« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

山鹿、天聴の蔵。

 熊本県、山鹿市の豊前街道に八千代座 がありますが、その近くに天聴の蔵 というもと酒蔵を改装した多目的スペースがあります。

 そこで9月28、29の2日間、鶴田一郎展がありました。
 
 その展示ですが、森英顕キュレーションという、普通の作品展示とは一味違う構成になっていました。
 
 鶴田一郎さんと山鹿の縁は、山鹿灯篭祭りのポスターを25年に渡って描き続けている事です。
 
 その25作品をパネルにして、天聴の蔵に展示し、映像作品とご本人のインタビューが流されていました。
 
 他の部屋には原画が展示されていましたが、やはりメインは25年という関わりの時間と、天聴の蔵という、もと酒蔵が今たどり始めた新しい時間、そして山鹿灯篭祭りが行われていた時間を視覚的に見せていたパネル展示でしょう。
 
 山鹿という地域でしかできない、独特の空間でした。空調の関係上、原画を長期間展示できない状態のようでした。2日間とかではなく1週間位期間があればいいのにという贅沢な展示でした。
 
 山鹿は段々、アートが熱くなってきています。
 
 今後の動きも注目ですね。
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

モヒカンポシェット in JR大阪三越伊勢丹、残り4日です。

 熊本発信のパーソナルメゾン、モヒカンポシェット in JR大阪三越伊勢丹での企画展は残すところ4日となりました。

 おかげさまで大阪の皆様に暖かく迎え入れて頂き、誠にありがとうございます。
 
 モヒカンポシェットに限らずですが、よく訊かれる質問があります。
 
 どうして熊本で活動しているのですか?
 
 単純に、より都会の方が確かにあらゆるチャンスは多いと思います。そういう意味では都会在住の方が成功しやすいのかも知れません。
 
 それでも、地方というより熊本在住のまま活動していきたいのです。
 
 先ず、水がうまい。全部地下水ですよ。
 
 食べ物がおいしい。
 
 山、海の環境が素晴しい。
 
 なにより、どこに行っても温泉がある。
 
 さらに、政令指定都市規模の地方都市であること。
 
 歴史があります。
 
 おいしい水と食べ物を食べ、温泉に好きなときに入り、たまに海や山でリフレッシュ!欲しいものはネットや街に出ればほとんど揃います。
 
 恵まれすぎている気もしますが、これが熊本です。
 
 生まれ育った場所でもあります。
 
 一昔前は全国に先駆けたファッションでも名を馳せました。
 
 熊本は住むには最適の場所です。
 
 デメリットがあるとすれば、モヒカンポシェットのようなパーソナルメゾンが沢山出てきて経済活動ができる経済スケールはあまりないことです。アートも同じです。
 
 しかし、熊本を軸足にして日本全国を活動範囲とすれば、問題はないでしょう。
 
 軸を熊本に置ける!と確信できるまで約10年ほど時間がかりました。
 
 今後も様々な地域で展開していく予定です。
 
 サリュ
Personal Maison of Kumamoto outgoing, exhibitions in Mohikanpochette in JR Osaka Mitsukoshi Isetan is now the 4th place to leave.
And I warmly welcomed everyone to the Osaka Thanks, thank you very much.
It is not limited to Mohikanpochette, but there is a Frequently Asked Questions.
Why is it working in Kumamoto?
I think simply, towards the city is often every chance more reliably. It may better urban resident be easy to succeed in that sense.
Still, I want to continue to work while living in Kumamoto rather than local.
First, the good water. It is all groundwater.
Food is delicious.
Mountain environment, the sea is splendid.
Above all, there is a hot spring where you go.
In addition, it is a provincial city of ordinance-designated city size.
There is a history.
Eating delicious food and water, to enter the time you want to spa, refresh in the mountains and the sea sometimes! What you want is almost set if appear before the town or net.
I feel you are too blessed also, but this is the Kumamoto.
It is also the place was born and raised.
I have won fame in the fashion ahead of the country a decade ago.
Kumamoto is the perfect place to live.
If there is a disadvantage, it is that economic scale that can be personal Maison economic activity, such as Mohikanpochette came out a lot of not much. Art is the same.
However, if the scope of activity over Japan to the side of the foot Kumamoto, will no problem.
I put in Kumamoto axis! Time was borrowed about 10 years until I can believe.
We plan to expand in various regions in the future.
Salut
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

