« 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 | トップページ | 熊本県、松合に行ってきました。思ったこと。 »

2013年4月17日 (水)

パステル画制作中、以前とは大きく変化し始めています。

一人の美術家として、東日本大震災以降の態度(作品)を表明しなければと思いながら制作し続けています。
 あの地震が、津波や地震の直接被害だけだったら、もしかしたら神戸の震災と同じ態度で受け止めて作品制作までいかなかったかも知れません。毎年どこかで天災があり、メディアの発達でいつも天災が起きているような錯覚さえ覚えます。
 天災による犠牲は、悲しいですしつらいですが、諦念もあることは確かです。それほど日本は天災が多い国です。地震に加え、大雨、台風まであります。
 しかし、福島第一原発の事故は全く違います。明らかに人災でした。
 津波に対する東電の対応とか、事故後のとか、そういう逐一の事象を言っているのではなく原子力を未熟な科学力で制御しようとした原発のありかた自体が人災という事です。
 バベルの塔の話を思い出します。
 人々は洪水を起こす神への復讐として高い塔を建設しますが、神は人のその姿を見て「言葉が同じだからこのようなことがおこるのだ」と考え、人々に違う言葉を話させた。結果人々はバベルの塔からバラバラに去っていった。
 天災が起こった後の、日本人の被害に対する対応は世界中が賞賛する位の素晴しさです。毎回そうです。一致団結した姿は本当に凄いと思います。
 しかし、原発の事故は日本国民の態度をバラバラにしてしまいました。
 原発への態度が何故バラバラになったかは、皆さんが日々触れている多様なメディアで扱われているのであえて言及はしません。
 只ひとつ分かったのは、完璧な科学技術など望めないということでした(カオス理論)。
 あらゆる意味で、失敗しない科学などないのに、安全神話を信じてしまった。人は自分に都合がいいように物事を解釈するように出来ている。
 日本国内に物理的に進入できない場所(結界)を生み出してしまった、これは人類の進歩という意味からすると、明らかに2歩も3歩も後退してしまった現実。
 まずはこの現実を受け入れることからスタートしたいと思いました。
 以前から、世の中の事象にリンクして作品を制作してきました。90年代から0年代初頭の「終わりなき日常」から急転直下、「いつ終わるか分からない日常」に変化しました。わが国はこんなにも脆弱な基盤の上にあったのかと、驚く程です。
 「終わりなき日常」の中では、外部の変化はほとんど感じられないため、どうしても作品制作の視点は自分の中を見つめることになります。自分というどん詰まりこそが、今の日本の姿ということになります。
 リーマンショック辺りから予兆はあったのですが、震災と原発事故で、日常は突然一変することが皮膚感覚で分かりました。
 そうなると、制作の視点は自分ではなく、社会へとシフトします。そうならざるをえません。外部要因で生死に関わる影響が自分に及ぶからです。
 そのとき、どのような作品を制作するのか。今までとは違う価値を追求しなければならない。
 美術家なので、態度表明は作品で明らかにするのが筋です。
 今、パステル画と展示プランと格闘中です。
 サリュ
It will continue to work while I think as an artist of one person, and must be expressed attitude since the Great East Japan Earthquake to (work).
Earthquake is that, if you had only direct damage of the earthquake and tsunami, it might work production to be not afford to be received by the same attitude as the earthquake in Kobe maybe. There is a natural disaster somewhere every year, I remember even illusion is happening is always natural disaster in the development of the media.
It is sad then sacrifice by natural disasters, is painful, but there is also a resignation is certain. Japan is a country so many natural disasters. In addition to the earthquake, there is heavy rain, until the typhoon.
However, the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant is completely different. It was clearly man-made.
It is that way itself of nuclear power plant that was trying to control immature science of nuclear power that man-made rather than to say such as support of TEPCO to the tsunami, such as after the accident, the events one by one like that.
I remember the story of the Tower of Babel.
People will build a high tower as revenge to God to cause flooding, but thought "such a thing's happen words because he is the same" and to see the human form, God spoke different languages ​​to people was. People went away apart from the Tower of Babel results.
after a natural disaster has occurred, response to damage of the Japanese is the difference splendid in the world to admire. So is every time. I think the figure which was unity and amazing really.
However, nuclear accident I have to fall apart the attitude of the Japanese people.
I do not dare mention why attitudes to nuclear power plants or fell apart, because they are treated in a variety of media that you are touching every day.
Was that not expect such a perfect science and technology we know is single, (chaos theory)
In every sense, for no such science that does not fail, I've believed the safety myth. People are able to interpret the things convenient so good to me.
Had produced the (barrier) where you can not enter physically in Japan, and this from the meaning of human progress, reality two steps and three steps also had retreated clearly.
I would like to start from the first to accept this reality.
Previously, it has been creating works by linking the events in the world. All at once from the "day-to-day never-ending" in the early 1980s from the 1990s, has been changed to "everyday you do not know when end". And whether there was on top of the foundation so much vulnerable to Japan, it is enough surprised.
Because the in the "day-to-day never-ending", is not felt little changes in the external perspective of the work produced will be that stare at in the own way. It will be what end of the line of his, that figure of Japan today.
There was a sign from the Lehman shock around, but in the nuclear accident and the earthquake, daily found in the skin feeling to be suddenly transformed.
That happens, the point of view of production will shift rather than yourself, and to society. It is not forced to be so. Influence life-threatening in external factors is because extend yourself.
At that time, do you work what works. It must seek a value different from before.
It is a muscle so artist, attitude expression is to reveal in the works.
It is now struggling with the exhibition plan and pastel.
Salut

|

« 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 | トップページ | 熊本県、松合に行ってきました。思ったこと。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パステル画制作中、以前とは大きく変化し始めています。:

« 【かね屋情報!】今週末コンテンポラリーダンスの公演です!白木聖子さん、「砂時計」 | トップページ | 熊本県、松合に行ってきました。思ったこと。 »