« 絵画制作に集中しています。 | トップページ | 自分が影響を受けたことの、ルーツを思い出してみる。 »

2013年5月26日 (日)

五美人図 朱雀(ごびじんず すじゃく)解説。

 今回、2年かかって以前からの作風を脱構築して描いた「五美人図 朱雀」の解説というか忘備録です。

 作品の画像は6月22日以降に公開予定です。
 
 自分用にこの絵のコンテキストをここに書いておきます。
 
 そもそもこの絵を描こうと決めたのは、福島第一原発の事故でした。言うまでもなく、未だに人が入れないレベルの放射能を放出している場所があります。
 
 誰も正確には、この事故が現在から将来において日本や世界にもたらす影響を、予測できない。
 
 何が起こっているのか、進行しているのか。
 
 メディアを見回すと、このネタはもう古いとばかりに新しい話題でもちきりです。
 
 過去の特定の歴史を殊更採り上げてみる政治家とか。
 
 そうなれば美術家に出来ることは、作品としてこのことを普遍性をもったものにして世に問うことだけです。
 
 普遍性を考えたときに、なぜ日本はこんなどつぼにはまってしまったのかを自分なりに定義しなければいけない。
 
 思い浮かんだのは、葛飾北斎の五美人図でした。江戸後期、身分が違う女性五人を同じ場所に絵として描いたものです。一生のうちに決して交錯することがない女性たち…発想が凄いとずっと思っていたのですが、このテキストを現代に当てはめることはできません。身分が違う、という階級社会ではないから基本的には会いたい人には会いに行ける社会です。
 
 北斎は問題意識として描いたのではなく、事実を描いたに過ぎないのでしょうが、当時の階級社会の本質を美を通して見事に表現しています。
 
 実物も福岡で見ました。
 
 現代で、実際に会えない人とは誰か。
 
 普遍性と北斎の絵の関連が頭の中で合致したのは、この瞬間でした。
 
 時代が違うと会えない。人間は時間だけはどうにもならない。
 
 70年代、学生闘争。
 80年代、バブル。
 90年代、コギャル。
 00年代、ミニマル。
 10年代、派遣、原発を思わせるクリーンスーツ。
 
 時代の表層を彩る五人の女性を描けば、日本の近現代を美術として描ける。
 
 しかも、それぞれの時代の人はまだ生きていています。
 
 現在進行形の普遍性を表現できるのではないか。
 
 さらに、アジアの中の日本という象徴を描きたいと思いました。そのとき発想したのは四神です。もともと中国から日本に伝わったものですが、朱雀、玄武、青龍、白虎は方角を司る神獣です。昔から、今でも、未来でも信仰を集めるアジアの神です。
 
 この神々はアジアの中の日本社会を視覚的に担ってもらう為に、作品の中に構成しました。絵の中の朱雀には五美人を守護して欲しいので、尾に包まれるように描いてあります。また、朱雀の普遍性を視覚的に感じてもらう為に、かなり平面的(立体感を抑えた)な表現になっています。
 
 この絵の支持体はマーメイド紙で、主にハードパステルで描かれています。金の部分は鉄粉にメディウムという一部ミクトメディアという初の技術的な試みをしています。
 
 朱雀の部分はパステルで描き終わったあと、水性ニスとリンシードオイルでコーティングしてあります。神の部分だけ絵的にも耐久度と光沢が増しています。
 
 人物の部分はマット仕上げなのでどの角度からも見えますが、朱雀の部分は光の加減で一部視認できないのです。朱雀の後光の表現です。
 
 構図に関しては引用は北斎の絵が縦に長い、という位に留めて、今まで培ってきた感覚全開で構成しています。現実的にどうかというより、櫻井栄一的にはこれが正しいといういつものやりかたです。
 
