« アニメについて。 | トップページ | 今度の参議院選挙は目立った争点がないとかいうメディア。そんなに福島から目を逸らしたいのか。 »

2013年7月 1日 (月)

衝動のシルエット展、折り返し地点です。in新町三畳美術館。

 現在開催中の企画展、衝動のシルエット展in新町三畳美術館の開催期間が半分過ぎて、折り返し地点にきました。

 ご来館頂いた皆様、誠にありがとうございます。
 
 おかげさまで作品も、順調に皆様のもとへ旅立っております。
 
 1年ぶりの企画展ですが、新町三畳美術館という特殊なありかたを楽しんで頂いているようで、ありがたい限りです。
 
 新町の、市電沿いという場所に、三畳でもアート作品を展示する場所があるという面白さがあります。
 
 今年で設立4年目(!)早いですね、月日が経つのは。この分でいくと10年とかあっという間のような気がします。
 
 オルタナティブなアートスペースとして、すごく我侭な企画展を毎回開催しております。今回一年ぶりという位の、本当にやりたい企画のときだけ展開する場所です。
 
 ですから、次回はどんな展示とか、全く決まっていません。考えてはいますが、そう簡単に形にはならないでしょう。
 
 ゆっくりではありますが、少しずつ熊本市新町に根を下ろし始めています。
 
 そういうペースで、アートを楽しむというスタイルもあっていいかなと最近思い始めました。スピードと効率を度外視して、納得できる展示をする。
 
 このスタイルが定着すれば、もっといろんな展示スペースができても楽しいと思います。
 
 と、簡単に言いますが、実はそんなに簡単でもないですけどね。
 
 この4年間を見ているだけでも、オルタナティブっぽいアートスペース(カフェの一部とか)が、出来てはなくなっていくのを横目で見てきました。
 
 スペースをつくってここで個展でも…というのは誰でも思いつきます。ハードルは低め。
 
 作品を発表する場を作るというのは、NPOアートスイッチでも試みています。
 
 色んな発表する場があっていいと思いますが、活動を始めた1999年当時から拘っていることがひとつだけあります。
 
 「誰にも届かない発表はしない」
 
 どういう事かというと、ただ、作品を展示して終わり、集客は運しだい、みたいな展示はしない。ということです。
 
 できるだけ沢山の人に見て欲しい。当たり前のことですが、ここを考えていない展示は個人的に、それだけで見る気がしません。
 
 仕掛けの方向性は多様でいいと思います。
 
 自分の作品を展示するときでも、貸しスペース(賃貸)でやったことはほとんどありません。満足できる集客への努力を感じたことがないから、というのが主な理由です。料金が発生しているにも関わらず、です。
 
 場を貸している、というだけなら騙される新人作家もいるかもしれないので、さっさとなくなってしまえ!と思っていましたが、幸いそういうスペースは長続きしません。やはり。
 
 一人でも多くの方に展示を見て欲しい、そういう気持ちでこれからも企画を展開していきます。
 
 ここまで言ってしまって展開するのも、なかなか怖いものがありますが、実際そういうことをきちんと考えないといけません。熊本で活動するのであれば、ね。
 
 サリュ
Exhibition being held currently, holding period of silhouette Exhibition in Shinmachi Triassic Museum of impulse is too half, I have come to the halfway point.
Everyone who visitors, thank you very much.
Thanks to work also, we have traveled to source of everyone on track.
It is the exhibition of a year, but seems I am enjoying a special way of Shinmachi Triassic museum, as long as it is grateful.
There are fun of Shinmachi, in place called streetcar along, that there is a place to exhibit art work even Triassic.
It is fast (!) 4 year establishment, the months flies in this year. I feel like the instant such as '10 will be if things go on like this.
As alternative art spaces, we hold every time a very selfish exhibition. Of that in one years time, it is the place to expand only when the project you want to do.
So, such as what kind of exhibition, it is not fixed at all next time. I think, but it will not be a form so easily.
Although it is slow, but it is beginning to take root in Kumamoto Shinmachi little by little.
I started thinking recently and I wonder if there is also style in that pace, and that enjoy the art. By ignoring the speed and efficiency, to the exhibition to swallow.
I think this style if established, and various fun exhibition space is also made more.
And, I say easy, but, in fact, but I is not even that simple.
Even just to look at the last four years, you've seen askance (such as part of the cafe) art space like alternative is, the going is no longer made.
Anyone can come up with ... I mean in the solo show here to make a space. Hurdle is low.
It's of creating a place to announce the work, and is trying in NPO art switch.
I think that if there is a good place to announce many, but there is one thing you are concerned since then in 1999 I started the activity.
"Although not announced does not reach anyone"
The thing is, simply, to end on display works, exhibition luck, such like is not to attract customers. It is that.
I want you to see a lot of people as much as possible. It is a matter of course, but personally, I feel that to see it just does not do the exhibition do not think here.
I think the direction of the gimmick is nice and diverse.
Even when you display their works, it is unlikely that you've done in the (rental) Holiday space. Is the main reason is that, because you have never felt the effort to attract customers satisfactory. It is, regardless of charges also have occurred.
Since there may be some rookie writer to be deceived if you just say that it has lent play, Shimae gone quickly! It was thought that, but it does not last long like that space fortunately. Again.
One person even want to look at the exhibition to many people, I will continue to expand the project in the future in that spirit.
And to deploy here to have gone well, there is something quite scary, but it must have a properly thought such a thing actually. I, as long as working in Kumamoto.
Salut

|

« アニメについて。 | トップページ | 今度の参議院選挙は目立った争点がないとかいうメディア。そんなに福島から目を逸らしたいのか。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝動のシルエット展、折り返し地点です。in新町三畳美術館。:

« アニメについて。 | トップページ | 今度の参議院選挙は目立った争点がないとかいうメディア。そんなに福島から目を逸らしたいのか。 »