« 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 | トップページ | 信念より、気持ちや感情が大切にされる社会は混乱を招くのかも。 »

2013年7月10日 (水)

熊本市中央区新町の「新鳥町」の、10年間閉まっていた町屋が開くようです。

 

新鳥町の町屋掃除イベント が今週末の14、15日に行われるようです。私も14日の参加できる時間に掃除しに行きたいと思っています。

 フェイスブックページによりますと、新鳥町のコミュニティースペースになるかもしれないそうです。
 
 今後どういう使われ方をするのかは分かりませんが、同じ新町の町屋で色々やっている身からすると、どんな形であれ1日でも多く、町屋のシャッターが開くのはちょっと興奮してしまいますね~。
 
 10年前はカメラ屋さんだったそうで、中がどうなっているのかを知るだけでも町屋好きとしては興味が尽きません。
 
 しかし去年、KUMAMOTO城下町大遊戯2012の為に、かね屋を掃除したのが同じ時期で軽い熱中症気味になっただけに、掃除イベントのときは対策が必要ですね。
 
 10年閉まっていたのか…このような例が相次げば面白いことになると思います。
 
 どんなコミュニティースペースになるのでしょうか。
 
 どんな形であれ、開かれたスペースで、面白い場所になるといいなと期待しています。
 
 サリュ

|

« 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 | トップページ | 信念より、気持ちや感情が大切にされる社会は混乱を招くのかも。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本市中央区新町の「新鳥町」の、10年間閉まっていた町屋が開くようです。:

« 新作パステル画「美人図 白虎」 制作に入ります。 | トップページ | 信念より、気持ちや感情が大切にされる社会は混乱を招くのかも。 »