« のどに刺さった小骨が取れたような感じです。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013に参加します! »

2013年6月12日 (水)

新町三畳美術館「衝動のシルエット」展について。

 新町三畳美術館では、初の二人展を開催します。
 モヒカンポシェット&岡松トモキです。
 コラボレーションという形式になりますが、ファッションとフォトグラフは親和性が高く、切り離せない関係性です。
 アートという角度で見た場合、どういう風に構成するのかが見所になります。
 正直、未だに着地点は見えていませんが、ただ、お互いの作品を展示するというかたちにはならないでしょう。
 お互いの創造性の中に少し入りながら、何かが表現できないか、という展示になるでしょう。
 コラボレーションという概念は、今やあたりまえになりましたが、お互いの関係性をどう捉えるかで無限の表情を見せます。
 よくもわるくも、入り口が広いので入りやすい表現方法ですが、成果物がよくなるためには色々と課題も多い表現方法です。
 モヒカンポシェットと岡松トモキは、一緒に仕事をすることも多いので、お互いの創造性の特性の理解は深いと思います。
 そこから、どういった表現が生まれ、展示はどうするのか。
 新町三畳美術館ならではの何かが表現できればいいなと思っています。
 これまで、しばらく「かね屋」での展示紹介が多かったのですが、モヒカンポシェット&新町三畳美術館も現役の町屋ということで、改めて紹介していきます。
 今年で開館4年目になります。
 実感からすると、本当に一瞬ですね。
 4年前は、町屋への注目度は低かったのですが今では空き町屋を探している人たちがいます。新町三畳美術館も長いこと空き屋だったのを改装して今の状態にしました。
 築100年です。
 まだまだ現役でいけます。
 昔の建物はすごいな~。
 サリュ
In Shinmachi Triassic museum, I will hold a two-person show for the first time.
Mohikanpochette and Okamatsu Tomoki.
It is in the form of collaboration, but the affinity is high photograph and fashion, it is relationships that can not be separated.
It is to highlight when viewed at an angle of art, and whether to configure how does.
Honestly, I do not see it landing point but still, only, you will not be in the form of the works of each other.
It will be on display while entering a little in the creativity of each other, that something, or can not be expressed.
The concept of collaboration is now commonplace now, but show an expression of infinite How on whether you perceive the relationship of each other.
It is a mode of expression that easy to enter or worse dare, entrance so wide, but it is representation issues in various ways, there are many for the artifacts is improved.
The Okamatsu Tomoki and Mohikanpochette, we feel it is to work together much so understanding of the characteristics of the creativity of each other and deep.
From there, the expression what was said is born, if the exhibition do.
We are Hoping I something of Shinmachi Triassic museum only if possible representation.
Until now, the introduction at the exhibition "money shop" is I had many a while, Mohawk pochette & Shinmachi Triassic museum also means that Machiya of active duty, I will continue to introduce again.
It becomes the fourth year of opening this year.
From a feeling, It is really a moment.
4 years ago, Attention to Machiya is of lower but are people who are looking for a free Machiya now. I was in a state of now Shinmachi Triassic museum also a renovated was a free shop that long.
Is a 100-year-old.
I can go in the still active.
Building of old-Its crazy.
Salut
 

|

« のどに刺さった小骨が取れたような感じです。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013に参加します! »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町三畳美術館「衝動のシルエット」展について。:

« のどに刺さった小骨が取れたような感じです。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013に参加します! »