technology without anything, it was the only picture I drew blindly, I was sold when you first solo exhibition in Kumamoto. It was about 30,000 yen, it was surprised. I was the one who met for the first time.
I do not know where that picture is what is already gone.
I took four years from 1998, a picture of convincing yourself to some extent until it can draw. I did it on their own after graduating from college, to learn the technology. At school I will not tell us how to draw a decent pastel. In the academic world, because Western supremacy is still oil. I have art supplies discrimination.
Although it is a good thing anyhow.
Place 10 years, came in fumbling in nothing at all since 1998.
Finally, place or rather the representation of art, minimal art scene is starting to glimpses I also recently Kumamoto.
Not up to you, only do kill themselves as well take advantage of it as well.
Because I do not happen anything waiting.
Saryu
 

|

« 町屋の可能性について。 | トップページ | AAFの選考結果が、アートスイッチの今年の動きを決めるでしょう。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1998年。:

« 町屋の可能性について。 | トップページ | AAFの選考結果が、アートスイッチの今年の動きを決めるでしょう。 »