コンテキストではないアートの話。

 現代アートの話になると、どうしてもデュシャン以降のコンテキストからの話になりがちですが、それとは違う話です。

 そもそも芸術、アートの根本というのは、なにもない場所へ何かを生み出す行為と思うのです。
 
 そのやりかた、道筋、先人の歴史、の詳細をコンテキストと呼ぶと理解しています。
 
 もし今、デュシャンを知らずに便器にサインして展示したとしても、その人は実は天才かもしれませんがアート史的には意味がないことです。
 
 そういう回り道をしないようにあるていどアート史を学ぶ必要があると思います。
 
 それとは別に、そもそもアートとは何ぞやとなったときに、先述した、何もない場所に何かを生み出そうとする行為をそう呼ぶのだと個人的に思っています。
 
 その行為への熱量が大きいほど、凄い美が生まれる可能性が高まるのでしょう。
 
 この只ひとつの真実がアーティストを追い込んでいきます。
 
 もともと何もないことに最初から気付いているのと、あとから気付くのでは命に関わるのでアート界に進む方はよく考えた方がいいです。
 
 コンテキストをアートと取り違えると、命取りです。それはアートの文脈であってアートの本質ではないからです。文脈はマーケットを生みますがアート自体を生み出しません。
 
 無。
 
 そこに自分の何かを生み出す行為。
 
 行き詰まりもします。何もないのですから。
 
 だからどう、という話ではありません。
 
 アートとはそういうものですよ、という話。
 
 サリュ
When it comes to contemporary art, tend to be talking about from the context of the Duchamp later anyway, but it is a different story from that.
I think the first place that the root art, of art, an act of creating something to empty area.
I understand the call context and the details of the history, the way, way, of our ancestors.
Now, as well as exhibited by signing the toilet bowl without knowing if Duchamp, who actually might be genius, but it is that there is no meaning in the history of art.
I think that there is a need to learn the art history to some extent in order to avoid such a detour.
Apart from that, I think personally when it became the first place respectively what the Ya and art, and they call so the act of parturient something mentioned earlier in a place that is not nothing.
Possibility that the amount of heat as to the action is large, great beauty is born will the increase.
One truth only this will continue in drove the artist.
You should consider well is good to those who advance the art world because life-threatening and it's aware from the beginning that nothing originally, and in a later notice.
If you mix up the art context, it is fatal. It is not the essence of art is a context of art. You rise to market context, but does not produce the art itself.
Free.
Acts that produce something of there own.
I will also impasse. Since I do not do anything.
So that, if it is not a story.
Story that, I like that thing with art.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

大阪歩き。

 9月18日、JR大阪三越伊勢丹での「はじめまして モヒカンポシェットです」展初日の日、会場を作家におまかせして初大阪歩きをしました。

 前日に、輪音プロジェクトの田中代表に、なんばから心斎橋まで夜の観光案内をして頂き、なんばのディープコアな部分を見ておぉ~となったのでした。
 
 なので、夜の大阪のコアな部分を垣間見た気分になったので、もっと大阪を知りたいと思い出かけたのは新世界。
 
 通天閣。
 
 もちろん、早速登ってきました。
 
 エッフェル塔にも、東京タワーにも、スカイツリーにも登らなかったのですが、なぜか登ってしまった通天閣。
 
 理由はキン肉マン展が開催されていたからという、アラフォーのおっさんにアピールする企画が大半を占めます。
 
 もちろんビリケンさんも見たい。
 
 で、実際のビリケンさんですが、写真を撮る為の順番待ちはOKなのですが、若い女性スタッフに写真を撮って頂くたびに「ビ~リケ~ン」という掛け声の洗礼に耐えられるはずもなく脇からちら見で満足しました。足の裏触れず残念。
 
 キン肉マン展は、等身大のフィギュアが見れて満足。実物大のバッファローマンのロングホーンはちょっとうけた。
 
 もちろん串かつも。ここでビールを飲んで調子に乗り始めます。
 
 次、どこに行こうかと考えたとき(行き当たりばったり)、ふと浮かんだのが西成でした。熊本に存在しない空間に興味があり、暴動が起きる空間てどんなだと思い行くことに決めました。
 
