« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

会田誠展「天才でごめんなさい」の個人的な感想。

 この前東京に行ったとき、会田誠「天才でごめんなさい」展を見てきました。
 びっくりしますよね、あの展示は!
 この20年の日本美術のと言うより、「日本の間隙」をほとんど全て埋める作業をしている。
 手法が便宜上現代アートなのであって、本当はルポライターとかコラムニストのような才能の持ち主なのではないでしょうか、と思う位日本の深層を表面化させていますね。
 うまい表現が見つかりませんが、ART GONZO というのがしっくりきました。しかし、そもそもアートに客観的なジャーナリズムなどないので会田誠氏がアートの文脈にGONZO的なものを突っ込んできた、というのが個人的な感想です。
 昔GON!という雑誌があって、インターネット前夜のとんでもない内容のものだったのですが(多分今なら発禁)、そういう匂いがします。そういう感覚で現代アートを使っているという。残念なことに、その雑誌を今でもほとんど保管している自分がいます。
 で、ちょっと色々ネットで見ていたら、この展示に石丸元章氏の屍派が絡んでいるのを知って心の深いところで納得しました。ガスボーイズも愛聴版だし、ピョンヤンハイが出たときは、周囲に勧めまくった記憶があります。
 90年代半ばの音楽業界でハイロウズやコーネリアスが「ロック」というジャンルを「選んだ」ような感覚で、表現の手法として現代アートを「選んだ」感覚がすごいクールな感じがしています。そう、あくまで選択肢のひとつとして「選んだ」感というのはこの20年のジャンル横断的な活動をしている人には共通して感じられるものがあります。
 ロックやアートは生まれる前から存在していて、「選ぶ」しか選択肢は最初からないのですが、仮に何か完全なオリジナルのものが生まれるのだとしたらそれはアートとは呼ばれないでしょうね。個人的にはジャンルを「選ぶ」ときの鮮やかさが感動を呼びます。 
 この20年の個人的に気になった事柄とリンクし過ぎていて、面白過ぎました。日本美術の文脈で作品が作られているから、美術方面から解釈するとこうなるのかという興味も尽きないものがあります。犬シリーズとか、ちょうどGON!でダルマとかが取り上げられた時期とリンクするんじゃないかなぁ。今や「十三人の刺客」で娯楽としてダルマの映像が提供されている恐ろしい時代ですが…
 あくまで個人的な感想ですが、「懐かしい」という気持ちがとても強かったです。
 会田誠という人が、個人的な動機で取り上げてきたモチーフが、そのまま日本を裏から照射した歴史になっていて、あぁ~凄いけど確かに世界とか欧米とかいう舞台では日本過ぎて理解不能かもしれないなぁと思いました。だからこそ、日本の美術界に会田誠という存在が出てきたことは物凄い幸運かも知れません。
 そして多分、段々世相の事に興味を無くしていき、会田誠という美術家が何かのモチーフを(やっぱり女性かな~)を描き続けるという段になって、もう一回、回顧展が行われるとかになるのでしょうか。
 現代アートという表現のテクストを鮮やかに選び取った会田誠氏ですが、現代性というものから個人にとっての普遍性みたいなものに移行していくのか、あくまで現代性というスキャンダラスさを含めた場所にい続けるのか、全くもって目が離せない美術家です。
 以上が個人的な感想です。美術史家ではないので随分的を外しているんじゃないかとも思いますが、凄い展示だと思いました。
 自分もいつか。
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

