« トリックスター考。 | トップページ | 劇団どくんごの、辛島公園使用の件からの連想で、桜町再開発計画について。 »

2013年4月10日 (水)

結界。

  結界
 日本では日常的に昔からあるものです。
 仕切って空間を分ける装置。
 昔は塩を盛って、注連縄を張れば結界になりましたが、現代のように宗教の力が弱っている時代では、真の意味での結界の効力はかなり無くなってきています。
 なぜ結界などと書き出したか。
 現代日本に絶対的な結界が現れたからです。
 説明するまでもなく、福島第一原子力発電所です。
 もともと、原発は核分裂反応を利用して蒸気を発生させ、タービンを回して発電します。恥ずかしながら3.11東日本大震災まで、原発が蒸気タービンを回すための施設と知りませんでした。
 原爆を落とされた国が、核を使用しているのだからよほど優れた施設なのだろうと思っていたうすら馬鹿だったのです。玄海原発を10年前位に見学に行って、何も疑問に思うことが無かった、そういう人間です。クリーンで安全な施設。「そうなんだ~」平和ボケでした。核がクリーンで安全な訳ありません。
 子供のとき、ブルーハーツの「チェルノブイリには行きたくない」が発禁になったことを覚えています。その他にも様々な事故の教訓があったにも関わらず、大人になっても全てスルーしてきました。そのツケは今、現実として突きつけられた。
 科学的な意味で何重にも容器で閉じ込めた核は炉心溶融を起こし、格納容器を破りました。しかも自然災害という不可避で圧倒的な力をきっかけに。
 日本では、昔から自然災害は心理的現象としては神域に属するものでした。それが科学の粋であるはずの原発を一瞬で破壊した事実を心理現象としてどう受け止めるのか、私にはとても重要です。
 人間が未だ近づけないほどの放射線を撒き散らし、科学の力で封じ込める目処が全くたっていない現時点では心理レベルにおいては福島第一は神域と同じです。
 結界。
 最凶最悪の害を撒き散らす、破壊神。封じ込めることも、逃げることも許されない。この破壊神への対処は始まったばかりで、これからも日本へ厄災をなし続けます。
 科学力では必死の研究が行われていることでしょう。宗教面では、震災で亡くなった方々や傷つかれた方、様々な心の拠り所として必要とされているでしょう。
 アートはどうなのか。
 震災直後、様々な動きがありました。
 アートですから、現実的に何かができる訳ではありません。作品や行動に、現実に何か変える力などありません。そこで無力感にさいなまれているアーティストもいるかも知れません。
 そういう人は、アートなどせず、現実的に行動を開始すればいいのです。そもそもアートはそういう役割を負ってない。
 役割を負ったのは自分、各自それぞれで、アートではない。
 私個人としては、この、日本に立ち現れた福島第一という「結界」をアートでどう読み解き、作品にするか3.11以来ずっと考えていました。
 一人のアーティストとして、アートピースでこの結界に立ち入ることはできないのか。
 そう、アートなら結界に立ち入ることが可能なのだと。
 立ち入った状態を表現することの意味を、私は知らない。
 その状態をつくることができるのではないか。
 何故そうしなければならないのか。
 震災だけなら日本の「諸行無常」で受け流せますが、福島第一を収束させるまでは決して受け流したりしてはいけないと思います。
 しかも、喜怒哀楽では長く続けられない。宗教は現時点では事故や震災で負った傷にしか対応できていない。科学が結界を封じ込める目処は立っていない。
 アートピースならば結界がそこにあり続けていることを、主張し続けることが可能なのです。人類が滅んだ後にさえ残せる。
 自分の作品がそうなると言っているのではなく、個人的な動機としてここに書きとめておきます。
 アートにできることはそういうことだと思うのです。
 もっと簡単にいうと、キリスト磔刑図とか、ピエタとか、ここで言っている意味と全く同じです。
 今、作品を制作しています。
 サリュ
Barrier.
Age-old thing on a daily basis in Japan.
Device to divide the space in charge.
Serve with salt, a long time ago has become a barrier if stretched Shinto straw festoon, in the era when the power of religion is weakened as the modern, the barrier effect in the true sense of the word is getting quite lost.
Why did you write such a barrier.
Absolute barrier because I appeared in contemporary Japan.
Needless to explain, is the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station.
Originally, nuclear power to generate steam using a fission reaction, we turn a turbine to generate electricity. 3.11 to the Great East Japan Earthquake, I did not know that nuclear power plant facilities and for turning the steam turbine shamefully.
I was a fool even Woo I thought might be a country very much excellent facilities dropped the atomic bomb, because you are using the nucleus. There was no place that you go to visit the Genkai nuclear power plant 10 years ago, wonder anything, it is that kind of person. Clean and safe facilities. It was a blur peace "- That's right." Nucleus is not always clean and safe.
As a child, the Blue Hearts "in Chernobyl do not want to go" I remember that is was banned. I've been all through despite the lessons of the accident there was a variety of other, well into adulthood. Now, that was posed as a reality owe.
Cause a meltdown, nuclear containment vessel in many layers in the scientific sense broke containment. In the wake of the overwhelming power of natural disasters inevitable yet.
In Japan, natural disasters as a psychological phenomenon were those belonging to the old sanctuary. what to take as a psychological phenomenon to the fact that it was destroyed in an instant the primary should be the essence of science, it is very important to me.
At the moment you are not only scattered radiation is no prospect that humanity is not close enough to still contain the power of science at the Fukushima Daiichi psychological level is the same as the sanctuary.
Barrier.
Spread harm worst most evil, God of Destruction. I will not be allowed to contain it, or you can run away. Responding to God this destruction has just begun, I will continue to form the Japan disaster in the future.
It would be a desperate research has been carried out in the scientific capability. Ya who was wounded people who died in the earthquake, in terms of religion, it would have been required as a variety of heart and soul.
What about the art.
Immediately after the earthquake, there were various movements.
Because it is art, it does not mean you could do something practical. Work and behavior, there is no such power to change anything in reality. I might have some artists that are steeped in a sense of helplessness there.
Without and art, these people, we simply start acting realistically. Art does not assume such a role in the first place.
Myself, had suffered a role in each of their own, not the art.
Personally, I think he was in art ever since 3.11 decipher what a "barrier" that Fukushima Daiichi appeared this stand, in Japan, or in the works.
As an artist of one person, or can not be going into this barrier art piece.
So, that you enter into the barrier if art is it possible.
I do not know, what it means to represent the state in which the intrusive.
Do you not be able to make their state.
Why do you must do so.
Although I think Ukenagaseru with "impermanence of worldly things" if only the earthquake in Japan, to converge to the Fukushima Daiichi and do not in any way or parry.
Moreover, in the emotions I will not continue long. Religion has not been able to address only wounds suffered in an accident or disaster at the moment. prospect that science does not contain a barrier standing.
To continue to claim, that there has been a barrier to art piece if I'm available. leave even after humanity vanished.
Instead of saying that his work is so, I make a note here as personal motives.
I think that kind of thing is to be able to art.
Put more simply, is exactly the same as the meaning of the Crucifixion or Christ figure, or Pieta, are saying here.
Now, I have to create works.
Saryu

|

« トリックスター考。 | トップページ | 劇団どくんごの、辛島公園使用の件からの連想で、桜町再開発計画について。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結界。:

« トリックスター考。 | トップページ | 劇団どくんごの、辛島公園使用の件からの連想で、桜町再開発計画について。 »