 地図も案内もなく、手ぶらなので地下鉄の駅で西成区に行くルートを確認、あいりん地区の場所も分からないので西成警察所の文字を、地下鉄の駅で探します。
 
 それで、花園という駅でその文字を視認!急いで地下鉄を降ります。だいたいどこに行ってもこんな感じで移動します。
 
 駅降りて、線路の方へ歩きます。ガイドなくても、線路沿いやガード下、河川沿いなどある種の別な空気感があるのは日本全国同じだと思います。
 
 やはり、そうでした。
 
 着いたのは15:00時位でしたが、路上にはおっちゃんたちが溢れて酒盛りです。一泊800~1200円の文字が町に溢れ、激安の惣菜屋があり、売り物だかなんだかわからないもの売りがいます。
 
 自分もアラフォーのおっさんですが、町には40代すらいなくて高齢化が進んでいるのが見てわかります。
 
 あれだけある特定の世代と男率が高いと、ロスジェネの派遣労働率をふと思い出します。
 
 この町がどうなっていくのかは分かりませんが、ある種の楽園感も感じました。行き場がここにあってよかったねという。
 
 ネットカフェ難民にはない、町のゆとりというか。今の若者が追い詰められていく場所はこの町ではないんだな。
 
 町に逃げ込む場所があるというのは、とても重要なことです。
 
 色んなことを考えますが、次に大阪城に向かいます。
 
 ここも場所が分からないので、地下鉄の駅名で向かいます。近くになってくると、近隣アジア諸国からの旅行者が増えてくるので、その人たちが降りる駅でおります。
 
 こんな感じで移動するのも、旅行の醍醐味。
 
 17:30位に大阪城着。
 
 城を見ながら缶ビールを飲みます、最高の贅沢ではないでしょうか。さっき西成で路上で飲んでたのに影響受けてるのと、日中は真夏並みの暑さだったからです。
 
 次にはなんばに移動して、昨日教えてもらったラーメン「金龍」にて実食。唐辛子とニラのトッピング(無料)を入れました。旨かったです。
 
 そんなこんなで、大阪歩き終了。
 
 アートとはかけ離れた町歩きでしたが、発見は随所にあって、とても面白かったです。
 
 空堀商店街とか行きそびれたので次回は是非。
 
 サリュ
September 18 , the day of the JR Osaka Mitsukoshi Isetan first day of Exhibition " is a Mohawk pochette Nice to meet you " , was the first Osaka walk to entrust to the writer venue .
The day before , Tanaka representative of wheel sound project, We have a tourist guide from night to Shinsaibashi Namba , it was became a ~ Oh to see the deep core part of Namba .
So, I went out of hope to have mood you a glimpse of the core parts of Osaka at night , and want to know more Osaka The New World .
Tsutenkaku .
Of course , we have to climb immediately .
Also to the Eiffel Tower , I did not climb to the Tokyo Tower , and also Sky Tree , but Tsutenkaku you've climbed some reason .
Kinnikuman exhibition that because had been held reason , planning to appeal to the old man of Arafo will account for the majority .
I also want to see Billiken 's course .
Which is exactly Billiken 's practice, waiting to take the pictures is the OK, but no should be able to withstand the baptism of the slogan "fine - Rike - emissions" every time I am taking pictures in young female staff I was satisfied with the flickering seen from the side . Sorry not touch the soles of the feet .
Kinnikuman Exhibition , satisfaction is to see the life-size figures . Long Horn of Buffalo Man full-scale was given a little.
Also skewers of course . It will start is elated to drink beer here .
It was NISHINARI ( willy-nilly ) , it 's came suddenly when he thought next , where to of going . I decided that there is interest in a space that does not exist in Kumamoto , go I think that it is what Te space riot occurs .
Look at the subway station , the character of Nishinari police station to check the route to go to Nishinari district in the subway station map also without assistance , so empty-handed , you do not know the place of Irene district .
So, viewing the character at the station called Garden ! Get off the subway in a hurry . Go for such a feeling wherever you go roughly .
They got out of station and walk towards the line . I think even without guide , there is a different feeling of air of certain guard under and along a railroad line , such as along rivers that's the same all over Japan .
Again , it was so .
I arrived it was 15:00 in , but it is carousing uncle who is full of the street . Character of 800-1200 yen per night is full of town , there is Prepared Meals of deep-discount , you have sell what you do not know somehow I 'm for sale .
My old man is also of Arafo , but you can see by looking aging 's progressing without not even 40s in town .
Man ratio is high and the generation of certain only that , I suddenly remember the dispatch labor rate of Rosujene .
I do not know how this town is either going to become , but I felt a sense of paradise certain . And that it was good that there is nowhere to go here .
Not in the net cafe refugees , or that clear of the town . Where the young people of today goes at bay from a very do not this town .
Of that there is a place to escape into town , it is very important .
Consider the various things , but it goes to Osaka Castle then .
Here also do not know the place , I will head in the subway station name . If you become close , travelers from neighboring Asian countries , so come more and get off at the station where the people get off .
And to move for such a feeling also , best part of the trip .
Osaka Castle onto the 17:30 position.
I drink a can of beer while watching the castle , would not a luxury of the best . And and are receiving effect even after drinking on the street in Nishinari earlier , during the day because it was the heat of the summer average .
Go to Namba , the actual eating ramen you taught me yesterday in the " Kinryu " in the next . I put a free topping of leek and pepper . It was delicious .
All told , Osaka walk end .
It was a town walk that far from the art , but there everywhere , found was very interesting .
Come the next time because I forgot to go such as Karahori mall .
Salut
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

