« 【開幕】はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | コンテキストではないアートの話。 »

2013年9月22日 (日)

大阪歩き。

 9月18日、JR大阪三越伊勢丹での「はじめまして モヒカンポシェットです」展初日の日、会場を作家におまかせして初大阪歩きをしました。

 前日に、輪音プロジェクトの田中代表に、なんばから心斎橋まで夜の観光案内をして頂き、なんばのディープコアな部分を見ておぉ~となったのでした。
 
 なので、夜の大阪のコアな部分を垣間見た気分になったので、もっと大阪を知りたいと思い出かけたのは新世界。
 
 通天閣。
 
 もちろん、早速登ってきました。
 
 エッフェル塔にも、東京タワーにも、スカイツリーにも登らなかったのですが、なぜか登ってしまった通天閣。
 
 理由はキン肉マン展が開催されていたからという、アラフォーのおっさんにアピールする企画が大半を占めます。
 
 もちろんビリケンさんも見たい。
 
 で、実際のビリケンさんですが、写真を撮る為の順番待ちはOKなのですが、若い女性スタッフに写真を撮って頂くたびに「ビ~リケ~ン」という掛け声の洗礼に耐えられるはずもなく脇からちら見で満足しました。足の裏触れず残念。
 
 キン肉マン展は、等身大のフィギュアが見れて満足。実物大のバッファローマンのロングホーンはちょっとうけた。
 
 もちろん串かつも。ここでビールを飲んで調子に乗り始めます。
 
 次、どこに行こうかと考えたとき(行き当たりばったり)、ふと浮かんだのが西成でした。熊本に存在しない空間に興味があり、暴動が起きる空間てどんなだと思い行くことに決めました。
 
 地図も案内もなく、手ぶらなので地下鉄の駅で西成区に行くルートを確認、あいりん地区の場所も分からないので西成警察所の文字を、地下鉄の駅で探します。
 
 それで、花園という駅でその文字を視認!急いで地下鉄を降ります。だいたいどこに行ってもこんな感じで移動します。
 
 駅降りて、線路の方へ歩きます。ガイドなくても、線路沿いやガード下、河川沿いなどある種の別な空気感があるのは日本全国同じだと思います。
 
 やはり、そうでした。
 
 着いたのは15:00時位でしたが、路上にはおっちゃんたちが溢れて酒盛りです。一泊800~1200円の文字が町に溢れ、激安の惣菜屋があり、売り物だかなんだかわからないもの売りがいます。
 
 自分もアラフォーのおっさんですが、町には40代すらいなくて高齢化が進んでいるのが見てわかります。
 
 あれだけある特定の世代と男率が高いと、ロスジェネの派遣労働率をふと思い出します。
 
 この町がどうなっていくのかは分かりませんが、ある種の楽園感も感じました。行き場がここにあってよかったねという。
 
 ネットカフェ難民にはない、町のゆとりというか。今の若者が追い詰められていく場所はこの町ではないんだな。
 
 町に逃げ込む場所があるというのは、とても重要なことです。
 
 色んなことを考えますが、次に大阪城に向かいます。
 
 ここも場所が分からないので、地下鉄の駅名で向かいます。近くになってくると、近隣アジア諸国からの旅行者が増えてくるので、その人たちが降りる駅でおります。
 
 こんな感じで移動するのも、旅行の醍醐味。
 
 17:30位に大阪城着。
 
 城を見ながら缶ビールを飲みます、最高の贅沢ではないでしょうか。さっき西成で路上で飲んでたのに影響受けてるのと、日中は真夏並みの暑さだったからです。
 
 次にはなんばに移動して、昨日教えてもらったラーメン「金龍」にて実食。唐辛子とニラのトッピング(無料)を入れました。旨かったです。
 
 そんなこんなで、大阪歩き終了。
 
 アートとはかけ離れた町歩きでしたが、発見は随所にあって、とても面白かったです。
 
 空堀商店街とか行きそびれたので次回は是非。
 
 サリュ
September 18 , the day of the JR Osaka Mitsukoshi Isetan first day of Exhibition " is a Mohawk pochette Nice to meet you " , was the first Osaka walk to entrust to the writer venue .
The day before , Tanaka representative of wheel sound project, We have a tourist guide from night to Shinsaibashi Namba , it was became a ~ Oh to see the deep core part of Namba .
So, I went out of hope to have mood you a glimpse of the core parts of Osaka at night , and want to know more Osaka The New World .
Tsutenkaku .
Of course , we have to climb immediately .
Also to the Eiffel Tower , I did not climb to the Tokyo Tower , and also Sky Tree , but Tsutenkaku you've climbed some reason .
Kinnikuman exhibition that because had been held reason , planning to appeal to the old man of Arafo will account for the majority .
I also want to see Billiken 's course .
Which is exactly Billiken 's practice, waiting to take the pictures is the OK, but no should be able to withstand the baptism of the slogan "fine - Rike - emissions" every time I am taking pictures in young female staff I was satisfied with the flickering seen from the side . Sorry not touch the soles of the feet .
Kinnikuman Exhibition , satisfaction is to see the life-size figures . Long Horn of Buffalo Man full-scale was given a little.
Also skewers of course . It will start is elated to drink beer here .
It was NISHINARI ( willy-nilly ) , it 's came suddenly when he thought next , where to of going . I decided that there is interest in a space that does not exist in Kumamoto , go I think that it is what Te space riot occurs .
Look at the subway station , the character of Nishinari police station to check the route to go to Nishinari district in the subway station map also without assistance , so empty-handed , you do not know the place of Irene district .
So, viewing the character at the station called Garden ! Get off the subway in a hurry . Go for such a feeling wherever you go roughly .
They got out of station and walk towards the line . I think even without guide , there is a different feeling of air of certain guard under and along a railroad line , such as along rivers that's the same all over Japan .
Again , it was so .
I arrived it was 15:00 in , but it is carousing uncle who is full of the street . Character of 800-1200 yen per night is full of town , there is Prepared Meals of deep-discount , you have sell what you do not know somehow I 'm for sale .
My old man is also of Arafo , but you can see by looking aging 's progressing without not even 40s in town .
Man ratio is high and the generation of certain only that , I suddenly remember the dispatch labor rate of Rosujene .
I do not know how this town is either going to become , but I felt a sense of paradise certain . And that it was good that there is nowhere to go here .
Not in the net cafe refugees , or that clear of the town . Where the young people of today goes at bay from a very do not this town .
Of that there is a place to escape into town , it is very important .
Consider the various things , but it goes to Osaka Castle then .
Here also do not know the place , I will head in the subway station name . If you become close , travelers from neighboring Asian countries , so come more and get off at the station where the people get off .
And to move for such a feeling also , best part of the trip .
Osaka Castle onto the 17:30 position.
I drink a can of beer while watching the castle , would not a luxury of the best . And and are receiving effect even after drinking on the street in Nishinari earlier , during the day because it was the heat of the summer average .
Go to Namba , the actual eating ramen you taught me yesterday in the " Kinryu " in the next . I put a free topping of leek and pepper . It was delicious .
All told , Osaka walk end .
It was a town walk that far from the art , but there everywhere , found was very interesting .
Come the next time because I forgot to go such as Karahori mall .
Salut
 
 

|

« 【開幕】はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | コンテキストではないアートの話。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪歩き。:

« 【開幕】はじめまして モヒカンポシェットです。展 in JR大阪三越伊勢丹。 | トップページ | コンテキストではないアートの話。 »