« 影響受けているな~と思うもの② | トップページ | 新町三畳美術館「衝動のシルエット」展開催のお知らせ。 »

2013年5月31日 (金)

計算が苦手。

 この世で最も苦手なのは、計算、算数、数学です。

 
 最も単純な「足し算」さえ、電卓を使っても覚束ない始末です。
 
 そんな自分が、今年の事業収支だの、来年の事業予算だの、賃借対照表だのをひとつずつ片付けているのがNPOアートスイッチの事務なのです。
 
 これだけ数字が苦手な人間が、どうにかこうにかやれる位ですから、普通の計算能力をお持ちの方ならまぁ、どうってことない事務作業なんだと思います。割と本気で、どうということはなかろう、と思います。が、苦手なんですね。やはり。
 
 昔ゲーセンで事務仕事していたとき、損益を毎月計算していたのを思い出しました。年間で1億円弱の売上高のところで、経費とか賃借、人件費その他もろもろの計算を深夜までやってました。芸学卒業で簿記の簿の字もなく、売上と売上高の違いすら知りませんでしたから。棚卸しのときとか、本気でやばかったです。本気で計算が苦手ですから。
 
 イベント企画を立てるとき、費用対効果、利益率、稟議書の通し方、根回しの仕方、全部ここで勉強しました。今思うと、ここの経験がなかったらアートイベント企画とか無理だったかも知れません。
 
 運命というのは、どうつながっていくのか分からないものです。
 
 プロジェクトというものを進めていくときにも、様々な計算をしなければいけません。それは数だけではなくて、人と人が会うことで起こる影響だとか数値にしにくいこともある程度は慮るわけです。
 
 アートですから、むしろ数量に変換できないものを扱うのが仕事です。この変換できないものを様々に言葉や数値で評価していきます。
 
 こういう計算は好きですね。価値を生み出し、定量評価していく基準を考えていく仕事。
 
 過去の偉大なアーティストって、割と理系というかきちんと計算できる人が多かったのではないかと、思っています。
 
 アートは本来、理系の頭脳で理詰めで構築していくものというのが常道です。
 
 ただ、アーティスト本人には完全な理論であっても、なかなか世間が理解しにくい、というのがアーティストの現世での姿に近いのでしょう。
 
 アートに関わって、鑑賞者じゃなくて当事者として生きていくのなら、あらゆる計算は得意な方が有利です。
 
 でも、苦手なんだな…
 
 サリュ
Calculation, arithmetic, what is weakest in the world is the math.
Even the simplest "addition" is not objective settlement bundle even with a calculator.
It is the office of NPO Art switch's put away one by one for a business balance of this year, it's a business next year's budget, such myself, from a balance sheet.
I think that is weak in humans, because the numbers are in I can do that somehow only this, well, who cares? With'm a office work never person if you have the computing power of the ordinary. I think really comparatively, and, would not have called if that. But, but I was weak. Again.
When I was in the office job arcade old days, I remembered it from had to calculate the monthly profit and loss. At the sales of 100 million yen weak, I was doing until midnight expenses such as rent, the calculation of labor costs other whatnot over the years. Without a character of the book of bookkeeping gay science graduate, and because I did not even know the difference of sales and revenue. Like when the inventory, it was Yabaka~tsu seriously. Because it is not good to be calculated seriously.
When planning an event planning, cost-effective, profit margins, how through the approval documents, how to pre-arranged, I studied here all. When I think back, it may have been impossible such as Art event planning if you do not have experience here.
The fate that is what you do not know what will lead.
Even when you are pursuing what's called project, and must be to the various calculations. It is not only the number, to some extent is not Omonbakaru also be difficult to to a number such as a effect that occurs in a person and people meet.
Because it is art, it is the task to be addressed things that can not be converted to quantity rather. We will continue to evaluate a number and variety of words to what you can not convert this.
I like the kind of calculation. Work to create value, and we consider the criteria continue to quantitative evaluation.
What great artists of the past, people can be calculated properly or rather science is comparatively or not were many, though.
It is common practice art is that which originally, will continue to build in Rizume in the brain of science.
However, even a complete theory in the artist himself, it's difficult to understand the world will quite close to the figure of the artist in this world.
And involved in art, If you're going to live as a party to, not the viewer, who is good at all advantageous calculation.
But, It 's not good ...
Salut

|

« 影響受けているな~と思うもの② | トップページ | 新町三畳美術館「衝動のシルエット」展開催のお知らせ。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計算が苦手。:

« 影響受けているな~と思うもの② | トップページ | 新町三畳美術館「衝動のシルエット」展開催のお知らせ。 »