【開幕】はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。

 18日より、いよいよモヒカンポシェット「はじめまして モヒカンポシェットです」展が開幕致しました!

 準備、搬入に3日間かかりまして、会場はアートとファッションが交錯した不思議な空間になっています。
 
 初日から順調な滑り出しで、期間中に何が起こるのか楽しみでもあります。
 
 
 会場のテーマは「雲」と「空」です。
 
 一昨日(17日)搬入で、昨日(18日)の夜行バスにて一人熊本に帰ってきて、今夜中には会場の写真をHPにて上げたいと思っております。体力が尽きた場合はご容赦下さい。
 
 梅田周辺は初めて行きましたが、周辺の建造物が巨大で遠近感がうまくとれない程です。
 
 ものが溢れる中で、どれだけひとつの作品(服)に魂を込められるか、ということだと思いました。今はまだ宣伝も行き届かず、多くの方の目に触れていない状態で、今後どうこの辺をクリアしていくかといういつもの試練があるのですが、地道にやっていくのが一番の近道と思います。
 
 本日は2日目です、どんなストーリーが生まれていくのでしょうか。
 
 直に触れてみて下さい。
 
 サリュ
 
From the 18th, Mohikanpochette Exhibition "is a Mohikanpochette Nice to meet you" was I finally kicked off!
It took three days of preparation, the loading, the venue has become a strange space where art and fashion has been crossed.
 
I am also looking forward to a good start from the first day, what happens during the period.
 
 
And "cloud" theme of the venue is "empty".
 
We believe in the (17th) carry, to come back to one person at Kumamoto night bus (18 day) yesterday day before yesterday, and want to raise at the HP photo of the venue before the night is through. Please forgive me if the strength is included.
 
I went for the first time Umeda, but it is enough to perspective does not take well buildings around huge.
 
I thought in what is full, it 's that, or is put the soul in one work (clothes) how much. Advertising is also not prudent just yet, while not touching the eyes of many people, I have a test usual How can that find ways to clear around here any longer, but the best way is going to do to steady I think the shortcut.
 
It is the second day today, what kind of story or do you go born.
 
Try to touch directly.
 
