« モヒカンポシェット&岡松トモキ 衝動のシルエット展 新町三畳美術館終了です。次の企画は9月18日からの予定です。 | トップページ | 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 »

2013年7月 8日 (月)

つまらないものをどれだけ並べてもつまらない、ということを認める。

 特に、見るに値しない、何も感じない作品というものが自分には厳然とあります。まぁ、誰にでもあると思います。世界中の全ての作品に何かを感じるほど、感受性が豊かではありません。
 
 これは有名、無名に関係ありません。
 
 有名どころで比較すると、ミケランジェロにはすごく感動しますが、なぜかラファエロには何も感じないとかです。ボッティチェルリやフィリッポ・リッピには感動しますが、レオナルド・ダヴィンチには感心はしますが、感動はしない、というようなことです。
 
 あとは、クオリティーの問題があって、質を高めようとしていない作家の作品は全く見る気がしません。
 
 以前にも書きましたが、クオリティーの基準はあくまで自分の作品なので、絵に関しては特に見方が偏っているかと思います。
 
 これも以前から言っていますが、「熊本発、世界へ」アートを発信するのが目標です。そう考えたときに、もちろん自分の作品も振り返って検討しますが熊本の他の作家の作品も考えるわけです、当然。
 
 答えは、NPOアートスイッチの企画の少なさに現れていると思います。
 
 今年の下半期は、NPOの企画はありません。
 
 理由のひとつに、先ず自分の狂いかたが足りないということがあります。少し自分を調律して、狂ったチューニングを出さないと、アートの企画を動かすというようなことは無理ですね。
 
 アート、芸術、ART、というものが一体何か、を考えたとき、すでにやるべきことの答えは出ているはずで、誠実にそれに答えようとしているだけです。
 
 毎回、企画のクオリティーも上げ続けなければいけません。これがハードルが高い。
 
 自分がつまらないと思ったものを、誰かに見せるわけにもいきません。
 
 つまらないものを数を揃えても、やはりつまらないだけです。
 
 しかも数も中途半端だったらなおさらです。デザインフェスタ位の規模だったら、数の圧力で勝負できますが。
 
 ここに書くことは、全て自分にも跳ね返ってきますが、敢えて書いています。
 
 ぬるい状態は「高みを目指す」作家にはよくありません。
 
 「高みを目指す」なら、自分の状態を見抜き、アプローチの仕方を模索し続けるしかありません。
 
 もしアートの企画をやって人が集まらないなら、それは企画や作品がつまらないからでしょう。もしくは宣伝がうまくいっていないか。宣伝の面は、見逃せない点です。
 
 つまらないものを、つまらない、とお互い言えない状態が「ぬるい」状態なのですよ。
 
 つまらなかったら「やめよう」という勇気が当事者には必要です。
 
 サリュ
In particular, there authoritatively for me things do not deserve to see, that the work I do not feel anything. I think Well, and to anyone. Enough to feel something in the work of all the world, sensitivity is not the rich.
Famous, not related to this anonymous.
Compared to one famous example, and very impressed to Michelangelo, but it is such as not feeling anything to Raphael for some reason. It is that you are thrilled to Filippo Lippi and Botticelli, but it is impressed with Leonardo da Vinci, but the impression is like that, not.
After, I feel to see at all does not works of writer you have a problem of quality, not trying to raise the quality.
It was also written before, I think standards of quality because it is your own work only, view and whether the biased especially with respect to picture.
It also said from before, but it is the goal "Kumamoto departure, to the world" is to disseminate art. When I think so, consider looking back also my works of course, but it is the reason also consider works of other writers of Kumamoto, of course.
I think the answer is, and has appeared to lack of planning of NPO art switch.
The second half of this year, there is no plan of the NPO.
Sometimes one of the reasons, mad his shoulder is not enough first. By tuning yourself a little, if you do not issue a tuning crazy, things like that move the planning of art It is impossible.
When I think of art, art, and ART, is, or what the heck, the answer should be doing already should have come up, I'm just going to answer to it in good faith.
Every time, It must continue to raise the quality and planning. High hurdle is this.
It does not go even to not show to someone, what you thought he would boring.
When you align the number of baubles, just boring again.
Besides, it is also all the more number you were halfway. If you were the size of the Design Festa in, You can compete at a pressure of number.
Writing here will work bouncing back to their all, but I am writing dare.
Not good "with the aim of heights" in the writer tepid state.
If it is "aimed at heights", is not it Minuki their condition, can only continue to explore how to approach.
If one does not gather doing the planning of art if, work and planning will be because it is boring. Or advertising is not going well. Surface of propaganda is that it does not miss.
"Lukewarm" state that does not say each other and, boring, baubles'll is the state.
It is required the parties have the courage of "Let's quit" Tara boring.
Salut
 
 
 

|

« モヒカンポシェット&岡松トモキ 衝動のシルエット展 新町三畳美術館終了です。次の企画は9月18日からの予定です。 | トップページ | 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つまらないものをどれだけ並べてもつまらない、ということを認める。:

« モヒカンポシェット&岡松トモキ 衝動のシルエット展 新町三畳美術館終了です。次の企画は9月18日からの予定です。 | トップページ | 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 »