« 矢折れ、弾尽きた感じ。今は。再稼働を計ります。 | トップページ | 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 »

2013年4月15日 (月)

価値を生み出す「行為」への正しい評価が必要です。

 アートNPOを続けていくことは、正直経済的なことより精神的にタフじゃないと難しいですね。
 常に新しい事を提案していかなければ、アートである事の意味が薄れて行きます。
 新しい事、という提案は基本的に、アートスイッチが関係する地域や事柄の中から導き出されます。
 関係する対象の中から、本質を抜き出す作業が8割で、イベント企画を実行する労力は2割程度に過ぎません。実務は参考になる事例が沢山あるので、それほど大変ではありません。
 対象(地域や状況)とどう関わるかという例も、アートプロジェクトを調べていけば沢山ありますが、これが参考程度にはなっても現場ではほとんど役に立たない、それは驚くほどです。
 実際に地域でアートプロジェクトを経験すると色々分かるのですが、どこでやっても同じ効果が期待できるプロジェクトを導入するのか、そこでしかできない「何か」を抜き出してアートという角度で切り込むのか、足して2で割るのかいつも悩ましいところです。
 どこでやっても同じ効果が期待できるアートプロジェクトには当然、高い評価もすでにあります。価格も決まっています。そういう意味では、デザイン的に配置しやすいというか、安心感はあります。
 でも、それってここでやる意味がどれだけあるの?
 という疑問がついてまわる。
 もちろん優れたアートプロジェクトのコンテンツは、インプットが違うとアウトプットも若干違ってきて、ある程度の作品の鮮度は保たれる構造になっているから評価が高いのです。
 でもそれって、グローバリゼーションの構造と似ている気がして仕方ないのです。偏見ですかね。アートが持つ可能性の対極にあるというか。
 またラーメンの話になってしまった。なってないか。
 ご当地ラーメンの特化した奴がいいか、カップラーメンがいいか。
 どちらにもそれぞれ良さがあって、カップラーメンは飢えた地域をある程度救う力があります。でもそれは配給されたものを只食べるという構造なんです。腹は満たされた、さぁご当地ラーメンを作るぞ!という前段階のフェーズではないのか、今書きながら気付いた。
 そういう事か。
 ガリガリに飢えた状態で、ご当地ラーメンを作ろうとする行為が地方のアートプロジェクトなのだな。
 それはきついはずだな。
 無数の食材を地道に研究しながら、独自の味にまとめ挙げていく。飢えながら。
 最初の段階ですでに矛盾を孕んでいます。
 まだない価値を生み出す行為に、最初から値段が付くはずありません、日本という文化圏では。
 疲弊する地方では、アートに限らず今切実に必要とされているにも関わらず、初期投資がなされない。
 成功が約束されない行為に対する支援はアメリカならベンチャーキャピタルですが、日本では最近新しい公共として、NPOが担い始めています。当然、投資してもらうには厳しいプレゼンの繰り返しが条件ですが。
 新しい公共だけあってどのジャンルのNPOも新しい問題の前で立ち往生している姿をみかけます。
 新しく生み出される価値に値段が付くのは当たり前ですが、新しい価値を生み出そうというプロセスに値段を付けないと価値を生み出す回路自体がいつまでも閉じたままという状況になります。
 今の疲弊した地方の姿は、まさにこの悪循環に入っています。
 飢えた状態でご当地ラーメンの試作品をいつまでも作り続けるのにも、どこかで限界が来ます。
 今まで「飢え」を精神的なタフさのみで乗り切ってきましたが、どうやら色々問題があります。
 アートスイッチは、限界が来る前に少し状況を整理することにしました。
 今まで作ってきたラーメンの自己評価もしないといけませんし。
 飢えて立ち止まるわけには行きませんからね。
 サリュ
 Can continue to Art NPO, it is difficult if not mentally tough economic honest than that.
If you do not we will propose new things constantly, what it means to be an art that I faded.
Suggestion, it is derived from the new areas and basically things, art switch is involved.
Among the subjects involved, the task of extracting the essence is 80%, the effort to run the event planning is only about 20%. There are a lot of cases where reference is made to practice, it is not too hard.
Are examples of how involved with the (regional and state) target, but there are a lot if we look at the art project, this is of little use in the field even when the reference level, it is amazing.
Various I know if you experience an art project in the region actually, or cut at an angle or to introduce the project to the same effect can be expected wherever they do, that art is extracted can only be there for "something", 2 I will add I've just always annoying or divided by.
Of course, the same effect can be expected art project where do I even already some reputation. I have also determined the price. Or rather easily arranged in a design, in that sense, is a sense of security.
But there is much to do here, I mean it?
Question is Tsuitemawaru.
Been slightly different output and input is different from the content of the art project excellent, I'm a high rating because it is structured to maintain a certain level of freshness of the work, of course.
It's like I feel that I can not help it, but the structure of the globalization. Is it prejudice. Do you say the opposite of art is likely to have.
I've also become the talk of the ramen. That it is not.
Guy that specializes in ramen Gotouchi is better, ramen is better.
There is merit to both respectively, cup noodles have the power to save the region to some extent the hungry. It is not a structure it is to eat only what has been delivered though. Belly was filled, I make ramen Gotochi Alright! Is not that the previous phase of the stage, I noticed while writing now.
I like that it can.
With the skinny hungry, the act of trying to make here is recommended, so that such ramen It's a local art project.
Do not tight it should.
Studied steady while countless ingredients, I will give a taste of their own together. While hunger.
I'm already fraught with contradiction in the first place.
In the cultural sphere is not yet in the act to create value, not the price should come with from the beginning, and Japan.
Despite there is a desperate need now is not limited to the art, in a rural impoverishment, the initial investment is not made.
support for acts that are not promise success venture capital is the Americas, as a new public, NPO in Japan have started to play recently. Of course, to get investment is a repeat of the presentation harsh conditions.
I saw a figure you're stuck in front of the new issue of the genre as well NPO which there is only a new public.
Obviously the price of the value that is produced with a new, I will state the circuit itself to create value that remain closed indefinitely and will not put a price on the process of creating new value.
Appearance of local impoverished now, are contained in this very vicious cycle.
Also continue to make a prototype of a ramen forever Gotouchi while hungry, come limit somewhere.
Has been overcome only by mental toughness "hunger" Until now, there is a problem with many apparently.
Art switch has decided to clean up the situation a little before coming limit.
I do not and should not be self-assessment of ramen that has been made so far.
Because I could not stop starving.
Saryu

|

« 矢折れ、弾尽きた感じ。今は。再稼働を計ります。 | トップページ | 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値を生み出す「行為」への正しい評価が必要です。:

« 矢折れ、弾尽きた感じ。今は。再稼働を計ります。 | トップページ | 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 »