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

明日はいよいよ大阪へ移動です。2日前から搬入、仕込みが始まります。

 ファッションとアートの企画展「はじめまして モヒカンポシェットです。」in JR大阪三越伊勢丹の搬入と仕込みを行う為に、明日の夜行バスで16日朝大阪入りします。

 18日から開催の為、2日前からバックヤードで仕込みに入る予定です。
 
 制作物があるので、ばらして送っています。その組み立てや、作品の最終チェックなど朝イチで動ける夜行バスは便利ですね。
 
 もしかしたら現地で何か良い案が出るかもなので、余裕見て2日取っています。搬入自体は17日の21:00前後からの予定です。
 
 商業施設での搬入は、閉店後になるのが普通ですので、事前の段取りが重要です。
 
 イオンモール熊本のイベントアートスイッチの搬入が22:00からで、28:00前後までかかり、翌日9:30から最終チェックの様を思い出します。
 
 さすがに今回はそこまでありません、ないと思います…
 
 初大阪入りですが、搬入と設置で大半終わりそうですね。
 
 いよいよ、初めての場所での初めての企画が幕を開けます。
 
 皆様のお越しをお待ち致しております。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

まだスタートライン。

 店舗を開くことや、個展を開くこと、色んなことを行っています。

 今回のJR大阪三越伊勢丹での企画展にしろ、初めて開催です。
 
 今、自分たちはやっとスタートラインに立ったのかなと実感しています。絵画を描き始めて20年、アートイベントのオーガナイザーを初めて5年、モヒカンポシェットのMD的な動きを始めて3年。全ての動きがときには全く関係なく、今回のように複雑に絡み合うこともあり、それでもある方向に流れ始めています。
 
 ファッションにせよ、アートにせよ、熊本から全国に向けて発信するというスタンスが確立しつつあるということです。スタンスというか、仕事のシステムが確立しつつあるというか。
 
 本当に何も分からない所から始めて、突っ走りながら、ほとんど失敗にまみれながら動き続けています。
 
 幸いにして、命まで取られるような失敗はありませんので、何とか続けていられます。
 
 本当にいいものを生み出しているという自信と、このいいものをなるべく多くの方に知って頂きたいというのが本当の思いです。
 
 熊本からパーソナルメゾンが全国に向けて発信する、こんな夢がすでに走り始めています。
 
 まさに熊本生まれ、熊本育ち。
 
 自分たちの手で生み出す、新しいムーブメント、これが究極のわさもん(熊本弁で新しいものが好きな様)だと自負しています。
 
 店舗を開いたときにも、初めてアートイベントを開催したときにも、県外進出をしたときにもいつもやっとスタートラインに立ったという実感がありました。
 
 今回も同様、同じ気持ちです。
 
 いつもここから、新しく始まる物語があります。
 
 まだ何も書き込まれていないページが目の前にある。
 
 このページを開いた今が、一番楽しいときかも知れません。
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

いよいよ来週、はじめまして モヒカンポシェットです。展in JR大阪三越伊勢丹4F。

 ファッションとアートの企画展がいよいよ来週開幕します。

 9月18日~10月1日まで
 
 JR大阪三越伊勢丹4F、メッセージ・キャラクターのブースです。
 
 売り場の中で、アートの企画展としてファッションと同時展開します。
 
 アートスイッチとしても初めての展開ですので、現場合わせの部分もありますが、何とか形になればと思っています。
 
 プレゼンから始まり、準備期間4ヶ月、やっと開幕まで漕ぎ着けました。
 
 何でも初めての事は時間が掛かります、今回もそうでした。百貨店での展開経験はありますが、今回ほど細部を細かく丁寧に詰めた展開は初めてです。JR大阪三越伊勢丹の担当者の方が、最終的に熊本にみえられて打ち合わせするということもありました。
 
 いい企画にしようとすれば、当然時間が掛かります。
 
 作品を持って行って、並べて終了という訳にはいきません。この展示もいくつかの仕掛けがありますし、なにより作家3人をトータルイメージで表現するという難事業です。
 
 作家3人、それぞれの世界があるところをどうするか、というのも展示の見所のひとつです。
 
 あと一週間、それぞれのラストスパートです。
 
 ここから先は、この企画は企画者の手を離れて各々の作家の手に委ねられます。搬入や現場の立て込みなどは作家の現場力が試される場でもあります。
 
 最終的には、監修が入りますが基本的にはレイアウト等も全て決め込んでありますので微調整になるでしょう。
 
 企画展前の期待と不安が募る日々がやってきました。
 
 広報的にもう少し、強化していきます。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

【忘備録】都市計画夏季セミナー2013

 9月8、9日に都市計画夏季セミナー2013というセミナーがありました。主催、一般社団法人日本建築学会 九州支部 都市計画委員会。共催、熊本大学工学部まちなか工房、後援、熊本市。という、都市空間デザインを勉強している大学、院生に向けての夏季セミナーでした。「ありふれた奇跡をみんなで起こす 10の課題と10の提案」というお題です。