何も変わりはしないという立ち位置を、いつも心に刻んでいます。

 アートというものに関わり、もう20年近く経ちます。

 NPOという公的な組織を立ち上げてからは4年近く。

 熊本でアートシーン的なものが生まれたかというと、それはちょっと分かりません。

 シーンという括りで考えると、少しでも経済的なキックバックがアーティストにあるかというと、それはまだないよねと答えます。

 ただ、表現できる場所はじわじわ増えつつあると思います。

 私たちNPOアートスイッチが活動していく中で、最近は特に、思う事がいくつかあります。

 もしかしたら、この活動はうまくいかないという前提をのみ込まないと先へは進めないということ。

 リスクを抱えながらでしか、新しいことへは挑めないということ。

 結局、アートで何が出来るのか。

 実はより良い社会の為にというのは後回しで、より良いアートを生み出したい。

 その先に社会や色々な事があると思います。

 前提がアート。

 それを間違うと、アートスイッチの方向性を間違う事になるでしょう。

 熊本が生みだす凄いアートをいつか見たい。最近はそう考えるようになりました。

 もちろん櫻井栄一個人の作品も、その範疇に含まれます。

 この土地が生みだす何か。

 少しずつですが見えてきています。

 これを形に。

 しようと思えば、企画立案、プレゼンに次ぐプレゼン、その先にあるビジョンを共有する為には恐ろしい程の交渉が待ちかまえています。

 そしておそらく、経済的な利益はゼロか…

 つくづく、因果な生業ですよねアートというのは。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

近況です。

 先週末まで福岡天神イムズにて、モヒカンポシェット「夏のリネン 夏のウール」展を開催しておりました。無事終了致しました。熊本市中央区新町店は、26日(火)より通常営業となります。

 今現在これまた熊本市中央区新町2丁目11-19「かね屋」にて、今現在開催中の写真展「淋漓」(りんり)は26日(火)終了ですが、26日20:00~白木聖子さんによる即興のコンテンポラリーダンスを行います。展覧会、ダンス、観覧無料ですので是非お越し下さい。
 「かね屋」では、4月2日に天草在郷美術館で現在開催中の吉本伊織さん「-海ナリ山ナリー」展の巡回企画、風景画ワークショップ&作品展を1日限定で開催致します。吉本さんには会った事がありませんが、どういう展示とワークショップになるか楽しみですね!もちろん館長の加藤笑平さんもいらっしゃいます。
 1日に作品搬入という事で夜から「かね屋」で懇親会(呑み)になると思いますので、興味がある方はご連絡下さい。どなたでも参加OKです。皆で親睦を深めましょう。吉本さんや加藤さん、その他多分飛び込みでどなたかいらっしゃるかもしれませんが、滅多にない機会だと思いますので~。
 「かね屋」の活用が続きます。町屋を創造活動方面から使用するようになって、もうすぐ8カ月程経とうとしています。
 これからどういう方向に「かね屋」が進んでいくのかは分かりませんが、活用をゆる募している中で、コンスタントに企画の提案があり、いい感じに続いています。
 この事業は長く続けたいと思っているので、今の所使用する為のシステム化みたいな事はなにもしません。
 企画提案と話し合いみたなノリでやっていこうとしています。きちんとするのは、もっと頻繁に企画の持ち込みがあってどうしようもなくなってきた、みたいになってから考えようかと。ルーズにいけるとこまでいってみる、感じで。こういうのは地方ならではの良さ、でしょうか。
 地域の中に、コミュニティースペースを作るのは、結構重要な課題なのではないでしょうか。今開催中の写真展でも「ここにお弁当持ってきて食べてもいいのかしら」と、お婆さんから聞かれたりしたそうです。
 ゆるいコミュニティースペースは、想像以上に必要とされているのかも知れません。
 現在の「かね屋」は、アートスイッチの持つ物件ではないのに、これだけ多様な使われ方をしていてある意味奇跡的な状態にあります。
 今後どうなっていくのでしょうか?
 コントロールできないから、面白いのでしょう。
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。

 3月9、10に参加したアサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワーク会議の模様を写真とともに記録しておきたいと思います。

 珍しく写真が多くありますよ。
 福岡空港から成田空港へ。成田から東京入りとか初めてです。
003
 浅草の浅草寺裏のホテルへ、荷物を置きに向かいます。花やしきのさらに裏。
005
 秋葉原近辺に行く為に、歩く。歩いて街のスケールを感じる。浅草の、何かこういうもの屋。
008_2

 アーツ千代田3331に到着。大体街のスケールが分かる。東京は大きい都市。
009
 中のギャラリーでは、メディアアートの作品が観覧無料、撮影OKだったので撮ってみる。
010

 動いている

011
 これも動いている。パタパタしている。

013
 テクストが分からないが、ゴースト イン ザ シェルに近づいているのは分かる。
 015
 高橋士郎「自由芸術展」。まだまだ知らないアートが山のようにある。

017
 アーツ千代田3331の中。学校をリノベーション。アートホーリーメンはここで展示したのだなぁ。

019
 地下への階段。水飲み場が。

018
 移動。アートホーリーメンから勧められたので。秋葉原へ。3331からも近い。

021
 日本美術の聖地。ビルの裏手には電気パーツ屋や、アニメ関系、ゲーセン、ミリタリー、メイドカフェの客引き、コスプレ、それを見に来た観光客(自分を含め、世界から)、一言で言えばカオス。8日平日でも結構な人出。

022
 帰りはさすがにメトロで。雷門から入る。宿へ。

024
 浅草寺のおみくじを引いてみる。AAF2013への参加はアートスイッチにどうなのか~?。

028
 箱を振って、棒を引くんですね。番号が書いてあって62番。そして、62番の引き出しを開ける。

029
 大吉ではないですか!幸先いい!

