« ちょっと遅くなりましたが、劇団「市民舞台」公演NAORAI観劇の感想です。 | トップページ | 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 »

2013年8月24日 (土)

机の位置を決めるまで。

 アートイベントの企画は開催当日までに、本当に様々なことがあります。

 当初は企画にGOサインが出ていたものが、状況が変わればNGになることなど日常茶飯事です。
 
 そんなとき、企画のやり始めの頃は文句たらたらで「許可取ったのに」などと言いながら、別の案を出すことが非常に苦痛でした。
 
 最近はどうかというと、別案を考えることはたまに苦痛なこともありますがむしろ面白くなってきています。
 
 状況が変わる、NGが出るということはむしろ好機なのではないかと最近思います。NGですよー→むしろ最初の企画より面白い企画を出す!の流れをつくると、どんどん意外なアイデアが出てきていいにのではないか。
 
 と簡単に書いてますが、「むしろより面白い企画を出す」というところに、表には見えない様々な事象が含まれています。
 
 この部分は、努力ではどうにもならないことの方が多いのです。発想する段階ですから。考え続ける作業に耐えられるか、という努力はあります。いい企画が出るまで、宿題とかにせずにその場で会議を続けること。最初のアートスイッチ会議の頃は、徹夜で会議もざらでした。振り返ってみると、普通の企画の積み重ねだったのですが、0を1にすることの苦しさを知ったのもこの頃です。
 
 1を2や3にしていくことは、そんなでもないかなと思います。積み重ねは大事ですが、クリエーション程の苦しさは感じません。
 
 0を1にするには、様々な葛藤や試練があって、簡単なことのように見えて全然そうではありません。
 
 例えば、机の位置ひとつを決めるのにでも、初めての場所では相当な時間が掛かります。人の導線から、最初に目に入るもののインパクトやら、参加アーティストの属性を考慮したり、その他諸々の諸条件から机の位置は決まってきます。
 
 只、アーティストや作品を並べてるのではないのですよ~。
 
 机の位置を決めるのに、アーティストの企画や展示作品量、ワークショップの規模だったりを考慮するために膨大な資料とにらめっこしながら、何回もレイアウトを考え、変更して詰めて行き、最後に決まります。
 
 その全てに明確な答えはありません。
 
 来て頂いたお客様に、少しでも面白さを快適に感じて欲しいからです。
 
 そういう配慮がない企画はすぐに分かりますよ。見て、参加していると気分が悪くなってきます。生理的に。あぁ、自分の都合を押し付けるだけなんだ~とね。
 
 場所の提供者、主催者、参加アーティスト、お客様のバランスを取り、なおいい企画ができるかがオーガナイザーに課せられた使命です。
 
 アートスイッチは普段アートに興味がない方に向けて発信していますので、これまた色々仕掛けが必要になります。アート関係者ならご理解頂けると思いますが、世間の9割かそれ以上の割合で、普段アートに時間を割いている人はいません。
 
 この方々とどう関わっていくのでしょう。
 
 実は、場所をご提供頂ける企業等も、特段アートへの理解があるかというとそういうわけではありません。それが普通で、当たり前です。
 
 そんな中で、突然NGが出たり、トラブルが起きるのはやはり当たり前のことなのです。むしろ自由度が高いほうが、自制が効かないぶんオーガナイザーには危険かもしれませんね。
 
 自制を効かせなくていいのはアーティストなのですから。アーティストにはむしろできるだけの自由を担保したいところです。
 
 主催が他にある場合はそちらの希望を最大限取り込みます。
 
 開催場所には規則がありますから、アーティストの自由な表現との折り合いをギリギリまで付けます。
 
 重要なのは、この段階でこのアート企画の面白さが骨抜きになっていないか問い直すことです。
 
 もし誰かの意向に沿いすぎて骨抜きになっていたら、どこがそうなったのか検証して全体を立て直さなくてはいけません。
 
 手直せなかったら、やめてもいい。
 
 アートだバカヤローと叫んでね。
 
 でも、そうならないように全体の舵を取るのがオーガナイザーの仕事ですから、まだそうなった経験はありませんけども。
 
 今進行中の企画も色々ありますが、結果的には最初の案より面白くなってきました。場所から生じる限定条件を克服していくと、見たこともない風景に出会えます。
 
 それがホワイトキューブでの展示とは違う、まだ知らない快感に繋がっています。
 
 やめられない感じです。
 
 こうやって、当日までばたばたしているのですね。
 
 サリュ
 
 

|

« ちょっと遅くなりましたが、劇団「市民舞台」公演NAORAI観劇の感想です。 | トップページ | 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 机の位置を決めるまで。:

« ちょっと遅くなりましたが、劇団「市民舞台」公演NAORAI観劇の感想です。 | トップページ | 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。 »