 このセミナーに、町のキーパーソンということで新町を案内するという役割で参加させて頂きました。
 
 他には並木坂、上通り、下通り、新市街、銀座通り、銀杏通り、古町、という区割りでそれぞれに案内を町のキーパーソンとして担当されました。
 
 初日は基調講演、各町の説明、その後学生の班分けがあり、2時間半で新町を周りました。
 
 この町周りが終われば、明日の朝3時間程度でプレゼン用の資料制作、午後はプレゼンで審査後、上位3班の表彰という流れです。
 
 さすがなのは、たった3時間でプレゼンすることができる処理能力の高さです。自分が学生だったら無理だったろうな…
 
 さてどういう課題にするか、悩み所ですがアーティストに出来るのは町の何かをアートの視線で見る提案しかありません。
 
 どういうことかと言うと、「問い」を発することです。町に入り込み、自分が気になることがあったらなぜそれが気になるのか掘り下げること。掘り下げたら、その問題がどうすれば浮き彫りになるか考えること。
 
 例として、コミュニティースペースがないと思った場合、安易にそのスペースを設けるという考え方ではなくて、コミュニティースペースの必要性を問うような提案をすること。
 
 町の問題の本質は何か、という「問い」を突き詰めること。です。
 
 だから、安易な制作物やイベントなどの提案はやめて、プレゼン自体を「問い」にすること。
 
 アートの本質というのは非常に優れた「問い」にあります。答えはそれを受けた人がそれぞれ出せばいい。
 
 その答えの中から、組み合わせで優れたデザインが生まれるのではないかと考えました。それが町のミクロな問題を数多く表面化させ、現実に即したデザインを生む新しいシステムになるのではないでしょうか。
 
 というわけで、都市空間デザインの学生に、1日アーティストをやって頂きました。
 
 それで、プレゼンになったのですが予想通り見事に多様性のある、良い意味でとっ散らかった提案がでてきて興味深かったです。
 
 普段、設計という「答え」を要求されているはずの学生達も、「問い」への考え方が分かると鋭い「問い」をいくつも考え出していました。アーティストもかくや、といったレベル。
 
 このような「問い」を幾つも町へ放ち、返ってきた答えに耳を傾けるのがこれからのまちづくりだと思います。
 
 答えを先に用意して、民意を型にはめていくようなこれまでのやり方では、今起こっている問題をすくいきれません。だからNPOが多くなってきているのですね。
 
 という訳で、学生達の為になったのかどうかは本人たちにしか分かりません。しかし、自分のためにはかなりなりました。考えたことがなかった視座が、幾つかあったからです。
 
 今後その視野は、新町で何かするときには役に立ちます。
 
 このような機会を頂き、ありがとうございました。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

【二回目】風立ちぬ

 風立ちぬ二回目鑑賞してきました。

 風は立っているか。
 
 ここに尽きました。
 
 堀越二郎の零戦を読み、戦前の歴史をリテラシーし直し、ジブリの仕事と日本の美術の関係性を洗い直し、色んな人の評を読み、できる限りの知識を導入して再戦の鑑賞でしたが。
 
 関係なかったです。
 
 この作品の前では、あらゆる批評が飲み込まれてしまう。
 
 受付けないのではなくて、どんなに予備知識を入れて行っても作品の前で無効化してしまう。
 この作品には、一人の作家の世界や人生に対する見識、感覚が、直截に表現されているからです。
 
 一人の人間を、評や言葉で著すには、映画評な付け焼刃の知識では無理です。相手は宮崎駿監督となれば、なおさらです。
 
 風立ちぬ評を下手にすると、生きてきた人生の深浅が浮き彫りになって大変なことになります。今回、信頼していた評論家の方々の何人かの評がかなり?なことになっていて、恐ろしいリトマス試験紙になっています。
 
 だから、風が立っているか、そこだけ感じ取れればいいのではないか。
 
 この映画の評を真っ二つにしているポイントはここが分かるかどうかだと思います。
 
 風が立ってしまった人間は、矛盾を孕みながらも夢に向かって生きる「しかない」
 
 業の話。
 
 それをエンターテインメントとして成立させている。
 
 あるラインを越えて、超特異点になってしまった。
 
 だから、風は立っているか?
 
