« この積み重ねの先に、何かがあるんだろうと思います。モヒカンポシェットinJR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 »

2013年7月30日 (火)

クリエイティブアウォード関西、二次審査員を致します。

 以前、少しだけご紹介致しましたNPO輪音プロジェクト さんが企画されているクリエイティブアウォード関西二次審査員をさせて頂くことになりました。

 アサヒ・アート・フェスティバル2013でお会いし、そのご縁で住み開きをされている「511」にお世話になっております。
 
 今度開催するJR大阪三越伊勢丹でのモヒカンポシェットとアートスイッチの企画 でも、大阪での拠点として大変お世話になる予定です、ありがとうございます。
 
 住み開きという場所があることは、今回のモヒカンポシェットの企画展を開催しようと決断するときのポイントとして、非常に大きいウェートになります。
 
 AAFがなければ「511」の存在に気付かなかったでしょうし、JR大阪三越伊勢丹での企画展ももっとハードルが高いものになったでしょう。
 
 そういう意味ではAAFのネットワークは、新しい動きをかなり生みやすくしているという点を、身を持って体感しているところです。
 
 ここからは、クリエイティブアウォード関西についての、アートスイッチとしての解釈です。主催の輪音プロジェクトさんとは多少見解が違うかもしれませんが、審査員が多くいるのも多様性が必要とされているのかなと思い、書いてみます。
 
 このアウォードの対象は関西です。そこで様々に活動されている方を顕彰します。1つ目のポイントなんですが、おそらく、只顕彰しようというものではなくて関西で起こっているクリエイティブな事象を、もっと可視化しようということでしょう。
 
 応募の規定を出来るだけなくして、言語化がまだうまくいかない何かの可能性まで視野に入れています。
 
 もちろん、自分の活動を言語化する能力は必要というか必須なんですが、それ以前になにか「こと」を起こしている「ひと」の存在がありきです。
 
 まだ、自分がしている「こと」の価値とかはよく分からないけど、とりあえず声をあげてみた!という人には是非応募して頂きたいです。
 
 自己評価ってすごく難しくて、世界中の、物事を推し量る価値感をいつも勉強し続けていないと立ち位置が分からなくなるものです。
 
 でも、一先ずはそんなこと関係なくて、クリエイティブだと自分が思っていることをアピールしてみればいいと思います。
 
 2つ目のポイントは、他人の評価が得られるということです。意外にそういう機会は少ないので貴重です。
 
 3つ目のポイントが一番重要なんですが、いきなりネットワークとまではいかなくても、お互いの存在を知る機会だと思うのです。
 
 輪音プロジェクトさんのこの企画を通して、お互いに全く知らなかった「ひと」や「こと」や「もの」が繋がるときに起こるかも知れない、化学反応が、一番重要です。
 
 輪音プロジェクトさん、アートスイッチ、モヒカンポシェットが繋がることで、JR大阪三越伊勢丹での企画が加速したようにです。
 
 出会うことで、ひとがもつ可能性が跳ね上がることを知っています。
 
 是非この機会に関西圏の方は応募されてみて下さい。
 
 8月から応募開始です。
 
 サリュ
 
 
 

|

« この積み重ねの先に、何かがあるんだろうと思います。モヒカンポシェットinJR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリエイティブアウォード関西、二次審査員を致します。:

« この積み重ねの先に、何かがあるんだろうと思います。モヒカンポシェットinJR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 »