030
 ほーTVでよく見る風景だな~、10年位TVないけど。

031
 完全に観光ブログだな、今の所。

032
 浅草寺を通り抜けて、左奥、花やしき方面が今回のホームグラウンド。

033
 温泉と看板にあります。営業してます。今回は入っていませんが、次回にまた。

035
 町中にある遊園地、花やしき。もちろん入っていません。歓声が聞こえてきます。

036 039
 横尾忠則な風景。

038
 浅草の下町を歩きまわってみる。

042
 ドレスの仕立てをしていたのか、今も操業中かは不明。富士ドレス。

045
 花やしき横の展示スペース、江戸時代の土。甲子園球児が土を持って帰る習慣は、花やしきからと書いてある(うろ覚え)。魁男塾の技の解説を思い出す。江戸の土…でも今は平成の土…。もの派…。
044
 ウインズで競馬の馬券を取った人も、オケラになった人もこの通り界隈で飯を食うようだ。
046
 上のアーケードの裏手。焼き肉屋が軒を連ねる。馬券取ったら焼き肉、オケラなら牛煮込みで一杯やるのだろう。界隈には立ち飲み屋もかなりある。
047
 ヤベェ~、モボモガ御用達の店がこの奥に~!時間が遅く、閉まっていたのが残念。次こそは行くぞー。浅草深けぇ~。
056
 大衆演劇、演芸場。魅惑の照明が燈る。
052
 夜の浅草寺。
054 053 
 浅草、平日の下町辺りの夜は人気があまりない。昼の喧騒とは全く違う空気。
055
 銭湯なのか、今回は入るの見送り。ここも次回に~。
051
 そして宿へ~、ある意味での期待がめっちゃ持てる佇まい。愉しい。ニュー栃木。ニューシャネルを越えたか、いい勝負。
050
  きたコレ!起きて半畳、寝て一畳、三畳あれば美術館!風呂トイレはもちろん共同。TVは100円一時間!時が止まっておる…
048
 さて一夜明けていよいよ、この旅の本番、アサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワーク会議です。朝の浅草駅。
057
 午前中、時間が少しあったので墨田川周辺を歩く。アサヒアートスクエアとスカイツリー。
058
 墨田川。観光船乗り場。
061
 アサヒアートスクエア入口。なぜかラピュタを思い出す。
062
 資料ブースには熊本城下町大遊戯2102のパンフを置く。こういう使い方する為に、最終ページにアートスイッチの企画紹介ページを最初から入れてあります。
065
 全国のアート組織や企画の案内が置かれていく。多種多様。
068
 会場オープン、もうすぐ始まる。
069
 こんな感じで、1組織3分のプレゼンが続く。3分といっても54団体あるから、かなりの圧力。
 
072 075
 残念ながら一人で行ったので、自分の写真を撮れていない。最後付近に加藤種男さんの総評。
077
 ぱるるという団体の掲げるルールが、AAFの目指すものに最も近いのではないかというお話でした。
078
 そして交流会へ。各県持ちよりのてみやげで、地方色溢れる軽食がそろう。まず乾杯!
082
 北海道、東北テーブル。九州人からすると珍しいものが沢山。鮭とばヤバイ。
084
 九州、中国地区。てづくりサータアンダーギー、沖縄スタジオ解放区さん。奥には糸島芸農さんのいちご。アートスイッチからはくまモンパッケージのタイピーエン、大阪製造…
083
 二次会へ移動。夜のアサヒアートスクエア、階段光る!
087
 夜のアレは特撮チックでワクワクするなぁ!ウルトラマンで、こどもが落書きした怪獣が本物になってしまうエピソード思い出した。ウルトラマン80だったかな。
089
 えっと、二次会の時間が違ってたらしく、も一回アサヒアートスクエアへ戻る~。
090
 エレベーター待ち。奥、夜のスカイツリーを撮っている人たち、多分。しかし、光るなぁ。
091
 