 このメッセージだけ素直に受け止めます。
 
 立っているからね。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

座右の銘、徒手空拳。

 どこにも属さないということ。

 ツテ、カネ、コネ、何ひとつない場所から始めたこと。
 
 媚びず、引かず、顧みず、というショッカーと同様の方向性。
 
 ショッカーの戦闘員はさ、絶対ライダーに敵わないのが分かっているのに先鋒で必ず出てくるから凄い。
 
 徒手空拳で何が出来るか。
 
 一人の美術家としては、そう覚悟しています。
 
  結局今も、状況はそう変わりませんが、色んな経験を積んできてこれから何かやれそうな気がしています。
 
 40歳を真のスタートラインとします。
 
 ガチでいい仕事ができるようになるのは、それ位からでしょう、自分には。不器用で才能もないので一歩づつ行くしかない。
 
 毎年自分の周囲の状況が、凄い勢いで変わっています。
 
 ときには絵を描く時間が全然取れなくて、困る時期もありますが、もう焦らない。
 
 腹をようやく括れた感じ。
 
 もう何度括ったか分かりませんが。
 
 よし、もう一回風立ちぬを見に行くか。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

【忘備録】ファッション関連、熊本イノベーションプロジェクト。

 熊本は農産物では全国有数の産出量です。

 そういう農産物の中で、衣服に転用できる作物があると思います。繊維や染料、その他諸々に。例えば竹は布になります。
 
 知らないだけで、そのような技術は沢山あるのだと思いますが、先ずはその研究から始めます。素材開発です。大学の研究機関が得意でしょう。
 
 この計画は、新素材開発でスマッシュヒットとか、そういうことを狙うものではありません。熊本=ファッションのイメージを根本から作りかえるものです。
 
 現在の熊本ファッションのイメージは、セレクトが高感度=わさもんのイメージです。この路線は保てるならば保つべきですが、日本がこれだけ情報に溢れた状況だと、以前のように未知のブランドのセレクトをいち早く紹介することで保てるイニシアチブはないでしょう。
 
 そこでこの提案が効いてくるかも知れません。
 
 開発し、生産した(少量でも)素材をアーカイブするのはもちろんですが、ここからが本番です。この素材と共に、店舗を格安で貸し出す用意をします。それはどこか?
 
 熊本市アーケード街の、2F以上のテナントです。
 
 ここを店舗兼アトリエ、そして住居できる状態にリノベーションします。熊本の「新しい町屋」の出現です。
 
 新しい素材と、新しい町屋に入って頂くのは、この両面の持ち味を最大限生かす為にクリエーターを全国公募します。
 
 素材は他には、害獣として捕獲される猪の皮など、種類が増えるだけクリエーターの選択支も増えるので大いに開発すべきです。
 
 この町屋でのトライには、売り上げノルマが課されます。シビアですが、営業努力をしないクリエーターはそれだけでは結局生き延びてはいけません。ここのノルマは大雑把にいって、年間の売り上げが100万以上とかで。
 
 当然毎月報告なので、上がらない場合は営業コンサルティングが入ることも必要です。
 
 契約は1年区切りで、ノルマ達成出来ない場合は再び公募します。
 
 家賃に関しては、ノルマ達成クリエーターの100万から上積み部分の何割か、という形とかで、その辺はもっと詰める必要がありますが。
 
 販売物は30%までは仕入れ商品で可、位で70%は手仕事という決まりで。
 
 農産物の6次産業と、市街の空きテナントをダイレクトに繋ぎ、さらにはクリエーターによる新しいファッションの創出という大胆な提案です。
 
 新しい町屋をどう根付かせるか、という長期的展望をマインドセットする必要はありますが、この企画は熊本としての売りがあり過ぎてなかなか面白いと思いますよ。
 
 この町屋で生み出された作品を売る、アンテナショップをどこかに開くのも面白いですね。ここで成功したクリエーターのショップを産文会館に集結すれば、恐ろしくクオリティーが高いファッションビルになるでしょう。
 
 こうやって、クリエーターを街の経済の中で育てるシステムが生まれたとき、熊本のイノベーションが完成します。
 
 ざっと青写真を書いてみましたが、実現可能に見えます。
 
 この場合も、様々なジャンルを横断してキュレーションする人が必要になってくるでしょう。
 
 代表的なクリエーターが生まれ始めれば、自然に世界中から人材は集まってきます。バイヤーも、お客さんも。
 
 時間は掛かりますけれどもね。
 
 真のファッションシーンが熊本に生まれるわけです。
 
 そんなに、何億円もかからないと思います。
 
 小さいですけど、こういう提案がイノベーションに繋がると思います。
 この企画、YCAMのメディアアート公募のとき、メディアアートとどうキュレーションするかで結局タイムアップで締め切り逃したものです。継続可能な地域社会との関わりというテーマから引き出しました。山口県の現状から組み立てたものを、熊本に転用しました。相変わらずメディアアートとはブリッジできず…
 
