« いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 | トップページ | 戦闘力のある企画。 »

2013年8月 2日 (金)

俳句ですよ。新しい企画です。

 去年からずっと考えていて、まだ企画化していないアートイベントを先日のカオスな飲み会で思い出しました(笑)ので、忘備録として書いておきます。

 先ず、俳句を読みます。その景色を屏風絵にします。
 
 以上。
 
 うわ、単純。
 
 いやいや、毎回、この位、企画の芯は単純なんです。
 
 これからどう持っていくかが企画者としての仕事なんですけれども。
 
 こんな早い段階で企画を公開したのには理由があります。協力者をここで呼びかけてみたいと思います。
 
 企画を出してみたものの、俳句に詳しくないこと。
 
 以前の演劇のときもそうでしたが、企画してみたものの、そのジャンルに詳しくない、ということは多々あります。ジャンルを横断して新しいことをやろうとするときには、仕方ありません、自分の専門分野に閉じこもっているわけにはいきません。
 
 俳句を読む、というと難い印象がありますが、読むときの前提条件として、「宴会をしている」状態というのがあります。
 
 大人は酒を飲みながら、子供はジュースにお菓子で和みながら俳句を読む、というところからスタートしたい。
 
 そこで読んだ俳句の中から、景色がよく見えるものを選んで屏風絵を描きます。これ、ライブペイントで、絵描きは自由に酒を飲みながらという状態です。
 俳句を読んだ人は、その句がどういう絵になるのか楽しめます。絵描きは酒のんでますが若干プレッシャーかもしれませんね。
 
 この企画の押しポイントは「俳句」「酒」「絵」です。
 
 特に俳句は、日本語が持つ潜在能力をフルに駆使するものです。そこから生まれる景色を「絵」にする、これ以上に日本の文化を誰が見ても分かるレベルで可視化する企画は他にないと思います。
 
 こういうことはね、思いついたら一刻も早くやるべきなんですけれども、予算がない(泣)。助成金とか取りにいけばいいんでしょうけど、まだ企画がこの段階では無理ですね。
 
 なので、少しずつ進むことにします。無理しないように。
 
 先ずは俳句に詳しい人、いませんか。
 
 新しい企画を立てるときはいつもそうなんですが、この企画、絶対面白いから!ということしか今は言えなくて、困っています。ビジョンは完璧に見えていますが、説明する為には企画書が必要。
 
 全然書いてない。
 
 アドバイスでも何でもいいんで、誰かコメントでもfacebookでも、twitterでもいいんで何か下さい~。
 
 少しでも反応がありましたら、この企画を進めます。なければ、当面、お蔵入りということになりますのでよろしくお願い致します。
 
 サリュ

|

« いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 | トップページ | 戦闘力のある企画。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳句ですよ。新しい企画です。:

« いよいよ宣伝を始めます。大阪での展示企画が正式に情報オープンです。 | トップページ | 戦闘力のある企画。 »