« 座右の銘、徒手空拳。 | トップページ | 【忘備録】都市計画夏季セミナー2013 »

2013年9月 6日 (金)

【二回目】風立ちぬ

 風立ちぬ二回目鑑賞してきました。

 風は立っているか。
 
 ここに尽きました。
 
 堀越二郎の零戦を読み、戦前の歴史をリテラシーし直し、ジブリの仕事と日本の美術の関係性を洗い直し、色んな人の評を読み、できる限りの知識を導入して再戦の鑑賞でしたが。
 
 関係なかったです。
 
 この作品の前では、あらゆる批評が飲み込まれてしまう。
 
 受付けないのではなくて、どんなに予備知識を入れて行っても作品の前で無効化してしまう。
 この作品には、一人の作家の世界や人生に対する見識、感覚が、直截に表現されているからです。
 
 一人の人間を、評や言葉で著すには、映画評な付け焼刃の知識では無理です。相手は宮崎駿監督となれば、なおさらです。
 
 風立ちぬ評を下手にすると、生きてきた人生の深浅が浮き彫りになって大変なことになります。今回、信頼していた評論家の方々の何人かの評がかなり?なことになっていて、恐ろしいリトマス試験紙になっています。
 
 だから、風が立っているか、そこだけ感じ取れればいいのではないか。
 
 この映画の評を真っ二つにしているポイントはここが分かるかどうかだと思います。
 
 風が立ってしまった人間は、矛盾を孕みながらも夢に向かって生きる「しかない」
 
 業の話。
 
 それをエンターテインメントとして成立させている。
 
 あるラインを越えて、超特異点になってしまった。
 
 だから、風は立っているか?
 
 このメッセージだけ素直に受け止めます。
 
 立っているからね。
 
 サリュ

|

« 座右の銘、徒手空拳。 | トップページ | 【忘備録】都市計画夏季セミナー2013 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【二回目】風立ちぬ:

« 座右の銘、徒手空拳。 | トップページ | 【忘備録】都市計画夏季セミナー2013 »