« 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 | トップページ | 熊本のファッション王国復活の鍵。 »

2013年8月31日 (土)

はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。開催まで2週間と少しです! 

 NPOアートスイッチとして、アートディレクションという形でこの企画展示には関わっています。

 百貨店の売り場で、モヒカンポシェットというパーソナルメゾンが、秋物の新作ファッションを展開するという枠を超えてどうアートと接続するのかが見所となります。
 
 テーマは「雲」です。
 
 モヒカンポシェット、宮部竜二、岡松トモキというジャンルもスタイルも全く異なる三人は、同じ雲を見て真っ直ぐ違う道を歩いてきたのだと思います。
 
 「雲」とは、形のないものに形を与えることを生き方として選んだことの象徴として、テーマになりました。
 
 JR大阪三越伊勢丹4Fという場所の全体のイメージがとても白く、そこに「雲」や空を形として現してみたいと考えました。
 
 作家の想像力の力で、場所の見立てを変えることで売り場に空が現れます。
 
 現在その創作に入っています。
 
 百貨店の売り場という常識の枠を取り外し、何か違うものにしてみる。その先には表現というものがダイレクトに社会と繋がる可能性を孕んでいます。
 
 百貨店には百貨店のルールがあり、作家にはアートとして成立するかというお互いの条件があります。
 
 その部分をディレクションするのがアートスイッチというアートNPOです。
 
 商業施設でアート企画を開催する際に今までの経験上、長年に渡り磨き上げられてきた独自のハウスルールが、様々にあります。
 
 歴史が長いほど、そのルールは繊細で、動かせないものになっています。それはお客様の為に考え抜かれたルールなので、時に奔放な表現を含むアートとしての可能性と摩擦を生むこともあります。
 
 それが駄目なのかというとそういう事はなく、むしろ作家としてはルールの中でどうトライするかという新しい試みが次々に生まれていくことになります。
 
 ルールという枠を意識することで、アートが社会化することが出来るか、常に意識することになります。
 
 その意識が、基本的にはアートに普段興味がない方々にアプローチできるかどうかという試みなのです。
 
 作家がそういう試みを面倒だと考えるようであれば、個展で思う存分やればいいという事です。
 
 百貨店が売り場でそういう試みをしてみようという、トライの場を設けて頂けているのですから、これにどう答えるのかがアートスイッチに問われているのだと思います。
 
 すでに準備期間としてはラストスパートです。
 
 スピードを上げて備えます。
 
 この企画で、熊本のTV番組の取材が入ります。詳細は後日!
 
 サリュ

|

« 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 | トップページ | 熊本のファッション王国復活の鍵。 »

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。開催まで2週間と少しです! :

« 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 | トップページ | 熊本のファッション王国復活の鍵。 »