 そして始まった、謎のダンスパーティー!
098 100
 二次会。民家の二階、です。不思議空間。
102
 三次会、浅草寄りの居酒屋に移動。
105
 二日目は、二日酔い気味でこんな感じで、ワークショップ&意見交換会。
108
 そしてその日の夕方、アートスイッチバスツアー2ndでお世話になった小池さんと、山海塾の石井さんと呑みます!ホッピー呑んだよ!今度会う時は、石井さんはNPOを設立しているんです!と書いておきます!
109
 翌日は渋谷にモヒカンポシェットの営業に行きました。渋谷進出を図ります。
112
 人が多くて正面から撮れんかったけど、なぜかハチ公前に青ガエルがおる!
111
 この日の晩も、小池さんの紹介で集会に参加。石井さんには浅草界隈のギャラリーを紹介してもらいました。
122
 翌日は朝から、会田誠展を見に行く。
126 
 午後は成田から福岡空港へ。飛行機。
131
 帰って来ました!次のAAFは本番!6月15日!石井さん、楽しみにしてます!
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

アートスイッチバスツアー2nd、催行報告。

 3月2日(土)、肌寒さが少し戻ってきた日でしたが天気は晴れ!でした。

 バスガイドには私櫻井栄一、竹之下亮さん、小池陽子さん、岡松トモキさん、モヒカンポシェットが同行致しました。道中は竹之下さんによる演出にて、クイズ大会!イスラエルや他の国のクイズに当たった方は、久木野窯さんでの染め付けする素焼の器をプレゼントというサプライズもありました(突然でちょっとあせりましたが)。
 バスツアーには県内外から参加され、主催者としましては、2度目の開催ながら緊張します。最初に向かうのはアサヒ鉄工のZUBEさんのアトリエです。
 今年は熊本市現代美術館での個展も開催予定のZUBEさん。熊本ローカルのアーティストの実情を図らずも語っていただき、驚いた参加者もいらっしゃいました!
 制作途中の作品や、ギャラリーにて見学中にはジミーさんの帽子を見つけた参加者は早速のご購入でした。
 この時間中には、岡松トモキさんのワークショップ「フォトモビール」用の写真を撮って頂いています。ZUBEさんの作品も沢山撮られていました。
 次に向かったのは久木野窯です。ご夫婦で築窯されて29年、積み重なった歴史を感じる窯とギャラリーにて、蕎麦ちょこへの染め付け体験です。
 伊比井宣明さんは三彩の焼き物で、オブジェクトも制作されます。伊比井万貴さんは釉薬「呉須」の染付をされ、それぞれに興味の対象や仕事が違い、陶芸の奥の深さを感じます。
 皆さん真剣にそれぞれ絵付けをされます。窯の外にでて眺める春の阿蘇の風景は、いつきても非現実的なほど美しいものです。
 それぞれに染付が終わった蕎麦ちょこが焼き上がるのは3月末ですので、お楽しみに!
 食事は俵山温泉「泉力の湯」にて温泉にも入ることができます。
 ここで午後のワークショップに使用する写真データを、参加者の皆さんから頂きました。
 昼食後は、高森上色見、阿蘇フォークスクールへ移動して竹之下亮さんと、小池陽子さんによるダンスワークショップを開催しました。体を動かすところから、歌の歌詞に合わせて自分たちでダンスのクリエーションを行う所まで体験!普段なかなかない事です。大人も子供もなく、真剣に皆さん考えて歌の歌詞に形を作っていく。まさに「創造」の瞬間ですね。
 何もないところに自分たちで形を創造する、それを自然に引き出すお二人はさすがです。
 そしてコンテンポラリーダンス公演「ざま 虚構のサブマリン」。
 それぞれに何か感じることがあった作品だと思います。
 最後のワークショップは、岡松トモキさんによる「フォトモビール」制作でした。今日午前中撮った作品を、モビールにします。
 しかしここでトラブル発生!時間が押しています!
 にも関わらず、皆さん妥協のない作品つくり!さすがアートバスツアー参加者だけあり、体が疲れていても最後まで手を抜かない仕事ぶりはさすがです。
 最終的に1時間半も押してしまい、大変ご迷惑をお掛け致しました事を、お詫び申し上げます。
 最後には感想を頂き、定例化して欲しいなどという、大変ありがたい声も頂き誠にありがとうございました!
 前回から3年経ち、よいやく2回目を開催できた事を嬉しく思います。
 またいつかきっと、3回目を企画したいと思いますが、今回は旅の余韻にまだ浸っているところで…
 サリュ
Although the weather was sunny day (Saturday), came back a little chill in the air, March 02! Was.
I Eiichi Sakurai, Ryo Takenoshita, Yoko Koike, Mr. Tomoki Okamatsu, Mohawk has pochette We accompanied the bus guide. In production by Mr. Takenoshita, quiz along the way! If you hit the quiz of Israel and other countries, (which was a bit faded suddenly) there was surprise that the vessels of the biscuit gift that dyeing with acid Kugino kiln.
Bus tour participants from outside the prefecture, Toshimashite organizers, while holding the tension for the second time. The first is the studio's towards the Ironworkers ZUBE of Asahi.
Also to be held this year, Mr. ZUBE solo exhibition at the Contemporary Art Museum, Kumamoto. We talked about the reality of the artist accidentally local Kumamoto, participants had come was surprised!
Was the purchase of the participants immediately found a hat and Jimmy's in the middle of production work, during the visit at the gallery.