 北斎の鳳凰図の逆さ冨士はオマージュとしてあえて再現していますが。
 
 四神図ですので、当然これからあと三図を描きます。福島第一原発という荒ぶる神を鎮魂するという意味あいもあります。
 
 コンテキストはこのような感じですが、結果的には見た瞬間、何だ?!となる絵になっていればいいなと思います。
 
 どんなにコンテキストがあっても、絵に魅力がなかったら無意味です。
 
 そこのところの勝負にまでなっていればいいなと祈りつつ。
 
 サリュ
This time, it is  recording or rather commentary drawn by deconstructing style from the previously suffering two years of "five beautiful view Suzaku".
Image of the work is coming in after June 22.
I'll write here the context of this picture for yourself.
The first place was decided to draw this picture, it was an accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant. Needless to say, there is a place that emit levels of radioactivity a person is not still put.
To be precise, this accident can not be predicted, the impacts of the world and Japan in the future from the present everyone.
What's going on, whether you are in progress.
Looking around the media, it is buzzing with a new topic in this story is just the old anymore.
Such as politicians try to deliberately taken up the history of a particular past.
Can do artist If that happens, the only thing you ask the world to what you had a universality that as this work.
We have to define in my own when I think of universality, why Japan is whether got addicted to this Dotsubo.
You came to think, it was five beautiful view of Katsushika Hokusai. It is a thing of the late Edo period, as the picture painted in the same location five women who have different status. We thought all the way women ... there is no idea that you never crossing out of life is great, but you will not be able to fit in this modern text. It is a society that go to see the people you want to meet in basically not a class society status that, different.
Hokusai instead of painted as awareness, you will not only to depicting the facts, but to express stunning beauty through the essence of the class society of the time.
I have seen the real thing in Fukuoka.
In modern times, Who are the people who do not actually meet.
Relevant picture of Hokusai and universality's matches in the head, it was this moment.
I do not meet age and different. Human is not an answer to the only time.
70s, students struggle.
80s, bubble.
90s, Young Gals.
00's, minimal.
10's, dispatch, clean suit reminiscent of the nuclear power plant.
If you draw a woman of five people who decorate the surface of the times, the draw as modern and contemporary art of Japan.
Moreover, people of each era are still alive.
Is not it as it can express the universality of the ongoing.
I Furthermore, I would want to draw a symbol of Japan in Asia. Was the idea that time is four God. It is the one that was introduced to Japan from China originally, Suzaku, Xuanwu, blue dragon, white tiger is God beast that controls direction. For a long time, even now, is the God of Asia to collect faith in the future.
In order to get to play a visual Japanese society in Asia, the gods were configured in the work. Because I want you to protect the five beauty to Suzaku in the picture, It's drawn to be wrapped in the tail. In addition, in order to get a visual feel the universality of Suzaku, and it is the expression (held a three-dimensional impression) plane fairly.
Support of this picture at Mermaid paper, we are drawn in pastel mainly hard. Gold pieces are an attempt technical first part of Miku SmartMedia of medium to iron powder.
After you have finished drawing in pastel, and has been coated with linseed oil and water-based varnish is part of Suzaku. Gloss and durability are more than ever pictorial only part of God.
It looks from any angle part of the person is a matte finish, part of Suzaku can not I part visible in a trick of the light. It is a representation of the halo of Suzaku.
Bear in place of Hokusai painting that, long vertically quote, is configured with full throttle sense that we have cultivated up to now with respect to composition. This is the usual way rather than whether realistically, this is correct in Sakurai Eiichi basis.
Fuji upside down phoenix figure Hokusai is to reproduce dare as a tribute.
Because it is four divine figure, draw a diagram after three now of course. There are also implications of requiem to the Violent God of the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
Context is like this, but the moment I saw as a result, it's what? ! And I hope that as long as the picture is that it is.
Even if there is context however, it is meaningless if there is no appeal to the picture.
While prayer and I hope if it is to the game of place there.
Salut

|

« 絵画制作に集中しています。 | トップページ | 自分が影響を受けたことの、ルーツを思い出してみる。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五美人図 朱雀(ごびじんず すじゃく)解説。:

« 絵画制作に集中しています。 | トップページ | 自分が影響を受けたことの、ルーツを思い出してみる。 »