« アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 | トップページ | 何も変わりはしないという立ち位置を、いつも心に刻んでいます。 »

2013年3月26日 (火)

近況です。

 先週末まで福岡天神イムズにて、モヒカンポシェット「夏のリネン 夏のウール」展を開催しておりました。無事終了致しました。熊本市中央区新町店は、26日(火)より通常営業となります。

 今現在これまた熊本市中央区新町2丁目11-19「かね屋」にて、今現在開催中の写真展「淋漓」(りんり)は26日(火)終了ですが、26日20:00~白木聖子さんによる即興のコンテンポラリーダンスを行います。展覧会、ダンス、観覧無料ですので是非お越し下さい。
 「かね屋」では、4月2日に天草在郷美術館で現在開催中の吉本伊織さん「-海ナリ山ナリー」展の巡回企画、風景画ワークショップ&作品展を1日限定で開催致します。吉本さんには会った事がありませんが、どういう展示とワークショップになるか楽しみですね!もちろん館長の加藤笑平さんもいらっしゃいます。
 1日に作品搬入という事で夜から「かね屋」で懇親会(呑み)になると思いますので、興味がある方はご連絡下さい。どなたでも参加OKです。皆で親睦を深めましょう。吉本さんや加藤さん、その他多分飛び込みでどなたかいらっしゃるかもしれませんが、滅多にない機会だと思いますので~。
 「かね屋」の活用が続きます。町屋を創造活動方面から使用するようになって、もうすぐ8カ月程経とうとしています。
 これからどういう方向に「かね屋」が進んでいくのかは分かりませんが、活用をゆる募している中で、コンスタントに企画の提案があり、いい感じに続いています。
 この事業は長く続けたいと思っているので、今の所使用する為のシステム化みたいな事はなにもしません。
 企画提案と話し合いみたなノリでやっていこうとしています。きちんとするのは、もっと頻繁に企画の持ち込みがあってどうしようもなくなってきた、みたいになってから考えようかと。ルーズにいけるとこまでいってみる、感じで。こういうのは地方ならではの良さ、でしょうか。
 地域の中に、コミュニティースペースを作るのは、結構重要な課題なのではないでしょうか。今開催中の写真展でも「ここにお弁当持ってきて食べてもいいのかしら」と、お婆さんから聞かれたりしたそうです。
 ゆるいコミュニティースペースは、想像以上に必要とされているのかも知れません。
 現在の「かね屋」は、アートスイッチの持つ物件ではないのに、これだけ多様な使われ方をしていてある意味奇跡的な状態にあります。
 今後どうなっていくのでしょうか?
 コントロールできないから、面白いのでしょう。
 サリュ

|

« アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 | トップページ | 何も変わりはしないという立ち位置を、いつも心に刻んでいます。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近況です。:

« アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。 | トップページ | 何も変わりはしないという立ち位置を、いつも心に刻んでいます。 »