« 机の位置を決めるまで。 | トップページ | はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。開催まで2週間と少しです!  »

2013年8月27日 (火)

珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。

 もともとはのんびりした性格のはずなのですが、結構な勢いで活動が多角化し始めています。

 
 望んだ展開ではあるのですが、開けてくると一気に展開が速くなります。
 
 全国的な展開をする為には、もっと力を付ける必要があります。フロックにならないように、運に頼らない活動をしていきます。運は悪い(笑)、くじで当たった試しがない。
 
 一歩ずつ確実に進んで行くしかない。
 
 というスタンスは最初から、これだけはブレないです。地味な性格なのですね。
 
 器用ではないので、本当は多角的な活動展開は苦手なのですが、ひとつひとつの時期を微妙にずらすことで気持ちを切り替えるようにしています。
 
 全ての展開が、繋がっていますからどれも疎かにはできません。
 
 昔ビジネスの極意を教わったことがあります。
 
 「担保を作って、一番高い場所へ挑戦する」
 
 これだけ。
 
 でもこれが自分にとっては唯一の極意だと、今では確信しています。
 
 担保とは、「確実にできること」の事です。最低限、なにもかもうまくいかなくても、これだけは確実!というものを押さえておくこと。
 
 アートイベント開催であれば、お金で押さえられる会場を押さえておくこと。
 
 これで、全ての会場交渉が失敗しても、最低限のイベントはできますね。
 
 次は一番高い場所です。
 
 もちろん現状の自分にとっての事です。
 
 そこに挑戦できるのも、最低限の担保を取っているから安心してできる。ということ。
 
 このやり方を愚直に繰り返すとどうなるかというと、担保部分のステージが高くなっていきます。
 
 そうなると、より高い場所が見えてくるわけです。
 
 運でも魔法でもなくて、当たり前のことです。
 
 よく間違うのが、担保の部分を準備しなくていきなり高い場所へ挑戦し、失敗して何もない、という状態です。
 
 高い場所への挑戦は、素晴しいことだと思いますが9割以上失敗するのを見込まなければいけません。そこで失敗したら、最低限のところで企画を実行しなくてはいけません。
 
 これをやらないと、次に繋がりません。
 
 これが一歩一歩進むということの、具体的な歩みです。
 
 今回はこれ以上書くことがないですね。
 
 サリュ
 

|

« 机の位置を決めるまで。 | トップページ | はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。開催まで2週間と少しです!  »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく、ビジネスの極意。自分にとっての。:

« 机の位置を決めるまで。 | トップページ | はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。開催まで2週間と少しです!  »