During this time, I will take a photo for Workshop "Mobile Photo's" Okamatsu Tomoki. Had taken a lot of the work of Mr. ZUBE.
The kiln is Kugino was headed next. 29 years at the gallery and feel the history kiln and stacked on top of each other, is the experience of dyeing to ちょこ buckwheat is kiln built in the married couple.
In tricolored glazed pottery, Mr. Nobuaki Ibii objects are also produced. The dyeing of the product with "Goth" glaze, and work interests are different for each,  Maki Ibii feel the depth of the back of the pottery.
Each painting is a seriously everyone. Aso spring landscape with views out to the outside of the kiln, unrealistically beautiful thing when you come.
ちょこ buckwheat with each dye has finished in baked rise because it is the end of March, stay tuned!
Meals can also be entered at the hot spring "hot water of the spring force" 温泉 Tawarayama.
I received from everyone of the participants, the data to be used for photo workshop in the afternoon here.
After lunch, I held a dance workshop with Ryo Takenoshita by Yoko Koike move Kamishikimi Takamori, Aso to the Folk School. Experience from the point of moving the body, as far as the creation of dance perform by themselves in accordance with the words of a song! It is quite usual that no. Both adults and children without, we will create a form to the lyrics of the song you think seriously. It is a moment of "creation" exactly.
To create their own form to nothing, two people that it is indeed a natural draw.
"Submarine various fictional" contemporary dance and performance.
I think the work that you may feel something for each.
The last workshop, was produced by Mr. Tomoki Okamatsu "Photo Mobile". I am in Mobile, the work was taken in the morning today.
But the trouble here! I'm pushing time!
Nevertheless, making uncompromising work everyone! Art Bus tour participants have only expected, not cut corners at work until the end even though the body is tired indeed.
Would eventually push an hour and a half, I apologize, that was We apologize for the inconvenience.
Thank you for finally gotten the impression that I want you to regularize such as, a voice very grateful!
I am glad that the last three years, was able to hold a good second time around.
But also I'm sure, would like to organize a third time sometime, where this time I'm still immersed in the afterglow of the journey ...
Saryu
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

アートスイッチバスツアー2nd、明日催行!!変更点があります!!

アートスイッチバスツアー2ndはいよいよ明日です!
 今日は雨ですが、明日はどうやらやむようで一安心です。前回は寒いし、雨だしで皆様足元が悪い中でした。今回は天気は大丈夫そうです、良かった。
 ツアー直前ですが、ツアーに2箇所変更点があります!
 最初に、重要な変更点はバスの発着場所です。当初は熊本交通センターとなっておりましたが、「崇城大学市民ホール前」になります!
 そしてもうひとつです。
 昼食、温泉ですが、当初高森温泉「瑠璃」を予定しておりましたが急遽大浴場改装のため変更いたします。
 俵山温泉「泉力の湯」になります!
 昼食、入浴は変更ありませんが時間調整が若干発生するかもしれませんのでご了承下さい!
 前日まで色々慌しいですが、明日はアートなバスツアーをお楽しみ下さい!
 今日は河原町のADOで竹之下亮さんと小池陽子さんのダンス公演「ざま」(投げ銭)が開催されます。明日のツアー参加は無理という方も、今日の19:30からなら!という方は是非お越し下さい!
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »