« アートスイッチバスツアー2nd、明日催行!!変更点があります!! | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 »

2013年3月 4日 (月)

アートスイッチバスツアー2nd、催行報告。

 3月2日(土)、肌寒さが少し戻ってきた日でしたが天気は晴れ!でした。

 バスガイドには私櫻井栄一、竹之下亮さん、小池陽子さん、岡松トモキさん、モヒカンポシェットが同行致しました。道中は竹之下さんによる演出にて、クイズ大会!イスラエルや他の国のクイズに当たった方は、久木野窯さんでの染め付けする素焼の器をプレゼントというサプライズもありました(突然でちょっとあせりましたが)。
 バスツアーには県内外から参加され、主催者としましては、2度目の開催ながら緊張します。最初に向かうのはアサヒ鉄工のZUBEさんのアトリエです。
 今年は熊本市現代美術館での個展も開催予定のZUBEさん。熊本ローカルのアーティストの実情を図らずも語っていただき、驚いた参加者もいらっしゃいました!
 制作途中の作品や、ギャラリーにて見学中にはジミーさんの帽子を見つけた参加者は早速のご購入でした。
 この時間中には、岡松トモキさんのワークショップ「フォトモビール」用の写真を撮って頂いています。ZUBEさんの作品も沢山撮られていました。
 次に向かったのは久木野窯です。ご夫婦で築窯されて29年、積み重なった歴史を感じる窯とギャラリーにて、蕎麦ちょこへの染め付け体験です。
 伊比井宣明さんは三彩の焼き物で、オブジェクトも制作されます。伊比井万貴さんは釉薬「呉須」の染付をされ、それぞれに興味の対象や仕事が違い、陶芸の奥の深さを感じます。
 皆さん真剣にそれぞれ絵付けをされます。窯の外にでて眺める春の阿蘇の風景は、いつきても非現実的なほど美しいものです。
 それぞれに染付が終わった蕎麦ちょこが焼き上がるのは3月末ですので、お楽しみに!
 食事は俵山温泉「泉力の湯」にて温泉にも入ることができます。
 ここで午後のワークショップに使用する写真データを、参加者の皆さんから頂きました。
 昼食後は、高森上色見、阿蘇フォークスクールへ移動して竹之下亮さんと、小池陽子さんによるダンスワークショップを開催しました。体を動かすところから、歌の歌詞に合わせて自分たちでダンスのクリエーションを行う所まで体験!普段なかなかない事です。大人も子供もなく、真剣に皆さん考えて歌の歌詞に形を作っていく。まさに「創造」の瞬間ですね。
 何もないところに自分たちで形を創造する、それを自然に引き出すお二人はさすがです。
 そしてコンテンポラリーダンス公演「ざま 虚構のサブマリン」。
 それぞれに何か感じることがあった作品だと思います。
 最後のワークショップは、岡松トモキさんによる「フォトモビール」制作でした。今日午前中撮った作品を、モビールにします。
 しかしここでトラブル発生!時間が押しています!
 にも関わらず、皆さん妥協のない作品つくり!さすがアートバスツアー参加者だけあり、体が疲れていても最後まで手を抜かない仕事ぶりはさすがです。
 最終的に1時間半も押してしまい、大変ご迷惑をお掛け致しました事を、お詫び申し上げます。
 最後には感想を頂き、定例化して欲しいなどという、大変ありがたい声も頂き誠にありがとうございました!
 前回から3年経ち、よいやく2回目を開催できた事を嬉しく思います。
 またいつかきっと、3回目を企画したいと思いますが、今回は旅の余韻にまだ浸っているところで…
 サリュ
Although the weather was sunny day (Saturday), came back a little chill in the air, March 02! Was.
I Eiichi Sakurai, Ryo Takenoshita, Yoko Koike, Mr. Tomoki Okamatsu, Mohawk has pochette We accompanied the bus guide. In production by Mr. Takenoshita, quiz along the way! If you hit the quiz of Israel and other countries, (which was a bit faded suddenly) there was surprise that the vessels of the biscuit gift that dyeing with acid Kugino kiln.
Bus tour participants from outside the prefecture, Toshimashite organizers, while holding the tension for the second time. The first is the studio's towards the Ironworkers ZUBE of Asahi.
Also to be held this year, Mr. ZUBE solo exhibition at the Contemporary Art Museum, Kumamoto. We talked about the reality of the artist accidentally local Kumamoto, participants had come was surprised!
Was the purchase of the participants immediately found a hat and Jimmy's in the middle of production work, during the visit at the gallery.
During this time, I will take a photo for Workshop "Mobile Photo's" Okamatsu Tomoki. Had taken a lot of the work of Mr. ZUBE.
The kiln is Kugino was headed next. 29 years at the gallery and feel the history kiln and stacked on top of each other, is the experience of dyeing to ちょこ buckwheat is kiln built in the married couple.
In tricolored glazed pottery, Mr. Nobuaki Ibii objects are also produced. The dyeing of the product with "Goth" glaze, and work interests are different for each,  Maki Ibii feel the depth of the back of the pottery.
Each painting is a seriously everyone. Aso spring landscape with views out to the outside of the kiln, unrealistically beautiful thing when you come.
ちょこ buckwheat with each dye has finished in baked rise because it is the end of March, stay tuned!
Meals can also be entered at the hot spring "hot water of the spring force" 温泉 Tawarayama.
I received from everyone of the participants, the data to be used for photo workshop in the afternoon here.
After lunch, I held a dance workshop with Ryo Takenoshita by Yoko Koike move Kamishikimi Takamori, Aso to the Folk School. Experience from the point of moving the body, as far as the creation of dance perform by themselves in accordance with the words of a song! It is quite usual that no. Both adults and children without, we will create a form to the lyrics of the song you think seriously. It is a moment of "creation" exactly.
To create their own form to nothing, two people that it is indeed a natural draw.
"Submarine various fictional" contemporary dance and performance.
I think the work that you may feel something for each.
The last workshop, was produced by Mr. Tomoki Okamatsu "Photo Mobile". I am in Mobile, the work was taken in the morning today.
But the trouble here! I'm pushing time!
Nevertheless, making uncompromising work everyone! Art Bus tour participants have only expected, not cut corners at work until the end even though the body is tired indeed.
Would eventually push an hour and a half, I apologize, that was We apologize for the inconvenience.
Thank you for finally gotten the impression that I want you to regularize such as, a voice very grateful!
I am glad that the last three years, was able to hold a good second time around.
But also I'm sure, would like to organize a third time sometime, where this time I'm still immersed in the afterglow of the journey ...
Saryu
 

|

« アートスイッチバスツアー2nd、明日催行!!変更点があります!! | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 »

アートスイッチバスツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートスイッチバスツアー2nd、催行報告。:

« アートスイッチバスツアー2nd、明日催行!!変更点があります!! | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 »