 誰か実現して下さい、お願いします。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

雲のメリーゴーランド、鋭意制作中です。そして今週末のセミナー。

 JR大阪三越伊勢丹で使用する、雲のメリーゴーランドが姿を現し始めています。

 使用目的は、洋服を掛けるハンガーフックなのです。
 
 ただ作るのであれば、そこまで苦労することもないのかも知れませんが、今回は組み立て式、コンパクト化、軽量、丈夫という機能も組み込まれました。
 
 その他の制作物も続々と仕上がりつつあります。
 
 お客様に喜んで頂ければいいなと思っています。
 
 さて、今週末に建築系の大学生に向けたセミナーに参加します。町で色々やっているという立場で、大学生に向けて町案内後に、まちづくりに関した提案を大学生にして頂くという熊大の企画です。
 
 町や街のまちづくりのプレイヤーとして、キーパーソンとして選んで頂きました。大学生と一緒に何ができるのか、考えてみたいと思います。
 
 と言うか、もう今週末か!早い!
 
 モヒカンポシェットのブック制作やその他諸々、さらにその他諸々が落ち着くのは今月末くらいでしょうか。
 
 今は、今週末のセミナーの企画立てに集中します。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

熊本のファッション王国復活の鍵。

 これだけ郊外の巨大商業施設が増え続けると、郊外型ロードサイド文化がすでに成立してしまっていると思います。

 それが何を生むのかというと、均一性と想像力の剥奪だと、個人的には思っています。
 
 例えば熊本の郊外のベットタウンに住み、仕事は近くの工業団地、休日はショッピングモールで過ごすというライフスタイルから、ファッションに限らず創造的な何かが生まれやすい土壌とは思えません。
 
 便利に与えられるものに充足してしまうと、それ以外の価値感を求めることが難しい。
 
 効率を追い求める、その時代は終わりました。
 
 年代的に、熊本がファッションで全国をリードした時期を知りません。
 
 その時のリードは、海外の未知のブランドをいち早くキャッチしたブームだと思います。この情報社会では今後そのやり方では二度と熊本がイニシアチブを握ることはないでしょう。
 
 ファッションやアートを手がけている実感から言うと、売れてるファストファッションやリアルクローズのことはとりあえず置いといていいと思います。あれはファッションの感度とかで売れているのではなくて、生産と物流のイノベーションで利益を生んでいるだけなので、(デザインはその年のコレクションのダウンロード)アートでいうポップアートのファッション版です。単純にいえば、生産拠点を途上国にし、為替の差額で稼いでいる(アメリカのポップはそこまでえげつなくなかった)。付け加えると、土地の転がしも入ってくるのでうんざりしますが。
 
 そのグローバル企業に地域の命運を託すイノベーターがいるはずないので(いないよね?)、イノベーションは地域が持つ、独自のポテンシャルを使うべきです。
 
 と言っても、日本のファッション売り上げ企業トップ10のほとんどがファストファッションの企業ですから、難しいのも分かります。
 
 ここからが本題。
 
 熊本のポテンシャルは何か?
 
 中心市街地です。アーケード街ですよ。
 
 アーケード街のどこか?
 
 ビルの2階より上の空きテナントです。
 
 今、このポテンシャル以上の素材は熊本のファッション関係にはありません。
 
 これは、今すぐ儲かるとか、スマッシュヒット商品開発とか、そういう話ではありません。
 
 新しい熊本のファッションシーンを、いちから創造するという話です。なので、実行に移して効果が出始めるのには最低でも5年は掛かります。
 
 具体的な構想みたいなものはありますが、今回はこの辺で。
 
 今流行っていることの、真逆の考え方に答えはあります。
 
 興味がある方たちと、一緒に考えてみるのもいいかも知れません。
 
 イノベーションは痛みを伴いますし、色々大変ですけどね。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »