« 【最新イベント情報!!!】アートスイッチバスツアー2ndの詳細です!!!お早目の予約をお勧めします! | トップページ | 1998年。 »

2013年2月 5日 (火)

町屋の可能性について。

 熊本市の歴史地区、新町・古町には職住一体型の建物「町屋」が400軒程存在します。

 西南戦争で焼け野原になり、その後再建された為、最も古いものでも築130年です。
 歴史的建造物としては、中途半端に古い。
 そこがとてもいい。
 これが先祖代々300年の建物であれば、おそらく古式ゆかしい建築物を頑張って残してきましたという風情で、何かの歴史的な遺産として登録とかされるのでしょう。
 でも、熊本の町屋はそうではない。
 時代が近代化していくにつれて、使いやすいようにどんどん工夫なり変化が施されていて、そこに住んでいた人の息吹を確かに感じられるのです。
 私が住んでいる町屋も築100年ですが、風呂は自動です。トイレも洋式、キッチンも使いやすいように改築してありました。これが熊本の町屋のいいところです。
 今、その町屋が朽ちていこうとしています。
 朽ちて行く美しさもあります。だいぶマニアックですが。
 その朽ちていこうとしている町屋「かね屋」で現代アートの展示、アニマルエイジが開催されました。
 これがどういう事なのか、今はまだよく分かりません。
 熊本において、現代アートの「状況」は全くないに等しいからです。批評どころか、展示場所や表現する場所もありません。
 その中で、今回の展示は、何かが始まる予感を濃厚に秘めています。
 今回アニマルエイジに参加されたアーティストは、かね屋の可能性に気付かれたのではないでしょうか。言い換えれば町屋の可能性に。
 今後、どうかね屋でクリエーションが行われるかは全く未知数です。
 以後の予定も入っていませんし、無理やり何か予定を入れる事もしません。
 かね屋は皆さんの創造的な活動をただ、静かに待っています。
 そこには無限の可能性があります。
 サリュ
Historical center of the city of Kumamoto, Furumachi-Shinmachi the "Machiya" building integrated housing job exists about 400 hotels.
In order to be burned in the Satsuma Rebellion, was rebuilt then, is also the oldest built 130 years.
As a historic building, the old half-assed.
There is very nice.
If this is the building of the 300-year-ancestral, taste it has left in luck delightful traditional buildings probably will be registered as a historical heritage or something.
But this is not the case Machiya in Kumamoto.
As we age the modernization, changes have been made will be more and more ideas to make it as easy to use, it's certainly feel the breath of the people who lived there.
It is also 100 years old Machiya where I live, is automatic bath. Had been renovated to be easy to use Western, toilets and kitchens. This is the best thing about Machiya in Kumamoto.
Now, Machiya that I'm trying to go rot.
There is also a beauty go rot. It is a lot maniac.
Exhibition of contemporary art in the store "Kaneya" Machiya trying to take its decay, animal age was held.
This is what it means, but now I am not sure yet.
In Kumamoto, it is because equal "status" of contemporary art in no. There is no let alone criticism, exhibition place or a place to express.
Among them, the exhibition has been hidden in a thick feeling that something begins.
Artists who participated in this animal age, what was not aware of the possibility of Kaneya. In other words, the possibility of Machiya.
Future, or if the creation is done in the shop bell is totally unknown.
It does not contain any plans after, I do not even plan to put something by force.
But the creative activities of everyone, ya money is waiting quietly.
There are endless possibilities there.
Saryu
 

|

« 【最新イベント情報!!!】アートスイッチバスツアー2ndの詳細です!!!お早目の予約をお勧めします! | トップページ | 1998年。 »

かね屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町屋の可能性について。:

« 【最新イベント情報!!!】アートスイッチバスツアー2ndの詳細です!!!お早目の予約をお勧めします! | トップページ | 1998年。 »